懐かしの、昔ながらの、久々の

 2012-04-12
自分の手元にあった総会資料を参考にしながら、シアター生駒の公演記録を少しずつ充実させようと目論んでおります。
各公演のタイトルをクリックしてもらえば、僅かながらでも【解説】が載っているようにしたい・・・

まぁ「シアター生駒ニュース」のデータベース化を図っているわけです。

おそらく、○周年記念の会誌なんて物は出ないでしょうが、もしも出るとなった時のための土台資料に・・・いや、出ないなら尚更見える形で具体的な記録を・・・と思いまして。

ただ、私、まだ入団5年目の若輩者。
14年目に突入したシアター生駒の歴史の半分も分かっちゃいないのです。


“懐かしの”初期10年分ぐらいは、どなたかが、時間あるときに書いてくださると助かるのですがねぇ・・・
(杉本さんから過去の総会資料を借りれば、データとしては埋められるんですが、いかんせん実感こもった文にはならんと思います)



でも、それに着手していただくのは、コレが片付いてからでしょうか。

次回公演「ひゅ~どろろ」

実はまだ、キャスティングが固まっておりません。

前谷&中西の配役が交換ってことになったり、
森田さんの役が全く逆のキャラの大倉ちゃんに回ってきたり、
そんな中で、あのコにも久々に白羽の矢が・・・

まぁ、詳細はまた、ちゃんと固まってからにしますけどね。



今回出てくるお化けたち、にぎやかにブワァ~っと出てまいりますが、“昔ながらの”「うらめしや~」って感じで出てくるお化けは、そう沢山いません。
いや、一人しかいないか・・・w
まぁ、正直、それも怪しい感じなんですが。

妖怪大戦争みたいな構図を思い浮かべちゃうと、だいぶ期待を裏切ることになると思われますです。ハイ。




そして、そんなお化けの一人として、山中麻紗子さんが“久々の”登場です。

記録を確認したら、大人の童話劇場の「西瓜と風鈴」以来ですね。

近々、劇団員紹介の記事も書いていただく予定ですが、どんな演技でシアター公演に復帰されるか、乞うご期待!!







スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://ikomaza.blog96.fc2.com/tb.php/160-75d67fc4

コメント
昨日、団員のKさんと早くも冬の公演の予算組みと、書類作成をしました。
Kさんとは、「ひゅ~どろろ」でお化けのカップルとして出演します。これは夫婦なのか兄妹か、はたまた漫才コンビか?
Kさん曰く、「ひゅ~どろろ」のセリフには前向きに生きてゆくことばの力がある・・・。
う~ん納得!
さすが谷川俊太郎さまです。たーさまぁ~!
【2012/04/12 20:07】 | kim #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック