1冊目「パパのカノジョは」

 2016-02-14
作:ジャニス・レヴイ  絵:クリス・モンロー  訳:もん
朗読:木村恭子

パパのカノジョは

さあ、本日からカウントダウン

「朗読とか演ってみました。」で上演する作品を1作ずつ紹介していくことにしましょう。

1本目は「パパのカノジョは」
(DMも含め、「パパのかのじょは」と表記してしまっていましたが、「カノジョ」が正しいです)

この作品を読む木村さんにコメントをいただいてます。

パパと二人暮らしの女の子のお話です。
「あったかいんだから~♪アジャパー!」


そもそも、パパのカノジョって時点でねぇ・・・
そういう話なんですよ
こういうのは、海外の作品ならではですかねぇ~

女の子の視点で語られるその話に、木村さんも女の子になりきって挑んでますが、
絵本とはいえ、大人に訴えかけるものも意外に多かったりして

でも、安心してください。あったかいですよw


IMG_1489.jpg
さて、この作品に彩りを添えてくれるのが、
ピアノ演奏の、劇団からっぽ・清水香織さん♪

「研究公演」「カフェ公演」と、この時期の公演には、欠かせない方になってしまいましたw
6作品中、4作品は、彼女の生演奏が入りますので、こちらもどうぞ聞き入ってください。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/582-8581b363

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック