おまたせ!演劇ワークショップ、開きます

 2014-10-31
今回は、久々にシアターのお知らせです。

今更ですが、シアター生駒は「演劇を暮らしの中に」をテーマに活動している、生駒の市民劇団です。

私たちは、公演を観ていただくだけでなく、市民の皆さんが芝居を体験できる機会をつくろうと、シニア向けの「らくらく演劇講座」や学生対象の「演劇ワークショップ」などを企画・開催してきました。

昨年6月には、「子ども演劇ワークショップ」を開き、参加した10人の子どもたちが、ファミリー劇場「ヘンゼルとグレーテル」にも子役として出演。
これが、参加者にも観客の皆さんにも大変好評でした。

今年9月上演の「まほろば」は、「閉○んこと?」「セッ○スやろ!」といった、一部刺激的な内容から、対象年齢を高めに設定せねばならなかったのですが、「子どもたちが演劇に触れる機会は残していきたい」という思いから、今年もワークショップだけは開催する運びとなりました

・・・が、8月に開催を予定していた「演劇ワークショップ」は台風のため中止となってしまいました。
どうにか、別日を設けたいと、調整を図ったのですが、「まほろば」の稽古があったため、即、実施という訳にはなかなかいきませんでした・・・

ですが・・・

皆様、長らくお待たせいたしました!


11月29日(土)に演劇ワークショップを開催する事が決定致しました!!


ワークショップとは、体験型講座のこと。

見えないボールをパスしていく様な、想像力を膨らませるもの

数人一組で、全身を使い、あるシチュエーションを現わす様な、表現力を必要とするもの

そして、相手のアクションを受けて、何かを返す即興性を問うものなど・・・


劇団員が普段行っている身体訓練をベースに、
ゲーム感覚で、楽しくお芝居を体験することができるワークを用意しています。

子どもから、大人まで、全くの初心者の方でも大歓迎!

日時などの詳細は明日発表いたします!



スポンサーサイト

【告知】劇団キラキラ座創立20周年公演 「繭楼の華」

 2014-10-30
すっかり奈良の演劇情報ブログと化してますがw

ブログブランク期間のリハビリと思ってお付き合いください。

以前の記事で、私のかつての所属劇団「劇団キラキラ座」が、今年で20周年であるとお伝えしました。
そして、その記念公演が今週末にあります!

鯨椅子プロジェクトが時期的に重なったので、私はちゃんと関わることはできませんでしたが、とりあえず集客にぐらいは貢献しようということで、告知です。
「まほろば」の時も痛感しましたが、集客はホントに大事! お客様の空気と反応が、芝居を変えるんです!!)



劇団キラキラ座創立20周年公演 第59回公演
『繭楼の華(けんろうのはな)~神殿崇の酔理抄(こどのおそれのすいりしょう)~

日: 11月1日(土)、11月2日(日)【大学祭期間中です】
時: 開場12:30~、開演13:00~
場所: 奈良教育大学講堂
(市内循環バス 高畑町下車)
入場:無料

【あらすじ】
昭和初期、養蚕業で一大財閥を築いた信州上田の片岡家。

遺産相続の調停のために、一人の弁護士が東京から招かれた。
弁護士の名前は神殿崇(こどのおそれ)。
屋敷で彼を待っていたのは女主人・綾子とその娘たちだった。

神経質な長女、自由奔放な次女、、引っ込み思案な三女。

それぞれの思惑が錯綜するさなか、綾子が非業の死を遂げる。
華やかな一族を突如襲った不審な事件。

嵐に見舞われる屋敷の中で、神殿のスイリショウが始まる・・・



「まほろば」のパンフにも、これの仮チラシが挟み込まれてましたが、タイトルはこう読むんだそうです。
(読めねぇっつんだよw)

やはり、「記念公演」の冠があるため、それだけ気合いが入っているようです。
(制作の様子はブログで!)

20周年ということは、今年20歳である大学2回生の団員は、キラキラ座と同い年。
現役生と劇団が同い年になるのは、今の時期しかあり得ませんから、貴重なタイミングといえます。

実は、1回生の一人に、教員をやってるキラキラ座OBの元教え子なんてのもいたりして、それだけの年数が経ったんだなぁとヒシヒシ感じております。

今回は、OBの参加がなく、現役メンバーだけのフレッシュな座組みですが、その中に一人、私がこれからしようとしてる企画に大きく関わってくるであろう人物がいます。

まだ、不確定要素が多いので、はっきり告知できませんが、まずは「劇団キラキラ座の20周年の節目」をどうぞご覧ください!

最後に、キラキラ座がゲストで出演した「えす☆らじ」!!↓

私も間接的に登場しておりますw
見てくださいね!





【小柳出演】「KARAI」上演は明日から!

 2014-10-24
いっきに寒くなりましたが、お風邪などひいてませんか?
私はひきましたw

しかし、そうも言ってられません。
明日から、鯨椅子プロジェクトの【KARAI】の上演です。
仕事は休めませんが、根性で治しています。

ここしばらく、全然シアター生駒の話題をしていないんですが、
「まほろば」の放送もとっくに終わっちゃいましたしねぇ・・・w
ホント、この告知だけはやらせてください!!

まだ、残席ありますので!!


鯨椅子project #3 【KARAI】

【と き】10月25日(土)19:00 26日(日)12:00/16:00 <計3回>
【ところ】薬園八幡神社 参集殿 -JR郡山駅・近鉄郡山駅から徒歩8分-
【おだい】2500円(定員アリ)
  ※小学生以下の方はご入場できません。
  ※予約のない方のご入場はできない可能性が高いです。

 原作:岸田國士「カライ博士の臨終」
 脚色・構成・演出:だるままどか

 役者(50音順):
  岡田萌生(夢歩行虚構団)
  落合ゆかり
  きのしたよしえ
  小出貫(即興劇団一陣の風)
  小林礼奈
  小柳亮(シアター生駒)
  鈴木ぱんだ(パンダの爪/夢歩行虚構団)
  那須賢一
  原瀬今日香(ポンバシwktkメイツ)
  原田めぐみ(毒の花/夢歩行虚構団)
  宮下いづみ(劇団ひまわり)

 演奏:優希[Guitar&Vocal]

 舞台監督:PANDA
 音響:朱華
 照明:齋藤千晶(CrossRopeLife)
 総合美術:真マコト(ALPACA工房)
 制作補助:歩達(夢歩行虚構団)
 制作協力:北橋奈実(EVENT-STATION.)
 プロデューサー:向井徹
 企画・製作:鯨椅子project

※チケット予約はこちらのページでお願いします。


シアターの研究公演に続き、小出さんと岸田戯曲でご一緒するというのは、面白い繋がりですが、小出さんはタイトルにもあります、カライ教授を演じます。
私は「屋上庭園」の時と同様、小出さんの役と、古くからの友人という間柄です。台詞の絡みこそ少ないですが、今回もあの様な別れ方をするのでしょうか…?

演出の仕方でどの様にも取れるというのが、岸田戯曲の特徴でした。
今回はというと、コメディに振っています。

原題は「カライ博士の臨終」

正直、台本を読んだ時点でも、これがコメディとして成立するのか、ものすごく疑問だったのですが、今月になって演出が入ってからというもの、まぁ、面白い!!

初めての共演者が大半で、内心どうしようと思っていましたが、毎回の稽古は、笑いの絶えない、非常に楽しいものでした。
演目がコレで良かったと、ホント思います。

皆さん、是非是非ご覧になってください!!

今回の会場は、神社の中において、結婚式にも使われる場所ですので、椅子は座りやすいです。
まあ、そんなに長いお芝居でもありませんがw


皆様のご来場、お待ちしております!
…と、その前にご予約を!!
(完全予約制です!)



【告知】いこまの芝居は他にもあるぞ!

 2014-10-17
こういうタイトルは「待てぇい!!」と叫んだ後に言ってみたいもんですが・・・
(ちなみに次点は「よし、今だ!」と叫んだ後に「とおっ!!」と飛ぶこと)
んなことは、さておき

前回の日記で、「それについては、明日の更新で!」とか言っておきながら、実際には3日後になってしまいました。

もう~、サボり癖が付いてるなぁ~w

結構前の話なんですが、先月の28日、中村さんと、突劇金魚さんの「漏れて100年」という芝居を観に行ってきました

この舞台美術を担当されてたのは、生駒在住の舞台作家・サカイヒロトさん
シアター生駒的には、居酒屋の「風花」さんにて、いつもお世話になっております。

で、実は、我々、その製作作業をホンのちょっとだけ、お手伝いに行ってるんですよ。
kingyo set joijkoi
写真は、塗装作業中の中村さん
シアター生駒の芝居も含めて舞台装置の製作過程に立ち会う事が少ないので、実際に舞台でどのような形になるのか・・・、そんな楽しみも有りつつの観劇でした。



ところで、今回、サカイさんがある企画をプロデュースされるのです。
しかも、この生駒でです!

これは、多分、かざばな常連の一人である某杉本さんが「我々と一緒に、生駒でやろうよ!」としつこく言い続けていたのも、ちょっとは影響していると思われるのですが・・・w

その名も「いこまでまちあわせ」

サカイさんが、関西を中心に活動する演劇作家・ダンサー・ミュージシャンを生駒に招聘し、ともに作品を製作し発表することを通じて、生駒の活性化を目指す企画です!

私が出演する鯨椅子projectと日程がダダ被りではありますが、そこは生駒の大切な演劇人同士、生駒市の皆様にプッシュしない訳にはいきますまい!!
(だから皆さん、ハシゴして、観に来てね!2日間だしw)


いこまでまちあわせvol.1 
浮遊許可証 『心』
作・演出 坂本見花
stage46406_1.jpg
「山の仕事、あります」
一枚のチラシに導かれ、出会った仕事は――
〈神さまのお嫁さま〉になること。

〈物語性の高い、上質なファンタジー〉を掲げて活躍する劇作家、坂本見花のたっての希望により、生駒山中腹に佇むカフェレストラン「ナイヤビンギ」の畳敷きの一室を舞台に選びました。

実力派俳優を迎え、山深くに満ちる声なき声に耳をすましながら、静かに優しく語られる、男女二人だけの少し不思議な会話劇。(上演時間 約80分予定)


■公演場所
ナイヤビンギ 宴会場 
近鉄・地下鉄生駒駅下車、ケーブル線(1時間に3回・20分毎に発車)鳥居前駅から宝山寺駅まで約6分。宝山寺駅下車徒歩3分。
https://twitter.com/nyabinghi_ikoma
奈良県生駒市門前町12-9   Tel. 0743-73-0805

■公演日程
2014年10月25日(土)19時開演 26日(日) 13時/18時開演
開演の30分前より開場。各回限定20名。公演前後にバー営業あり。

■出演
榮田佳子(劇団千年王國) ・ 片岡百萬両

■料金
前売・当日共 2,500円(ワンドリンク付)
「台本+おまけつき」前売券 2,800円(ワンドリンク付)
チケット販売はコチラ 

■問い合わせ
サカイヒロト(制作) E-MAIL wire@to.707.to
ナイヤビンギ  Tel. 0743-73-0805
Facebookページはコチラ



シアター生駒、らくらく演劇塾、そして今回の新企画・・・
生駒の演劇もますます賑やかになってきましたよ!

まずは、その第1弾を皆さんどうぞご覧ください!!

【えす☆らじ】#50 2014.09.24 ゲスト:鯨椅子project .

 2014-10-14
二週間、更新をサボってしまいました。

間を空けてしまうと、とたんにブログを書く力が衰えるのを感じるというか・・・
どんな風に話を持ってたら良いのかが分からなくなりますw

とはいえ、この間「書く」こと自体は、実はやっていて・・・
先日、熊本先生と杉本さんから依頼された、ある作品をイジっていたのですが、これに関しては、又後日。


さて、書くことがしんどくなってくると、もう、喋っている事がそのまま流れたら良いのにとか思ったりするわけですがw

先日、告知いたしました「鯨椅子project」として出演した「えす☆らじ」がアーカイブでアップされましたので、ご覧下さい。

【えす☆らじ】#50 2014.09.24 ゲスト:鯨椅子project .


「夫婦レコード」研究公演でもおなじみの、小出 貫さんも一緒に出演しています。
奈良のいろんな俳優達が共演するこちらの芝居も、いよいよ稽古は佳境!
皆様、是非、ご来場ください!!
(ご予約はコチラのページでヨロシクお願いします)

ところで、今回の「えすらじ」も、番組の最後にちらっと再登場していますが、生駒にまつわるあることに触れています。
それについては、明日の更新で!

KCNエリアワイド「まほろば」放送日一覧

 2014-10-01
本日より、10月のスタートです!
劇団の運営委員会が、今日の午前中に開かれるんですが、どんな方針になりますやら・・・w

そして、いつの間にか、第26回公演「まほろば」の上演から半月が経とうとしておりますが、
大変好評をいただいたこの作品が、KCNエリアワイドにて放送されます!!

今回放送されるのは、9月14日(日)の15時~の回

出演してるのは、ご覧の方々です!
hiuweghrif.jpg
前谷キョウコと竹尾ユリアのバージョン。
こちらは楽屋での一枚ですが、あいにく、松原さんのヒロコさんがおりません。
多分、何か取りに行ってるんでしょうw

さて、放送日時は以下のとおり!!

<放送>
10月2日(木) 16:00~

<再放送>
10月2日(木) 24:00~
10月3日(金) 16:00~/24:00~
10月4日(土) 16:00~/24:00~
10月5日(日) 16:00~


夕方4時と深夜12時という放送時間ですが・・・

お子様から「ねぇ○○って何??」とか聞かれたり、昼間から「S○X!」と口走られては家族が微妙な雰囲気になるという方は、深夜にご覧くださいw
(○いせつ絡みのニュースでFC2が揺らいでますんで、あんまりそっち寄りな事を書くわけにもいかんのですが、大丈夫かな、このブログ・・・あ、「まほろば」はきわめて健全ですよw)

観る人の立場・世代によって、感情移入するキャラが変わってくる「まほろば」
中西・岡バージョンをご覧になった方は、ダブルキャストによる違いを比べて観るのも面白いですよ!

どうぞ、お楽しみに!!


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック