FC2ブログ

ぼんぼん盆の十六日に

 2018-08-17
IMG_7326.jpg
・・・お礼を言いたかったんですが、
1日外しておりますので遠慮があります。

とはいえ、あれ、16日ってのは、7月16日なんですけど、そんな細かい事はまぁいいか。

257247544.png
シアター生駒創立20周年記念公演
「頭痛肩こり樋口一葉」
おかげさまで、その全日程を終了いたしました。

ありがとうございました。

ご来場いただいたお客様の数は、11日12日合わせて553名。
現在のチケット販売形態になって以降では、ダントツの数字を記録いたしまして、「記念公演」の面目躍如といったところでございます。
この中には、一度、公演をご覧になって、「もう一組の方も見てみたい」と終演後すぐにチケットをご購入くださったリピーターの方も含まれており、大変ありがたいなと思っております。


IMG_7286.jpg
私個人といたしましては、今回、舞台に設置されたスクリーンの投影を担当し、図らずも下手側最前列という絶好のポジションで4公演鑑賞(?)することができました。
そう、前で「シアター20周年マークのシャツ」を着てたメガネが私です。
(なんで、写真撮っとかなかったんだろ。自分の。)

「舞台」、「俳優」、そして、「お客様」がいて、初めて「演劇」は成立する。

その事を、まざまざと体感した気がいたします。


しかし、本公演を支えてくださっていたのは、それだけではありません。

IMG_7320.jpg
所作をご指導くださり、ゲネも本番も見守ってくださった家元。

IMG_7321.jpg
結髪で見事な日本髪を仕上げてくださったみなさん。
IMG_7325.jpg
所狭しの舞台裏・・・
IMG_7324.jpg
目まぐるしく変わる衣装の着付けをしてくださった方々。
IMG_7328.jpg
受付に立ってくれた、劇団員の家族。
そして、知花さんの繋がりで来てくれた劇団キラキラ座の皆さん。
(キラ座の子には、ゲネの日に急遽照明スタッフを頼むという無茶振りをしてしまいました)

IMG_7329.jpg
安定の舞台装置、転換スタッフ・・・
IMG_7327.jpg
音響さん、照明さん・・・
若い子も新たに手伝いに来てくれたりしました。

4574257.png
そして、マイサポいこまでシアター生駒を選んでくださった皆様方
その他、我々の気づいていない部分も含めて、たくさんの力に支えられ
どうにか20周年です。

本当にありがとうございました。


オマケ
mana1yo.png
今頃できたチラシ第二版

スポンサーサイト

【マイサポ届出最終日】仕込み開始!頭痛肩こり2時間半

 2018-08-09
20周年記念公演「頭痛肩こり樋口一葉」
本日から舞台の仕込みが始まっています。

仕込みが始まってしまいますと、ブログの更新どころではなくなりますので、
現状はtwitterにて、レポートさせていただきたいと思います。

さて、本日から、会場のせせらぎホールに入ります。

せせらぎホールは、シアター生駒の団員にとっては、勝手知ったるですが、初参戦の皆様にとってはそうではありません。
前回、火曜日の稽古がせせらぎの小ホールでしたので、稽古はできませんでしたがホールの見学はさせてもらえました。

やっぱりねぇ、舞台がどれだけ高いのかとか、広さ、奥行きはどうだとか、実際に見てみないとねぇ


稽古としては火曜日の回がラストでありました。
ダブルキャスト2組共を通すことは叶いませんでしたが、ちょっとだけ、その様子を。

IMG_7163.jpg
塗装の禿げた箇所を、補修中

IMG_7165.jpg
冒頭の1場面。ここから、2時間半の長丁場。
しっかり見てないと、迷子になっても知らないよ!!
(11時の回を鑑賞される皆様、お昼をまたぎますので、途中休憩時、ロビーでお食べになる軽食をお持ちになったほうが良いと思います。コンビニまでは歩くと多少かかりますし。)

IMG_7166.jpg
この2人、姉妹に見えます???

IMG_7167.jpg
こちらは親子。
何やら気まずい空気ですが、ここに妹が割って入り・・・
休憩後の2幕、始まって早々のヒートアップです。

IMG_7169.jpg
登場人物の状況が、場ごとのゴロゴロ変っていってしまうのも、見もの。

IMG_7170.jpg
さて、お話の顛末や如何に?????

IMG_7171.jpg
2時間半の長丁場を乗り切るキャストは大変ですが、
そこは、がんばってもらわにゃなりますまい!

キャストが息切れでもしようものなら、それはもう、むしろ笑ってやってくださいw

・・・なんて冗談はさておき

演出家曰く、台本通りやれば面白くなるようにできている。
だから一言一句間違えずにやれ!としつこく申しております。

2時間半の長丁場ですが、キャスト1人当たり、それを2回やったら、もう終わってしまうのです。
是非、全身全霊かけて、20年目の印を、しっかりと刻んでいただきたいと思います。



さてさて



前売り券のご予約ですが、
theaterikoma@yahoo.co.jpへのメール
もしくは、メールフォームが引き続き使えます。
上演日前日まで対応させていただきます。

マイサポいこまの選択・届出は、いよいよ本日が締切です!!
こちらの届出フォームにて、必要事項を入力の上、「12番.生駒市民劇団シアター生駒」をお選び下さい。
生駒市民のお知り合いがいらっしゃいましたら、お声掛けいただけると助かります。

皆様、ご協力よろしくお願いいたします。

見よ!花螢の高くとべるを

 2018-08-06
IMG_7159.jpg
20周年記念公演「頭痛肩こり樋口一葉」
いよいよ、本番まで1週間を切りました。
土日の稽古は、小明町自治会館。
先日の地震で、瓦の一部が壊れてしまったようです。

芝居は、お客様が来れなきゃ成立できない。
自然災害の前には為す術がないわけですが、
今週やってくる台風、先の12号の様な影響が出なければいいなぁ・・・と思っております。

IMG_7152.jpg
さて、当日撮影をしてくださるKCNのスタッフも立ち会いながら、通しの稽古です。

IMG_7106.jpg
熊本先生の身体を張った指導が続きます。

IMG_7108.jpg
先日、扇流三代目家元の扇 梅芳さんに、所作のご指導をいただきました。
明治のころ、まだ、身分のちがいが色濃く残っていた時代。
登場人物のその時々の状況が、その所作にもしっかり現れてきています。

熊本先生が「あんたの足が見たいんやわ!」と熱望したシーンとは・・・??

IMG_7107.jpg
実際のホールに行って、「あれ、こんなに狭かったの??」といったギャップが生じないように、あらかじめセットのレイアウトを把握して動きを組みます。
動きの大きな芝居は、大げさでなく、危険と隣り合わせ。

IMG_7110.jpg
右側の人は、樋口夏子ではございません。
さて、誰でしょうか???

IMG_7154.jpg
一反木綿?塗り壁?夏子に襲い掛かる白い影!
その実態は・・・

IMG_7155.jpg
そう、花螢さん。
花螢さんには、今回、おそるべき見せ場が・・・

IMG_7158.jpg
その仕込を大の大人が4人がかりでやっております。
果たして何を・・・

って、実は今回のブログのタイトルが、モロ正解な訳ですがw

「夏の夜の夢」の時は人形だったのが、今回は現物??
さて、どうなりますやら!

前売券の購入は、各公民館では、8月8日17時まで。
それ以降は、theaterikoma@yahoo.co.jpへのメール
もしくは、メールフォームでのご予約が引き続き使えます。

マイサポいこまの選択・届出も、8月9日が締切です。
こちらの届出フォームにて、必要事項を入力の上、「12番.生駒市民劇団シアター生駒」をお選び下さい。
生駒市民のお知り合いがいらっしゃいましたら、お声掛けいただけると助かります。

公演日が近づくにつれて、タイムリミットが立て続けに・・・
皆様、ご協力よろしくお願いいたします。

8月に入りました。

 2018-08-02
はっきり言って、全員焦っております。

「頭痛肩こり樋口一葉」
本番まで、2週間切ってますもんね。

出演者は、急遽本日自主稽古。
演出家は、締め切りに追われ、パンフレットの挨拶文を書いておりますw

今回、台詞量も大ボリュームでしてね、
どうしても詰まってしまう部分が出てくるようです。

そんな時、ついつい皆、謝っちゃうんですよね。
でも、ダメなんです。
謝るってのは素に戻ってることだから。

演出いわく、「(顔)青なってりゃいいんや」と・・・w
IMG_7019.jpg


さて、ここで顔面蒼白な出演者の奮闘ぶりをば

IMG_7025.jpg
ド近眼樋口一葉
IMG_7041.jpg
ド近眼ゆえのハプニングもチョコチョコございます。
・・・コラ!台本通りとか言うな!

IMG_7028.jpg
今回の劇中にはたくさん遊び歌が出てまいります。
う~ん、井上ひさしっぽい!

IMG_7018.jpg
で、なんでこんな事になったんでしょうか??w
ドーン!といってみよう!!

IMG_7052.jpg
白装束の方がチラホラ写りこんでます。
心霊写真か???
IMG_7068.jpg
しかし、何とも楽しそうにやってますねぇ。
このまま笑顔で終われたらいいんですけどw


さて、前売券の購入は、各公民館では、8月8日17時まで。
それ以降は、theaterikoma@yahoo.co.jpへのメール
もしくは、メールフォームでのご予約が引き続き使えます。

樋口一葉の5000円札を模した、今回のチケット。
1000円札を出せば、5000円札になって返ってくる。
5000円札を出せば、5枚になって戻ってくるという、なんとも素敵な・・・

いやいや、本気にされちゃ困りますけどw


本番近し!
皆様も、観劇のご準備の整えてくださいね!


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック