教えて!所作の先生 PART2

 2012-06-03
とうとう6月に突入してしまいました。

2日の稽古では、中盤でゲリラ豪雨がありまして、屋根に叩きつける雨の音と戦いながらセリフを出していました。
(まぁ、稽古に使ってるコープの集会室はただでさえ声が響くとこなので、普段は声を張らずとも聞こえてしまう。ホールを想定した良い声出しにはなったかな?)


ただ、この日にやってきたのは嵐だけではございませんで・・・


な、な、なんと!


「大つごもり」の際、大変お世話になった、日舞の家元・扇 梅芳さんが、稽古場に来てくださり、動きを監修して下さったんです。


今回の「ひゅ~どろろ」は「現代語狂言」と銘打ってるだけあって、要所要所に狂言的演出が入ってきます。
(全編が狂言ではありませんから、「敷居高そう」とか、構えていただかなくて大丈夫ですよ~)


で、その要所要所を見ていただいた訳ですが、歩き方、姿勢、泣き方に至るまで、キャラクターの個性に合わせてご指導いただき、大変参考になりました。
前回同様、家元のアドバイスの一つ一つに、劇団員は「なるほど~」と感心しきり。

そして、誉めて頂いたところは、思わず皆で拍手!(笑)

キャストたちにとって、本当に良い刺激となりました。



これは今日の稽古で、早速成果が期待できそうです。
(って、こんな事書いたら、役者である自分の首も絞めることになるんだけど…(笑))



家元は、本番前にまた稽古に来て下さるので、少なくとも、その時までにはカッコがつくようにしましょうね?
面白いお芝居にすることが、教えて頂いたことに対する最大の礼儀ですから。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/179-538f7333

まとめtyaiました【教えて!所作の先生 PART2】 【まとめwoネタ速neo】
とうとう6月に突入してしまいました。2日の稽古では、中盤でゲリラ豪雨がありまして、屋根に叩きつける雨の音と戦いながらセリフを出していました。(まぁ、稽古に使ってるコープの集会室はただでさえ声が響くとこなので、普段は声を張らずとも聞こえてしまう。ホールを...
【2012/06/07 08:29】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック