スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

たくさんのイラスト、ありがとう!

 2012-06-24
あ~、よく寝た!!


私事で恐縮ですが、打ち上げを途中で抜けて夜勤に入った私。仕事終わりはこれでもかってぐらい寝てやりました。さっきまで(現在夜8時過ぎ)

しかし、演出や舞台監督は、本番翌日だろうが、別の劇団の稽古に早速行ってるわけで、それに比べりゃ楽してる方ですね。あの人たち、ある意味お化けですよ(笑)


さて、今回のファミリー劇場のお客様は、2ステージ合わせて446人(生駒市による集計)。


谷川俊太郎さんのネームバリューは勿論ですが、子役が三人も参加してくれた事で、その子達のお友達に沢山アピールできたことも大きいでしょうね。(友達とそのご家族だけじゃなくて、担任の先生まで来てくださった子もいるそうです)

NHKに出たのも、多少効果あったかなぁ…?(笑)

あと、嬉しいことに、このブログのアクセス数が本番2日前から跳ね上がってるんですね。
いつも20いけば多い方なんですが、本番前の2日間は30以上、公演当日は45アクセスでした。

正直「大つごもり」までは、本番前後でこんなに増える事は無かったんですが、三年目に入るこのブログ、ようやく浸透してきたかな?…と、管理人としては喜んでおります。



さて、ブログを見て下さった方の中には、あの企画が気になってる方もいらっしゃるかなと思います。


「みんなのおばけイラスト、だいぼしゅう!」


会場受付にて行われた、この企画。お陰様でたくさんの子どもさん達が参加して下さいまして、60点以上のイラストが集まりました!
本当にありがとうございます!

お約束通り、このブログにて、全作品掲載していきます!

作品数が多いということで、全て紹介しきるまでに、ある程度の時間がかかってしまいますが、楽しみにしてお待ち頂ければ、幸いです。


方針としましては、年齢の小さいお子様の作品から紹介予定です。
初回は2~3歳の子どもたちのイラスト紹介になります。
どうぞお楽しみに!


さぁて、これでKCNの放送まで、「ひゅ~どろろ」の話題が途切れないよ~(笑)


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/191-19b4d4a9

まとめtyaiました【たくさんのイラスト、ありがとう!】 【まとめwoネタ速neo】
あ~、よく寝た!!私事で恐縮ですが、打ち上げを途中で抜けて夜勤に入った私。仕事終わりはこれでもかってぐらい寝てやりました。さっきまで(現在夜8時過ぎ)しかし、演出や舞台監督は、本番翌日だろうが、別の劇団の稽古に早速行ってるわけで、それに比べりゃ楽してる方...
【2012/06/26 05:39】
コメント
このたびはシアター生駒ファミリー公演「ひゅ~どろろ」、大盛況のうちに終えられましたこと、誠におめでとうございます。また、わが劇団の団長・山根勝慶の名前を覚えてくださって、この場をお借りしましてお礼申し上げます。

演者の皆さんの力もさることながら、劇団としての温かさがにじみ出た、ほんわりとしたお芝居だなと思いました。市民による市民のための劇団の良さがうかがえました。

帰り際、40、50代の初めてシアター生駒を観たであろう男性が「手作りで、なかなかいいね」と話しているのを耳にしました。人の劇団ですのに、わが事のようにうれしかったです。

12月の本公演に向けて、またさらに伸び広がりますようお祈りいたします。こちらも、団長の山根はもちろん、副団長のザーマス三宅、最年少のスズキ劇団員といったペルプ人員を配備しておりますので、何かありましたらまたお声掛けくださいませ。では。


ああ、また、三宅さんに笑いながら怒られる……。

【2012/06/25 14:25】 | いかるがブログ担当カワシマ(旧姓) #- | [edit]
皆様ご来場ありがとうございました。

カワシマさん、とてもうれしいコメントありがとうございます(^^)

お化けイラスト楽しみにしてます~♪
【2012/06/25 22:48】 | マエチヨ #DexK2noU | [edit]
高升です。
いかるがさんの大切な団長さんにごみ袋かぶせてごめんなさい!
無理やり客いじりさせてごめんなさい!
せめてお名前を間違えないようにと、本番中「カツヨシ、カツヨシ・・・」と頭の中で唱えておりました。
【2012/06/26 21:25】 | kim #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。