2の4冊目「じごくのそうべえ」

 2017-01-13
soubee.png
たじまゆきひこ 作 桂米朝・上方落語・地獄八景より

【朗読】
松原政代 木村恭子


かるわざ師のそうべえ
山伏のふっかい
医者のちくあん
歯ぬき師のしかい

この4人が地獄をめぐる珍道中。
はてさて どうなりますことやら・・・。

落語の様で落語でない。
芝居の様で芝居でない。

どうぞ笑ってやってくださ〜い(*´∀`*)
(文責:松原政代)

三途の川に賽の河原・・・
えんま大王と鬼、
あの手この手で鬼たちを困らせる亡者が出て参ります。

落語を元にした楽しい絵本を、
ちょっとアレンジしてみました。

口と顔の体操、頑張りました〜❣️
(文責:木村恭子)

IMG_6865.jpg
落語といえば、前回も「松山鏡」という演目を、一人一役ずつ振り分けてやってみましたけども、今回は松原さんと木村さんのお二人。
一人何役もこなしますので、どちらかといえば従来の落語寄りになるのかな?
どのような掛け合いが見られるのでしょうか。

加えて、今回、音響を担当してくださる大森和歌子さんが、劇中、面白い効果音を、様々なアイテムを駆使して、生で付けていってくださいます。

絵本の実際のイラストも使いつつお送りする「じごくのそうべえ」
昨年とはまた、一味もふた味も違う仕上がりにご期待あれ!


シアター生駒朗読会「朗読とか演ってみました2」
2017年1月22日(日) ①11時〜 ②14時〜
南コミュニティセンターせせらぎ 小ホール
入場料500円(当日)
(前売券の販売はございません)



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/631-791ac19c

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック