宴の参加は“要予約”

 2014-02-05
只今22時50分を過ぎたところですが・・・、
昨日告知した「えす☆らじ」、ネットトラブルで見事にOFF AIRでございますw

まぁ、ナマモノには、こんな事もありますよ。
youtubeにアーカイブ載ったら、また紹介します。

さて、研究公演「演劇と朗読を楽しむ宴」の宣伝用ハガキを印刷中です。
今回は情報量が多めなので、イラストは少なめのシンプルなものになりました。
5505345o167028468330.jpg

ここに載せた情報で、「ん?」となるのが

一番下の「※要予約」という表記

なぜ、900人収容の大ホールで、入るのに予約が要るのか?
誤植じゃないのか?

・・・と、思った方もいらっしゃるかもしれませんが、間違いではございません。
コレは少し補足説明が必要ですね。



今回の公演で使用するのは、厳密に言えば、大ホールの「舞台のみ」!

客席部分は使いませんし、使用許可すらとっていません

じゃあ、お客様はどこから観るのか?
申請を出してませんから、客席には座れません
(座った途端、使用料発生~!)

もしかして、立ち見か??

いやいや、まさか

実は、お客様も舞台の上に上がっていただきます!


これは別に出演してもらいますという意味では勿論なくてw、今回は「舞台上舞台」という手法をつかうんです。
すなわち、舞台の上に、小さな舞台と客席を含めた、仮設の小劇場をつくってしまう・・・という方法
SN3L01440001.jpg
これで、芝居の規模に合ったサイズの舞台を用意することができ、尚且つ、照明機材は大ホールのものをそのまま使うことができるという、なんとも素敵な方法なのです。
(その時期に手頃な小ホールが、どこも空いてなかったからだろ? んなわけないじゃないの・・・多分w)



で、今回は大ホールの舞台から、仮設する小舞台分をマイナスしたエリアに、客席が並ぶわけなのですが、その座席数をざっと見積もったところ、60程度になるのではないかと思われます。

要するに、今回は各回定員が約60名
余裕ある座席数では、ございません。

よって「要予約」とさせていただいているのです。

当日券がご用意できるかどうかは、現時点では解りません。
ご来場くださる皆様は、「何時の回」に「何人」で来られるかを、予め劇団にお伝えください。

連絡先などの詳細は、コチラに載せておりますので、必ずご確認ください。

上演はまだ1ヶ月以上先ですが、どうぞ、ご予約はお早めに!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/422-1764bc2d

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック