「ヘンゼルとグレーテル」をふりかえって

 2013-10-29
本番が終わって1週間後の10月27日
「ヘンゼルとグレーテル」に出演してくれた11人の子どもたちと、ずっと応援して下さった親御さんたちを労う為に、「おつかれさま会」を開きました。

DSCN0005.jpg DSCN0007.jpg
この日は、団員たちが手作りの料理を持ち寄ってのパーティー
当日、子どもたちにも、ケーキのデコレーションをしてもらっちゃったりして

1385240_171390173061090_1233938505_n.jpg
新たに手に入れたデジカメも持ってったんですけど、いざ宴が始まると、全然撮ってないっていうw
いっぱい食べて、いっぱい喋って、いっぱいはしゃいで・・・

終わって一週間たった今でも、お家で「美魔女エクササイズ」のCDを流し、歌い、踊り、ごっこ遊びをしてくれてるという子どもたち

子どもたちの出たシーンは、とても評判が良いですが、あのコたちが舞台上でやってくれたのは、演技であって演技じゃなかったと思います

みんな、クッキーマンとしての芝居を心底面白がって、楽しんでやってくれた
それが素直に、舞台上で表れたのだなぁと
そして、お客様に伝わったのだろうなぁと・・・


頑張ってくれた子どもたち、本当にありがとう!!
みんなの中で、このお芝居に出た事が、素敵な思い出として残っていきますように・・・!





さて


今回の「ヘンゼルとグレーテル」は、4ステージ合わせて452名のお客様にご来場頂きました

(ただ、この来場者数はチケットの枚数から算出したものです。チケットが不要だった3歳以下のお子様や、客席でご覧になった子役の保護者さんの分はカウントされていませんので、実際には、トータル500名近い方がご覧になっていると思います)

「楽しかった!」との感想を沢山いただきました。

ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。
心より、御礼申し上げます。


「15周年記念公演」と銘打ちながら、原点回帰だとか集大成というよりも、初めての試みの方が多かった感のある今回の公演


劇団員による創作

日曜を含めた2日間の上演

クーポン券や前売り特典

オリジナルの主題歌

などなど・・・


かつての運営方法とは違う新たな要素が、全てプラスに働いてるとは言えないかもしれません。
内外でご迷惑をお掛けしたことも多々ありました。

しかし、みんなで取り組んだこのチャレンジが、15周年をただ記念するだけではなく、今後へと繋がる大切な節目にしてくれたのではないかと思っています。



シアター生駒は、もう次に向けて動き始めています
パンフレットに告知していた次回公演
そして、さらにその先へ・・・


これからもシアター生駒は、皆様と一緒に、より良い芝居を発信し続けてまいります







「って、ちょっと待った!・・・なんとなく、まとまったところで申し訳ないんだけども、ヘングレの関連記事、まだ、もうしばらくつづくんだなぁ~」


・・・と、クッキーマンが申しておりますw








スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/372-97b3c3cc

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック