ちっとも「らくらく」じゃねえ!w

 2014-12-19
以前、3月のスケジュールが大変という話をしましたが、ひとつはこの前触れました「劇団からっぽ&シアター生駒feat.キラキラ座」(仮称)
こやつが、3月下旬に上演予定です。

そして、もうひとつ・・・
3月14日(土)に生駒シニア劇団 らくらく演劇塾の公演がございます。

らくらくの本公演もこれで10回目!
記念すべき10周年公演ということで、熊本先生も杉本さんも気合いが入ってるんですねぇ

で、今回は2本立て!
そのうちの一本は、4年前に上演され、私も出演した「昏れてなお銀杏黄葉の・・・・・・ ~フク婆さんの娘探し話~」の再演です!!

ところがですねぇ、これをまともにやってしまうと、もう一本と合わせて3時間を越えてしまうんです。

それは、さすがに長すぎるというわけで、10月の初旬、台本の短縮が依頼されました。

誰にって・・・?

あたしにだよw

シアター15周年といい、やはりアニバーサリーなタイミングは、私にお鉢が回ってくるんですね。

まぁ、熊本先生、直々のご指名とあっちゃ断れません。
「銀杏黄葉」は、出てたこともあって、話の全容は把握していましたし、いざ取り掛かると、結構サクサク進みまして、10月の半ばには、「短縮版」が完成しました。
元々が100ページだったところを、63ページまで減らしています。

ですが、この短縮版は「第1稿」に過ぎないのでありますw

短縮するために、脇の人物達の描写を大分カットしたのですが、熊本演出的に重要視というか、本筋に絡ませたいキャラもいたようで、そこを立たせるために、「こういう展開はどうだ?」と、新たな提案がなされました。

しかし、そこまでやってしまいますと、もうこれは、短縮ではなく改変になってしまいます。
「原作者的にそれはOKなのか?」という疑問が沸きましたが、熊本氏曰く「作者には許可とった」とw
一応、上演用台本が完成したら、作者には送るそうです。
ひゃあ~~~~wwww

で、とりあえず第2稿を仕上げて、熊本先生にお渡ししたのが、高山右近の仕込みの日、
それを踏まえて、再度の打ち合わせをしたのが、シアターの演劇ワークショップの日

この時に、参考になる本を先生から何冊かお借りしまして、それを元に更にイジった第3稿を送ったのが先週。

どうやら、この第3稿で稽古は本格スタートするようですが、大方の予想通り、直しはまだまだ入ります。

更に、原作からかけ離れていくのか・・・w
内容減らしてるのに、新要素入れてるんだから当然なんですけどね。

早く、完成させないと、台詞を覚える方が大変なんですが・・・なんとか、良いものにしたいですしねえ

「長いなぁ」と言われると、「あなたがやらせたんでしょうが」と言い返したいのを我慢しつつw、近いうちに台本打ち合わせやってきます!!


らくらくアレンジ版「銀杏黄葉」、完成をお楽しみに~~~!!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/519-e34b8900

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック