祭囃子のなる夜に

 2014-08-04
生駒市のみなさん、先日の、どんどこまつりの花火はご覧になりましたか??

雨天でどうなるかと思いましたが、私の家からも、雲に霞んではいたものの、なんとか観れましたよ。


実は、今度の「まほろば」は、お祭りの日のおはなし

村の男達は、祭りの日に神輿を担ぐ
そして、今回の舞台となる藤木さん家は、祭りから帰ってくる男達をもてなす準備をしている・・・

そういう、賑やかで慌しい日の出来事なのです

熊本先生も「祭りの日である」という前提を、役者の体に覚えこませるように、その都度、確認しています。


だから、今回使用する効果音の多くは、祭囃子や神輿を担ぐ掛け声の関連が多いです。

mdkokioiuh.jpg
今、稽古で使用している、効果音およびBGMのMDです。
以前、熊本先生が劇団大阪で「まほろば」を演出した時に作られたものです。

今回の音響効果も、そのときと同じ山崎 悟さん。
かつての音をそのまま流用ではなく、今回用に新たに作り直していただいています。
(先日も音の打ち合わせのために、わざわざ和歌山から来ていただきました)
まぁ、劇団大阪の時とは、セットの大きさやら何やら違ってますからねぇ


実は、おそらく演者の全員が「ここ、どうなるんだ??」ってシーンが一箇所あってw
それには、被さる音楽も大きく関わってきます。

どのようなものが仕上がってくるのか、そして、それに役者達の芝居はうまく合わさるのか・・・?
実際の公演を見ていただければ、多分「あぁ、このシーンか」ってのはお分かりいただけるかと・・・w

さぁ、まつりだ、まつりだ、ワッショイ!ワッショイ!

【生駒市の皆様へ】マイサポいこまの届出のお願い
(届出期間は7月1日~8月12日!)

「夏休み演劇ワークショップ」
【参加者募集中!】8月9日(土)14時~




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/470-4e2a74f5

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック