第19回本公演「赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス」

 2009-11-10
2009年6月27日上演
会場 北コミュニティセンター ISTAはばたき小ホール

作 別役 実
演出 高升君枝
作曲 小森昭宏


【あらすじ】
むかしむかしあるところに
 深い大きな森がありました・・・

 おせっかいな兎たち。
 くすぐるのが大好きな“おそろしい”オオカミたち。
 箸にも棒にもかからない、ダメな森の案内人。
 そんな森にやってきた赤ずきんちゃん・・・。
 「私、どこでもないところへ行きたかったの。」

 ダメな森番の案内で“どこでもないところ”に迷い込み、オオカミに出会う赤ずきんちゃん。
 「くすぐるって、何・・・」
 「お前さん、くすぐったくないのかい・・・?」
 「ええ・・・」
 「お父さんやお母さんに、くすぐってもらったことはないのかい・・・?」
 「私にはお父さんもお母さんもいないんです・・・」

 お父さんやお母さんを忘れてしまった赤ずきんちゃん。
 笑うことを忘れてしまった赤ずきんちゃん。

 さあ、思い出して!
 お父さんを。
 お母さんを。
 一番楽しかったあの日を。


【解説】
観客動員 355名
シアター生駒 第4回ファミリー劇場
小森昭宏さん作曲の歌の数々が、劇中を彩った(後の第5回ファミリー劇場でも使用)。
魔法使いの「アブラカダブラ」で空からウン○がふったかと思えば、ラストシーンにはLED一杯のクリスマスツリーがそびえたつという、仕掛けも多い舞台であった。
劇団息吹の大坊晴彦さんに覚え男役でご出演いただき、演出家・菊川徳之助も森の番人役で出演。
冒頭には、劇団キラキラ座の面々とらくらく演劇塾の中村さんによる、上演中の注意を兼ねた前説もあった。

IM0002.jpg

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/22-50c79fde

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック