劇団からっぽ&シアター生駒feat.キラキラ座!

 2014-12-11
突然ですが、ご紹介しましょう。

来年上演を予定している新ユニットです。

「劇団からっぽ&シアター生駒feat.キラキラ座」(仮)

もうすぐ公開の某MOVIE大戦の様なネーミングですが、3つの芝居が上演されて、最後、それが一つに交錯するなんて・・・凝った仕様じゃござんせん。
単なる、寄せ集めですw

当初は、最近増えましたシアター生駒のニューフェイスを前面に出して・・・という企画だったのですが、ワケあって二転三転いたしまして、いろんな劇団からの混成部隊となりました。

で、ぶっちゃけますと、シアター以外の2劇団は、完全に小柳繋がりで、どっちも私の大学の後輩に当たります。

要するに、小柳プロジェクトですね。

とは言え、私、人見知りですから、前面には出たくない訳で、どうせ今回限りの企画でもありますし、どこの人間が関わってるかハッキリ分かるように、そのまんま繋げてみたんですが、どうなんでしょうねぇ??

ちなみに、劇団キラキラ座は奈良教育大学の演劇部で、今年に入ってからも、このブログで何度か取り上げてますから、もう特に何も言いますまい。

一方の「劇団からっぽ」ですが、こっちはまだ触れたことが無かったと思いますので、簡単にご紹介を・・・

これは、作家・西山明季乃と音楽・清水香織の2名による劇団で、2人とも、私の2つ下の後輩です。
カオリンは、「ヘンゼルとグレーテル」への楽曲提供や、研究公演でのピアノ演奏で、既にシアター生駒とも縁がありますね。

で、この劇団、2008年に、今は無き大阪市の某パブリックシアターで旗揚げ公演をしまして、その翌年からの奈良演劇祭にも参加。演劇祭の第二回では、最優秀賞にも輝くという、実力ある劇団なのですよ。

なのに、ここ3年ばかり、からっぽは新作の上演がありません。

西山がホンを書かないもんですからねぇ・・・
公演記録がからっぽじゃ世話ねえわ、ってことで、
私、自分のことを棚に上げて、「お前、ちょっと書いてみたら??」とテーマを与えてみたわけです。

そしたらですねぇ・・・

おっと、こっから先は長くなりそうですから、又後日。

いったい、この新ユニットでどんな作品を上演し、誰が出演するのか??
そもそも、上演日時は???

どうぞ、ご期待ください!!


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/515-978ba02f

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック