奈良の演劇の源流を辿ってみる

 2015-10-12
新劇とは、ヨーロッパ流の近代的な演劇を目指す日本の演劇を指す。
旧劇(歌舞伎を指す)、新派(書生芝居の流れ)に対する言葉。当初翻訳劇を中心に始まり、歌舞伎や新派の商業主義を批判し、芸術志向的な演劇を目指した。

新劇の起こりは明治時代末期、文芸協会や自由劇場の活動に求められ、新劇運動が確立したのは、関東大震災後に作られた劇団築地小劇場の活動による。
築地小劇場に続く劇団として文学座(1937年)や俳優座(1944年)があり、第二次大戦後には劇団民藝(1950年)が創設。大阪でも、劇団新派(1888年)や関西芸術座(1957年)など劇団の創設が相次いだ。その他、劇団青年座、演劇集団円、劇団四季などが主な新劇団体として知られる。
1970年前後の「アングラ演劇」ブーム、1980年前後の「小劇場」ブーム等を経た後は、「新劇」という呼び名は相対的に古典的な演劇活動を著す表現となっている。

以上、wikipedia参照


なぜ、こんなのを載せたのかというと、

10日(土)にシアターの次回公演について、ミーティングがありまして、久々に菊川先生とご一緒しました。
で、例によって、風花に寄って、一杯やったんですが・・・w

先生、今、「戦後の近畿における新劇の歴史をまとめる」仕事をされていて、大阪、京都のあたりは大体、記録が残っているらしいのですが、奈良に関してはさっぱり分からないそうで、困ってらっしゃるそうです。

う~ん、たしかに、奈良の芝居の発祥ってなんなのかしら・・・
てか、劇団大阪みたいに、「新劇」って、ジャンルに入れられるとこって、どこなんだろうっていう・・・

そこで、私なりに調査・・・というか、検索をいたしまして、ネット上で判明する限りはまとめてみることにしました。
新劇云々はさておいて、とりあえず、奈良の劇団を分かるだけ。
奈良演劇祭の第1回が2009年なのですが、それ以前に旗揚げし、現在も活動中の(と思われる)劇団を中心に列挙していきたいと思います。
(如何せん、サクッと検索をかけただけなので、旗揚げ年代がちがってるとこがあるかもしれませんが、その場合は、ご指摘ください。旗揚げ時期が分からなかったとこは載せてません。)


奈良県内の劇団の歴史(2009年以前) 

2008年
劇団からっぽ

2007年
小町座

2006年
生駒シニア劇団 らくらく演劇塾
劇団はにいち

2003年
劇団Superstitious

2001年
熱血エンターテイメントウルトラエンジン(現:同改

2000年
奈良ろう者劇団 大仏も笑う会
奈良女子大学 劇団いちご大福

1999年
劇団EVENT-STATION.
演劇空間エヌケーボム(現:劇空間NKボム

1998年 
大和高田市 劇団さざんか
斑鳩町 劇団いかるが
あすか劇団「時空」
生駒市民劇団 シアター生駒

1997年
葛城市 劇団 風塾
葛城市 劇団くすのき

1995年
奈良市音声館 劇団「良弁杉」

1994年
奈良教育大学 劇団キラキラ座

1993年
夢歩行虚構団
上牧町 劇団ペガサス

1992年
帝塚山大学 劇団求Q舎(現:劇団プラス

1987年
三郷町 劇団さんごう


・・・う~ん、だめだ

これより前が、どうしても遡れない
ネット上に情報があるってのは、やっぱり最近のやつに限られるんですかね

さすがに、誰もやってなかったって事は、無いとは思うんですけども
けど、やってたらやってたで、どこでやってたんだって話で、上演できる劇場があったのかっていう問題がね

シアター生駒は、どちらかといえば、大阪からの流れを汲んでますし・・・
場所が整ってなかった奈良の芝居は、まだ歴史が浅いってことなのかな・・・?
(てか、シアターができた98年って、やたら各地で市民劇団が旗揚げしてるんですが、なんかあったんですかね??)

結局分からぬことばかり

80年代、70年代、60年代・・・
奈良に、こんな劇団があったよとご存知の方いらっしゃったら、ご一報ください。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/568-6a4fe3d8

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/14 14:52】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック