シアター生駒は奈良演劇祭で何が上演できるのか

 2016-02-28
奈良演劇祭について検証してみるシリーズ、今回で一応一区切りである。

実は、27日のシアターのミーティングで、改めて、参加の検討をしたのだが・・・

結局、「現時点では、やはり難しい」という結論に至った。

一昨日昨日の記事でも書いた通り、シアター生駒の実情に照らし合わせると、どうしても厳しいのである。


だが、奈良で活動している劇団である以上、こういった企画には協力したいし、できるならば参加もしたい。
来年以降に向けた検討として、ここでは、どういう演目が相応しいかを考えてみたい。



3年前、初めて出演のお話を頂いた時、本公演の様な舞台装置も組まず、しかも短い尺で、シアター生駒らしい芝居ができるかどうかというのが、正直引っかかっていた。

本公演の芝居とあまりにイメージがかけ離れてしまうのではないかと・・・

奈良演劇祭は、各劇団の見本市みたいなものなので、「いつも、こんな感じのをやってますよ」というのを出さないと意味が無いのでは?と思ったのだ。

しかし、近年では、本公演と並行して、研究公演カフェ公演朗読会と、小さい規模ながらも公演を成立させる流れが出来てきた。
劇団員の魅力を前面に出す形でも良いのでは?と考えが変わってきたのである。

参加するにあたり、

・上演時間は、本公演より短く
・舞台装置は、シンプルに
・本公演の準備が並行するので、全員は参加しない

・・・という点を踏まえての選定になるが


シアター生駒の過去の公演には、でまえ公演やオムニバス公演用に用意した短編作品がいくつかある。
それらは、一度仕上げてあるものなので、配役や演出で多少の変更をしても、短期間の稽古で仕上げられそうだ。

だが、過去の公演をご覧になったお客様に、同じ演目でチケットを売るのは気が引けてしまう。


例えばだが、

本公演が「と~んとむかし」の様な短編オムニバスの構成ならば、1本だけ先行上演するという手がある。
稽古がタイトになるのを考慮すれば、本公演と全く違う中身をやるより、関連したものをやる方が良い。

「残り含めた完全版は、本公演で!」という持って行き方だ。

だが、これも、シアターのいつものお客様からすれば「じゃあ本公演で観ます」という事になりかねない。


やはり、ベストなのは、全くの新作をやるって事なんだろう。


完全な新作でなくても、やりようによっては新鮮な見栄えのものになるかもしれないし、
チケットも「演劇祭の半券を持って行けば、シアターの本公演を値引きします」みたいな設定にすれば、
ある程度売りやすくもなるかもしれない。

他にも色々と考えてみたが、何にせよ、熟慮が必要である。


先にも書いたが、シアターはスケジュールの調整の都合上、担当する演出家、公演日、演目はかなりギリギリにならないと決められない。
演劇祭に参加する前提で、予め計画を立てるのは難しいところではあるのだが、今後、奈良県内で活動する劇団がより交流を深め、より多くの劇団が参加できる演劇祭へと発展するのを願うばかりである。






スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/590-f91ecfab

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック