【告知】らくらく演劇塾 でまえ公演発表会

 2014-09-28
生駒シニア劇団らくらく演劇塾の皆さん
先日の「まほろば」も、大勢で観に来てくれました。

okokorakusikomi.jpg

IMG_0733.jpg
これは、毎回の事なんですが、中村さんと丸山さんは搬入・搬出や舞台の仕込みも手伝って下さいまして、本当にお世話になりました。

さて、らくらく演劇塾は本公演が毎年一回というペースで、もうすぐ10年目を向かえようとしていますが、本公演のレパ入りをしていない現時点では、「でまえ公演」用の演目を稽古しています。

demae tirasiplpl
「でまえ公演」とは、さまざまな場所に出張しての依頼公演。
今、用意しているのは、3作品。
そして、これを一挙に上演する「発表会」が10月3日(金)に開かれます!!

IMG_0888.jpg
「西瓜と風鈴」は、大下勇がダブルキャストになっていますので、11時~と13時~の2回上演です

IMG_0346.jpg
「あの人は帰って来なかった」では、「まほろば」のユリア役だった竹尾ちゃんが、巫女役に初挑戦

IMG_0881.jpg
「恋、おばあちゃんの」も、大幅にキャストを変えて、新たなアンサンブルを作ろうと、熊本先生が大奮戦!

既に、決まっている「でまえ公演」もあるようですが、これからでも、予約は可能だそうです。
何か地域の企画などを考えていらっしゃる方は、今回の発表会で下見をなされてはいかがでしょう??
何にせよ、無料で3本も芝居を観れるってのもそうないですからねぇw

「らくらく演劇塾 でまえ公演発表会」は10月3日(金)11時~ 北コミュニティセンターはばたきにて!!
是非、御来場下さい!!
スポンサーサイト

【客演】鯨椅子project #3 【KARAI】

 2014-09-24
前の記事で前振りしてた件ですが、正直「まほろば」のまとめを終えてからと思ってたんですけど、理由あって早々と告知です。

「まほろば」未出演の私、小柳
外部の芝居に出演致します!

鯨椅子project #3 【KARAI】

【と き】10月25日(土)19:00 26日(日)12:00/16:00 <計3回>
【ところ】薬園八幡神社 参集殿 -JR郡山駅・近鉄郡山駅から徒歩8分-
【おだい】2500円(定員アリ)
  ※小学生以下の方はご入場できません。
  ※予約のない方のご入場はできない可能性が高いです。
 ※チケット予約はこちらのページでお願いします。
 
 原作:岸田國士「カライ博士の臨終」
 脚色・構成・演出:だるままどか

 役者(50音順):
  岡田萌生(夢歩行虚構団)
  落合ゆかり
  きのしたよしえ
  小出貫(即興劇団一陣の風)
  小林礼奈
  小柳亮(シアター生駒)
  鈴木ぱんだ(パンダの爪/夢歩行虚構団)
  那須賢一
  原瀬今日香(ポンバシwktkメイツ)
  原田めぐみ(毒の花/夢歩行虚構団)
  宮下いづみ(劇団ひまわり)

 演奏:優希[Guitar&Vocal]

 プロデューサー:向井徹
 企画・製作:鯨椅子project


鯨椅子projectというのは、劇団名ではなくユニット名のようなもので、役者は上記の通り、様々なところから集まった混成です。
今年で3回目ですが、その都度、参加者の組み合わせは全く異なり、共通しているのは、プロデュースが向井さん(「まほろば」も観に来て下さいました!)という事と、作・演出が夢歩行虚構団のだるままどかさんということ。

本格的稽古は10月からで、実はまだ、演出にもお会いしてないのですが・・・そんな本プロジェクトの全貌を掴みきってない状況で、このプロジェクトの告知をするべく、本日24日の「えす☆らじ」に出演します!
(告知を前倒しにしたのは、このため)

「まほろば」の告知をしてから、まだ1ヶ月しか経ってないのですが、こんな短いスパンで出るなんてねぇ・・・w
今日がちょうど、50回記念ですって!(ヤッホ~イ!)
今回は、シアターの告知じゃないので、タケオもサカオも連れて行きませんが、シアターにもすごく馴染みのある方と一緒に出演しますので、お楽しみに!

ヒントは、「まほろば」のパンフに挟んでた、この仮チラシ(クリックしたら拡大します)
kjiraisu kari


鯨椅子project #3、果たしてその全貌は・・・!?





掲示板はみんなの為に

 2014-09-21
「まほろば」の上演から1週間が経とうとしていますが、まだ、本番終了後に皆で集まっていません。
まぁ、プライベートでイロイロありましたんで、メールでやり取りはしょっちゅうだったんですけどね。

まだ、各自が聞いた感想・御意見をまとめていないので、断言はできませんが、なかなか好評のようです。
いつも、お世話になってる「かざばな」の常連さんも、楽しんで下さったようですしw

「シアター生駒」で検索をかけると、「まほろば」観劇の感想を書いて下さってるブログも見かけます。
実は、こういうのが、劇団としては非常にありがたいことなんです。

お客様がシアター生駒の事を伝えてくださることで、また新たなお客様を呼ぶことに繋がる・・・
劇団のPR活動が大事なのは、言うまでもないのですが、やっぱりお客様が「良かったよ!」と思わず話したくなる芝居をする事ですよね。

皆さん、面白かった芝居は、是非いろんなところで話題にしてやってくださいね。


で、そんな皆様の声を集めるために設置している「シアター生駒掲示板」にも、観劇のご感想を書いて頂いているんですが・・・
最近、この掲示板が荒れてます

まぁ、いわゆる「スパム」ってヤツですよ。
「お金あげます」「もらってください」っていう類い。

ホントにくれるなら、劇団まで制作費送ってくれって話なんですがw

この書き込みの管理が、携帯からはちょっと面倒でね・・・
削除できないまま放置というのもアレだから、とりあえずネタでレスをしたんですよ

こんな具合に↓
rakugaki.jpg
ところが、そのことで犯人は調子に乗ったのか、少し目を離してる間に、新たなスパムが10発ぐらい投下されてましてね
もう、疾風怒濤の勢いで、削除してやりましたよ
ざまぁ、みやがれ!w

もう、やるんじゃねぇぞ!
絶対、誰もひっかからねぇんだかんな!!


・・・しかし、このスパムってのも、要は宣伝なわけでしょ?

どこぞの宣伝部長さんが「宣伝にやりすぎという限界はない」と仰ってましたが、(「キングコング対ゴジラ」参照)
しつこくメール送ったり、ブログ更新したり、ハガキ送ったり、チラシ投函したり・・・と、いろいろやりつつも、不快に思われないさじ加減はキープしたいなぁとw

掲示板も、皆さんに気持ちよく使って頂けるように管理していきます。


公演当日にご協力いただくアンケートを始め、皆様からの声は、我々の励みです。

どんなタイミングでも結構ですので、シアター生駒に忌憚のないご意見をお聞かせください。



【えす☆らじ】#45 2014.08.27. ゲスト:シアター生駒

 2014-09-17
完全に事後紹介になってしまいましたが、「まほろば」の告知で出演した「えす☆らじ」がyoutubeにアップされました。
本放送は、8月末だったんですが、アップは本番終了後の15日・・・
まぁ、こればっかりは仕方ありますまいw

【えす☆らじ】#45 2014.08.27. ゲスト:シアター生駒


ちなみに公演当日も、EVENT-STATION.のキタハシさんが来て下さり、ブログで触れて下さってます。
本当に、お世話になっております。

開始5分40秒のタイミングで登場していますが、今回は全編に渡って観て頂くと、より楽しめるかも?
「まほろば」には直接出演しなかった、私と、坂尾知香ちゃんの暴れっぷりをご覧くださいw

公演後、シアター生駒掲示板に寄せられた御意見の中に、受付スタッフの対応を褒めて下さってるものがありましたが、知香ちゃんもそこで頑張ってくれた一人。
「あぁ、受付にいたコかぁ」と、思い出して下さるといいんですけど。

彼女は、喋りが得意ジャンルなので、折角だから、終演後のアナウンスをお願いしました。
この手のは、タケオの独壇場でしたが、これからは変わってくるかしら??

打ち上げの席で、熊本先生に「彼女は不気味やで」と、けなしてるのか褒めてるのか、良く分からない事を言われてた坂尾さんw
何にせよ、早く演技しているところを見てみたいですねぇ。


ところで、「えす☆らじ」の番組中、「まほろば」とは違う芝居をドサクサに紛れて告知しているのですが・・・

ESさんの「五月雨の夜に吼える犬」のチラシと共に、「まほろば」のパンフに挟みこまれていたソレに、お気づきにはなったでしょうか??

さて、役者休業中だった私の、雪辱戦なるかw

詳細は後日に・・・!





生駒は国の「まほろば」

 2014-09-16
IMG_0798.jpg
9月13日~14日にかけて上演された、シアター生駒第26回公演「まほろば」

無事に上演を終了いたしました。
御来場下さった皆様、本当にありがとうございました!!

ちなみに、上の集合写真は、「メニュー」に載せたものとは、ダブルキャストが反転しております。
本番でも、違いはクッキリ出たのではないかなぁと・・・

そのあたりの分析も踏まえ、しばらく、このブログで振り返ってみたいと思いますが、

まずは、皆様へのお礼をば・・・!

観て下さったお客様
マイサポをはじめ、各所で支えて下さった皆様

本当にありがとうございました!!


【観て観て観てね!!】「まほろば」千秋楽

 2014-09-14
ちがえて
かのセリフ言うとか
くなもんじゃねぇ
~か!


「まほろば」であいうえお作文つくったら、それこそ「ろくでもないモノ」になってしまいましたw


さて、初日が終わりまして「まほろば」遂に千秋楽
これを逃したら、もう、おしまいですよ!
初日ご覧になった皆様も、キャストパターンを替えて、是非もう一度観てみて下さい
芝居は日に日に変わるナマモノですから


では、最後の宣伝に、14日のみどころをば!!


高升さんのミドリは、
初登場時に驚くべき事をして、マオを震え上がらせます
お客さんも騒然!


松原さんのヒロコさんは、
あることをやって、ミドリに「やめて、それ」と言われます
目を背けたくなる、「それ」とは!?


マオのえりんちゃんは、
Berry Style Office official Blogで紹介されました
遊びに割きたい時間を稽古に参加し、今では芝居を楽しんでくれている・・・!
おじさん、嬉しくなっちゃって、終演後、ロビーにてサイン会を検討しております


中西さんのキョウコは、
終盤に、ある扮装をしますが、当人が是非写メに撮ってもらいたいと申しておりますので、終演後ロビーにて撮影会を実施しようとしています。
ただし、間違っても上演中は撮影しちゃいけません。


ユリエちゃんのユリアのポイントは、
最後の場面の「声」です
さぁ、男性諸君!
君も一緒に御輿を担ごう!!


マエチヨのキョウコはバナナを使って何かやります
皮で滑って転ぶなんて、古典的な事はやりません
何かやります


タケオのユリアのポイントは、声もですが、「足」です
昨年「美魔女エクササイズ」で、この一年鍛え続けました
(ちなみに昨年の子役たちが何名か観に来てくれましたが、ちゃんと楽しんでくれたようです。危惧しすぎだったかな?)


そして、岡さんのタマエさんが食べる「とあるお菓子」
魔法の粉の力で、辛さが初日の十倍です!
その後、セリフは喋れるのか!?



以上、非常に雑ではありますが、私なりに期待値をマックスに底上げしてみました
さぁ、みんな、おいで!今回は、ホントに凄いぜ!!

何せ「まほろば」はコメディー!!
面白くない筈がない!!



そして、面白さというのは、お客様が増える分、その声によって倍加するものです。
(これまた雑な例えですが、バラエティ番組で笑い声を上乗せしてたりするでしょ?)


皆様、「まほろば」に沢山のお友達を連れて来てください
そして、いっぱい笑って、一緒にキュンとしてください
舞台の空気とお客様の空気がひとつになって、シアター生駒のまほろばは生まれます


一人でも多くの方に、この作品を観ていただけますように・・・!

mahoro final
御来場、お待ちしております!!


シアター生駒 第26回公演「まほろば」
9月14日(日) 11時開演(B) 15時開演(A)

作:蓬莱竜太(第53回岸田國士戯曲賞受賞)
演出:熊本 一

【Cast】
ミドリ(藤木家の長女)・・・高升君枝
キョウコ(ミドリの妹)・・・前谷治世恵(A出演)・中西康子(B出演)
ユリア(キョウコの娘)・・・竹尾万菜(A出演)・岡 友里恵(B出演)
ヒロコ(ミドリの母)・・・松原政代
タマエ(ヒロコの姑)・・・岡 昌美
マオ(近所の子ども)・・・江戸えりん(客演)

会 場 南コミュニティセンターせせらぎ せせらぎホール
(近鉄生駒線 南生駒駅下車 徒歩約5分)


まほろばでお待ちしてます!

 2014-09-13
まほろば
それは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味・・・

シアター生駒 第26回公演「まほろば」
いよいよ、本日と明日が本番です!!!

mahoro uhi
・・・って、おいおい、随分さっぱりした舞台だなと思われたあなた。
これは、11日の仕込み終了時の写真。

実は、一度、ちゃんとセットの立て込みはしてるんですが、照明の仕込みが次の日だったため、照明のバトンを下ろす時に、ぶつかってしまう装置は、設置場所を確認した後、外してしまったのです。

もちろん、12日のゲネが始まる前に、仕込みは完了したので、今はもうこの状態ではありませんが。

mahoro butai
昔ながらの日本家屋なセットが組まれているわけですが、ご覧のように、本来の舞台から、更にかさが高くなってます。
そのため、前の3列分ぐらいの席からは、正直、芝居が見づらいです。
観客席のちょうど、中央あたりが、ベストポジションではないかと思いますので、観劇時はそこを狙ってみては・・・?

mahoro anana
ところで、この舞台端から飛び出したコレは何・・・??
実は、これが終盤にかけての・・・

おっと、それは、本番の舞台で確認して頂きましょう!


果たして、舞台セットの全貌は??

物語の行く先は・・・??

4世代6人の女達、全てが主役の物語

誰に感情移入するも、どの目線で観るかも、それは、ご覧になる貴方次第!!


御来場、お待ちしております!!!





読売新聞でシアター生駒が!

 2014-09-12
10日に行われた「まほろば」の最終稽古を、読売新聞さんが取材して下さいました

YOMIURI ONLINE 「女優だけの初コメディー」

実際の紙面でも、かなり大きなスペースが割かれていて、写真もカラー!
11日の朝刊の掲載に間に合うよう、大急ぎで記事を上げて下さいました。
本当にありがとうございます!!

これでまた、奈良県内の皆様に、広くアピールできると良いのですが・・・


ちなみに、この日の稽古
記者の方が帰られた後も、ずっとシャッター音が鳴っておりまして・・・

カメラ小僧の正体は、私です
実は、会場のロビーで、稽古場風景の写真を掲示するのを思いつきまして、急遽、大量に撮影したのであります。
これまでの稽古場写真も織り交ぜて、50枚近く掲示します。

今回、ホール内への入場は開演30分前からですが、
チケットの販売開始は、それよりも早めにスタートする予定です。

ロビーで、そのまま、お待ちになる場合もあると思いますので、その間のお楽しみにして頂ければ・・・
(観劇前でもネタバレには、ならないと思いますので、ご安心を)


そして、今回の公演は、先にご紹介したように、「奈良県大芸術祭」参加作品
gaido sento
受付には、部数限定ですが、こちらのガイドブックも無料配布しております。
是非、お持ち帰りください!

皆様のおこしを、心よりお待ちしております!!

今日は、いよいよゲネプロだ~~!!



「まほろば」前売券予約、受付中です!!

前売券は、劇団員から直接ご購入いただけるほか、
電話(090-7107-3973 代表:高升)または
劇団メールアドレス(theaterikoma@yahoo.co.jp)でも
ご予約いただくことができます。

ご予約名と必要枚数をお伝えください。
(お問い合わせも、上記の連絡先までどうぞ)

前売り予約をして頂くと、当日券1500円のところを、1000円で御鑑賞いただけます。



「まほろば」総仕上げのW通し

 2014-09-09
「まほろば」
残り稽古回数

あと1回!!

とうとう、ここまで来てしまいました

本番の丁度1週間前に当たる、9月7日(日)の稽古は、Aチーム(前谷・竹尾出演)・Bチーム(中西・岡出演)両方の通し稽古を行いました
これは、互いのチームの仕上がりを観せておくという理由もありますw

せっかく、両方そろうんだから、稽古風景もたくさん撮れば良かったんですが、残念ながら、それどころでなく・・・


この日は、終盤の稽古だからといって、まとめに入らせる訳ではなく、「やってないことは、全部やれ!」と言わんばかりに、役者に何かけしかけるような空気がありました。

それによって、これまでは出たことの無いような演技が続出!
段取りが変わってしまって、他の役者が混乱してしまうこともw

ある人の芝居がグッと変わると、それを受ける芝居も、それまでと同じではいけないんですよね。
これだけは、何とかしないといけない。

しかし、全体のテンポは、この日の稽古が抜群によく、何度も声出して笑ってしまいました。
(そう、写真撮る暇はないが、笑ってる暇はあるw)

もう、今回は、ホントにおもしろい!

演出助手として、淡々とこの芝居に関わってきましたが、ここに来て「出演していない」ことへの嫉妬も混じって参りましたw

明日の最終稽古、ゲネ、そして、本番を迎えて、この芝居はどう進化していくのか・・・!?

乞う、ご期待!!

(チケットの予約はお早めに!当日券より500円お得です!)


「まほろば」前売券予約、受付中です!!

前売券は、劇団員から直接ご購入いただけるほか、
電話(090-7107-3973 代表:高升)または
劇団メールアドレス(theaterikoma@yahoo.co.jp)でも
ご予約いただくことができます。

ご予約名と必要枚数をお伝えください。
(お問い合わせも、上記の連絡先までどうぞ)

前売り予約をして頂くと、当日券1500円のところを、1000円で御鑑賞いただけます。




【客演のご紹介】江戸えりんちゃん【マオ役】

 2014-09-08
さて、今回の「まほろば」の最終兵器!
「近所に住む子ども・マオ」の役で出演の、江戸えりんちゃんをご紹介!!

えりんちゃんは、現在中学生
(どうでも良いですが、ここ3年ぐらいの間で、シアターの芝居に未就学児童・小・中・高・大学生が、全て出たことになります)

各世代の女性が競演する、「まほろば」という芝居において、11歳のマオ役にえりんちゃんがキャスティングできたことは、非常に大きいです。
大人の女の人に興味が出だした、微妙な時期の子を、絶妙な感じで演じてくれています。

今の追い込みの時期になれば、演出も言いたいことはいっぱい出てくるのですが、えりんちゃんに関しては「治外法権」w
当人の、感覚・持ち味をそのまま生かそうという方針にしています。

・・・まぁ、そうは言っても、やはりダメ出しはするんですけども、すぐに修正できる柔軟性がある子で、ここにきて、ますます、セリフの出し方とか、タイミングも掴んで来たんじゃないかと思います。


ところで、キャスティング決定直後、最初に紹介した時とは、微妙に名前が違っているんですが、
(もう、既に修正済みですけど)

コレは「この度ご結婚」とかでは、勿論なくて・・・w

実は、東京にある芸能事務所に所属して、新たに芸名が付いたのです。

それが、証拠に、ホラ、下のページをご覧なさい!

ベリースタイルオフィス タレント紹介

ね、実はタレントさんなんですよ!

シアター生駒でも、初なんじゃないですか?
こういう人の参加ってのは

先のページの写真を見ていただければ分かりますが、
スラッと身長の高い、スタイルの良い子なんだわ、コレが。
他の役者は、話しかける時、「子ども相手」という意識から、ついつい屈んでしまうのですが、そんなことをしなくても目線は合うという・・・w


さぁ、全国の美少女ファン、必見!!
あなたは、未来のスターの初舞台を生駒で目撃する!!



「まほろば」前売券予約、受付中です!!

前売券は、劇団員から直接ご購入いただけるほか、
電話(090-7107-3973 代表:高升)または
劇団メールアドレス(theaterikoma@yahoo.co.jp)でも
ご予約いただくことができます。

ご予約名と必要枚数をお伝えください。
(お問い合わせも、上記の連絡先までどうぞ)

前売り予約をして頂くと、当日券1500円のところを、1000円で御鑑賞いただけます。






≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック