FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

第2回本公演「頭痛肩こり樋口一葉」

 2009-11-10
1999年11月27日(土)上演
会場 生駒市中央公民館 サンホール

作 井上ひさし
演出 熊本 一

【あらすじ】
明治23年。
父を失い没落の一途をたどる樋口家。
残っているのは、外面が良く、他人には気前のいい母多喜。
19歳で相続戸主となってしまった夏子。
器量よしでお針仕事も上手な妹邦子の3人となっていた。
img1301.jpg
夏子は和歌の才能を認められ「萩の舎」の内弟子となっている。
常に死への誘惑に駆られながらも、心密かにうんと売れて、お金が稼げる小説家を目指している。
優しく、姉思いの邦子は、夏子の夢を知り応援してくれるが、多喜には、旧時代への思慕からなのか、理解してもらえず、樋口家の存続を背負った夏子は、肩こり、頭痛の毎日である。
img1302.jpg
そんな樋口家を毎年盆の16日に訪れる女達がいる・・・



【解説】
img130.jpg
生駒市民文化祭「演劇鑑賞会」初参加作品

世の中に複雑に張り巡らされた因縁の糸の網
その網に小説で戦いを挑む夏子(一葉)の姿を中心に、6人の女たちの人生が繰り広げられる
毎年、盆の16日を舞台にとり、井上ひさしが、卓抜な筆致で描く傑作コメディー


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/5-662df410

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。