先生、お願いいたします!

 2013-11-26
次回は「研究公演(仮)」と題してお送りしますと告知しましたが、本公演以外の形式で上演するのは、でまえ公演以来になりますね

会場は、大ホールで大規模に!とはいきませんが、普段ではやらない、ちょっと違う雰囲気になりますよ




さて、勉強にあたっては「先生」が必要と言い残して、WEBラジオを挟みましたが、今回の演出を担当して下さるのは、菊川徳之助先生です!

菊川先生は「夫婦レコード」で演出と中村康夫の二役をやって以来の参加。
ご多忙の中、時間を割いてくださいました。
「ヘンゼルとグレーテル」は2日とも客席でご覧になって下さったのですが、お客様の一人に「夫婦レコードのお父さんですね?」と声をかけられたそうです。劇団員の顔がお客様に認知されるって、良いですね)


近畿大学の舞台芸術専攻で、教鞭を執っていらした菊川先生。
今回の企画で、これ以上の適任はいない!と言えますね。

今から、稽古に入るのが大変楽しみです!
(一部メンバーには、稽古終わりのお楽しみもありますがw)


今回の研究公演はオムニバス構成になりますが、その中の一編として、菊川先生がお書きになった作品も上演予定です。
どうぞ、お楽しみに!


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/400-865ee540

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック