【観て観て観てね!!】「まほろば」千秋楽

 2014-09-14
ちがえて
かのセリフ言うとか
くなもんじゃねぇ
~か!


「まほろば」であいうえお作文つくったら、それこそ「ろくでもないモノ」になってしまいましたw


さて、初日が終わりまして「まほろば」遂に千秋楽
これを逃したら、もう、おしまいですよ!
初日ご覧になった皆様も、キャストパターンを替えて、是非もう一度観てみて下さい
芝居は日に日に変わるナマモノですから


では、最後の宣伝に、14日のみどころをば!!


高升さんのミドリは、
初登場時に驚くべき事をして、マオを震え上がらせます
お客さんも騒然!


松原さんのヒロコさんは、
あることをやって、ミドリに「やめて、それ」と言われます
目を背けたくなる、「それ」とは!?


マオのえりんちゃんは、
Berry Style Office official Blogで紹介されました
遊びに割きたい時間を稽古に参加し、今では芝居を楽しんでくれている・・・!
おじさん、嬉しくなっちゃって、終演後、ロビーにてサイン会を検討しております


中西さんのキョウコは、
終盤に、ある扮装をしますが、当人が是非写メに撮ってもらいたいと申しておりますので、終演後ロビーにて撮影会を実施しようとしています。
ただし、間違っても上演中は撮影しちゃいけません。


ユリエちゃんのユリアのポイントは、
最後の場面の「声」です
さぁ、男性諸君!
君も一緒に御輿を担ごう!!


マエチヨのキョウコはバナナを使って何かやります
皮で滑って転ぶなんて、古典的な事はやりません
何かやります


タケオのユリアのポイントは、声もですが、「足」です
昨年「美魔女エクササイズ」で、この一年鍛え続けました
(ちなみに昨年の子役たちが何名か観に来てくれましたが、ちゃんと楽しんでくれたようです。危惧しすぎだったかな?)


そして、岡さんのタマエさんが食べる「とあるお菓子」
魔法の粉の力で、辛さが初日の十倍です!
その後、セリフは喋れるのか!?



以上、非常に雑ではありますが、私なりに期待値をマックスに底上げしてみました
さぁ、みんな、おいで!今回は、ホントに凄いぜ!!

何せ「まほろば」はコメディー!!
面白くない筈がない!!



そして、面白さというのは、お客様が増える分、その声によって倍加するものです。
(これまた雑な例えですが、バラエティ番組で笑い声を上乗せしてたりするでしょ?)


皆様、「まほろば」に沢山のお友達を連れて来てください
そして、いっぱい笑って、一緒にキュンとしてください
舞台の空気とお客様の空気がひとつになって、シアター生駒のまほろばは生まれます


一人でも多くの方に、この作品を観ていただけますように・・・!

mahoro final
御来場、お待ちしております!!


シアター生駒 第26回公演「まほろば」
9月14日(日) 11時開演(B) 15時開演(A)

作:蓬莱竜太(第53回岸田國士戯曲賞受賞)
演出:熊本 一

【Cast】
ミドリ(藤木家の長女)・・・高升君枝
キョウコ(ミドリの妹)・・・前谷治世恵(A出演)・中西康子(B出演)
ユリア(キョウコの娘)・・・竹尾万菜(A出演)・岡 友里恵(B出演)
ヒロコ(ミドリの母)・・・松原政代
タマエ(ヒロコの姑)・・・岡 昌美
マオ(近所の子ども)・・・江戸えりん(客演)

会 場 南コミュニティセンターせせらぎ せせらぎホール
(近鉄生駒線 南生駒駅下車 徒歩約5分)


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/494-d9d99f40

コメント
…悪かったね、たくましい脚で!ほんとにエリンちゃんと並びたくない…
【2014/09/14 02:53】 | たけお #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック