スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

継続はなんとやら

 2013-11-30
だいぶ冷え込んで参りましたが、場所によっちゃ初雪まで降ったところもあるらしく、いよいよ本格的な冬のスタートという感じですね。

それもその筈、今日で11月はおしまいなのです

と、いうことは・・・


お~、11月30日間連続更新達成だぁ!!
(11月のアーカイブはこちら


「ヘングレ」が終わったあとの惰性でやってしまった感のある、この更新w

まぁ、「イラストだいしょうかい」だとか「WEBラジオ」といった企画もので半分は使ってるわけですが、「研究公演」への繋ぎという役目は一応果たしたかな?

ところがですねぇ、この連続更新の記録は、そう長くは残っていかないのですよ。


いやぁ、「稽古スケジュール」を入れたのはしくじったなぁw

これは、情報の更新の度に、掲載日を新しい日付に改めていくんですよ。
だから、今度、稽古スケジュールを改訂したら、「11月28日」だけ記事が歯抜けになってしまうというわけ。


まぁ、別に良いっちゃ良いんですがねw


ちょっとした達成感も無いわけではないですしねぇ
何をやっても続かなかった私が、まさかの三十日坊主

明日から12月なので、連続更新を堂々とストップしようと思います!w
とはいうものの、更新はマメにしていこうと思いますので、引き続きチェックしてくださいね。

急に寒くなっちゃいましたので、ちょっと身体を壊し気味です。皆様も気をつけて!



スポンサーサイト

稽古スケジュール、公開!

 2013-11-29
あまり、このブログでは需要が無いと思っていたのですが、稽古スケジュールを掲載する事にしました

「シアター生駒 稽古スケジュール」

勿論、劇団員にスケジュールは伝わっていますが、外部から稽古見学を希望される方もいらっしゃるので、その参考として、分かりやすいように公開した次第です。


それに、今はシアター生駒を離れてらっしゃる方も、このブログを見て下さってますからね。

先日も、とある方から「見てますよ」という、嬉しいコメントをいただきましたが、そういった方々に「いつでも、遊びに来て下さい」って意味も込めて・・・w



メニューの「☆稽古スケジュール」から飛ぶ事が出来るようにしてますし、情報が更新される度に、最新の記事として表示されるように設定していきます。

今日の稽古どこだっけ?という劇団員も、こちらから御確認どうぞw



ちなみに、時間・場所の穴は多いものの、稽古の日にちだけは一応、すべて列挙しております。
というわけで、「研究公演」の本番の日程は、およそ見当がつくかな・・・??w



エコな芝居づくりを考える

 2013-11-27
むかしお化け「古いお化けは新しいお化けに比べてエネルギー消費も少ないんです、つまり古いお化けはエコなんです」(「現代語狂言 ひゅ~どろろ」より)




新しいお化けのエネルギー消費が、どう高いのかはイマイチ分かりませんが、エコを心がけるというのは、現代においてとても大切なこと。


生駒市が、市内のスーパーと協定を結び、来年6月には市内の全スーパーでレジ袋が「有料」になるそうです。

レジ袋なんてのは、ゴミ袋などに重宝したりしていましたが、アレの原料は石油。
今のペースで石油を使い続ければ、40年後には使い切ってしまうという計算結果を出してる人もいるそうですから、今すぐマイバックに移行しても、全然構わないんでございますよ、奥様。


芝居を作っていく上でも、いろんなものを消費します。

制作上、一番多用するのが「紙」ですかねぇ

台本、チラシ、ハガキ、チケット、諸々の打ち合わせのレジュメ、パンフレット、アンケート・・・
芝居を一つ終えると、毎度、大量に裏紙の山ができます
(前売券を積極的に売っているのは、集客人数をある程度読めるようにして、当日のパンフなどの部数を、過不足無く用意できるようにしたいという理由があります)


パソコンで打ったデータを添付ファイルで皆に送れるようなご時世

シアターの団員内でも、台本や楽曲のデータを送ったりしていますが、デジタル化できる所は、デジタル化した方が良いのかもしれませんね


デジタルチラシ、デジタルアンケート・・・
まぁ、要するに電子メールってことなんですがw


ただ、皆様への公演のお知らせが、メールというのも、何だか味気なく温かみが無いような気がします。
結局は、パソコンで打って印刷してるものなんですけどね・・・w

単純な情報だけではなく、芝居の雰囲気なども伝わるようにしなければならないわけで、やはり手にとって感じていただくことが一番ですからねぇ・・・



じゃあ、あとデジタル化できるのは、台本ですか?

皆、一つずつノーパソを開いて本読みをする・・・
う~ん、今度は節電の問題が引っかかってきそうですねぇ
そもそも、ウチみたいな劇団は、皆がパソコン使えるわけじゃない

第一、パソやiPadを持った状態では、半立ち稽古もままなりませんしね
スマホでも、多分無理

セリフを早く覚えないといけない!って強迫観念にかけることができそうですが、台本には様々なことを稽古中に書き込みしていかなければなりませんからねぇ

紙を使わないというのは、やっぱり難しい



まぁ、あまり極端なことは考えず、少しずつできることを実践することですね。
台本はなるべく両面印刷にするだとか。

そんなこんな考えながら、現在、「研究公演」の台本準備中
第1回目の来月7日の稽古で、まずは全作品の本読みからスタートです




先生、お願いいたします!

 2013-11-26
次回は「研究公演(仮)」と題してお送りしますと告知しましたが、本公演以外の形式で上演するのは、でまえ公演以来になりますね

会場は、大ホールで大規模に!とはいきませんが、普段ではやらない、ちょっと違う雰囲気になりますよ




さて、勉強にあたっては「先生」が必要と言い残して、WEBラジオを挟みましたが、今回の演出を担当して下さるのは、菊川徳之助先生です!

菊川先生は「夫婦レコード」で演出と中村康夫の二役をやって以来の参加。
ご多忙の中、時間を割いてくださいました。
「ヘンゼルとグレーテル」は2日とも客席でご覧になって下さったのですが、お客様の一人に「夫婦レコードのお父さんですね?」と声をかけられたそうです。劇団員の顔がお客様に認知されるって、良いですね)


近畿大学の舞台芸術専攻で、教鞭を執っていらした菊川先生。
今回の企画で、これ以上の適任はいない!と言えますね。

今から、稽古に入るのが大変楽しみです!
(一部メンバーには、稽古終わりのお楽しみもありますがw)


今回の研究公演はオムニバス構成になりますが、その中の一編として、菊川先生がお書きになった作品も上演予定です。
どうぞ、お楽しみに!


シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART4>

 2013-11-25
<1><2><3>ときて、

WEBラジオ第5回、これがラストパートです。

シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART4>


先日告知した、らくらく演劇塾の公演をここでもご紹介
(続報はこちらのブログをどうぞ)

「ヘンゼルとグレーテル」の残り2曲もしっかり流しております。
「美魔女エクササイズ」は岡さんバージョン)



まとめて、全部お聴きになる方はコチラ!



さて、明日からは、「研究公演」の続報だい!!

シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART3>

 2013-11-24
<PART1><PART2>ときて、<PART3>までやって参りましたが、この件が最も「反省会」らしいブロック

10月19日1回目の上演時に発生した「クッキーマン無言事件」

お父さんこと紀村さんを大弱りさせた、この事件の真相とは・・・?

シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART3>



ところで、今になってですが、お父さんの役で紀村さんが出演するって事、このブログでは特にプッシュしていなかった気がします。
勿論、キャスト表には載せていたんですけどね。

何せ「ひゅ~どろろ」以来、皆勤賞ですからねぇ。
客演とはいえ、「おなじみ」だった紀村さん。
殊更言わなくても、と思ってしまったのかもしれません。

宣伝不足の感はありますが、ファンクラブの方々は来て下さったんでしょうか??w

紀村さん、今回のアクシデントに懲りず、また遊びに来て下さいね!


シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART2>

 2013-11-23
昨日のつづき~!!

ここでは、主に、「ヘンゼルとグレーテル」の話の筋をどう決めていったかについてトークしております。
劇中写真もチラホラ出てきますよ。

シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART2>


ちなみに、この<PART2>でまだ、完結しちゃいないんだなw

後々、告知なんかも出てまいりますので、要チェック!


あ、告知と言えば、マエチヨが照明やる劇団挫折の芝居は、今日明日本番!
「ヘングレ」のパンフにも挟みこんでたチラシ、ドえらいデザインだなぁ・・・、と思ってたんですが、先日EVENT-STATION.さん観に行った時に、チラシ作った御本人とお会いする事が出来ましたw

長く芝居やってりゃ、色んなトコで繋がってくるもんですね。



シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART1>

 2013-11-22
シアター生駒WEBラジオ、ようやく第5回

今回は「ヘンゼルとグレーテル」大反省会スペシャル

「別に告知番組じゃないから」
「場繋ぎ企画だから」

と、開き直った上で今回は喋っております、私とタケオ。

果たして、「えす☆らじ」での反省は生かされているのか?w

今回は、長尺だった第1回並みに長いです。
なので、相変わらず分割放送でお送りします。

今日はとりあえず、その1本目

シアター生駒WEBラジオ 第5回 <PART1>


中途半端なところで終わってますが、つづきは、また明日
やっぱりネタが無いから、引っ張るぜ

さぁ、<PARTいくつ>までいくんだ??w

次回は「研究公演」!

 2013-11-21
いよいよ、次回に向けて動き出したシアター生駒

来年の一発目を飾る公演となるわけですが、今度は、「夫婦レコード」やファミリー劇場のような、本公演の流れからはちょっと外れます


今のところの仮題ですか、「シアター生駒 研究公演」として、お送りしたいと思います。


研究・・・


要するに、劇団員の勉強のための公演です。

じっくり作品に向き合い、役者としてステップアップをするために・・・

・・・まぁ、毎回そうしようとはしてるんですがw

舞台の構造としては、比較的シンプルな演目に挑戦し、それこそ身体一つで、演技力だけで勝負をしていこうと思っております。
(だから、バージンロードも歩かない、エクササイズも踊らない、映像も使わない。多分ね・・・w)

作品をじっくり読み込むということで、今回は創作劇ではなく既存戯曲。
短編数本のオムニバスという形をとりますが、詳しい演目・日時・会場は追ってお知らせいたします。


さて、勉強するためには、やはり先生が必要なのですが、今回ご指導いただく先生は・・・


おっと、次の稽古が来月7日だから、情報は小出しにするぜ!!w








ヘングレメイキング写真集(小道具編)

 2013-11-20
「ヘンゼルとグレーテル」メイキング後編~~!

「ヘングレ」では、様々な小道具が用意されましたが、どれがどこにあるか管理するのもまた大変。
舞台裏の棚は、こんな具合になっていました。
0006_large_large.jpg
主に、子役含めたクッキーマン関係でまとまっていますが、どれがどのシーンで出てきたか分かりますか?
最上段には、燦然と輝く、スーパークッキーマンメットが!!w

0102_large_large.jpg
クッキーマンと言えば、こちらの「賞味期限ラベル」
パソコンでつくったのを印刷して、両面テープを貼っただけの代物ですが、一応、製造年月日は・・・あ~適当だw

そして、小道具と言えば、何といってもお菓子!
シアター_0067 シアター_0073 0004_large_large.jpg
ホントはもっと山盛りでも良かったんだけど、これ以上食ったら糖尿に・・・いや、コレは食べれないやつだった。
でも、大きなクッキーもチョコレートも、ご覧の通り、かじったら欠けるようになってたんですよ。

しかし、お菓子はこれだけに非ず!!写真の様なモノホンも使われました。
SN3L0058.jpg
ヘンゼルとグレーテルが、口の周りをクリーム塗れにしてカブりついたのが、コチラ!
どうすれば、うまく顔がよごれるか・・・、稽古のたびに、このクリームたっぷりケーキを用意して、試食・・・もとい試行錯誤をしておりました。
ちなみに、右側の白いのは岡さんお手製の生地を焼いたもの。
他のメンバーは、稽古後にこの残りをつまみ食いするのが、ちょっとした楽しみだったっていう。
シアター_0085 シアター_0086
果たして、ヘンゼルとグレーテル、これで体重は・・・おっと、それは言っちゃあいけない話だったw

あと、モノホンと言えば、お菓子の家の初登場シーンには、ファンを使ってバニラの香りを散布していたのですが、客席の皆さんは気付いたかなぁ?
さすがに、後ろの方までは届かなかったと思いますが・・・甘~い匂い、しましたか??


そして、今回の小道具・・・と言っていいのかw
舞台装置以外で、もっとも大規模だったものがコチラ!
SN3L00550001.jpg
クライマックスの炎の大魔女!!

SN3L0053.jpg SN3L0056.jpg
SN3L0052.jpg SN3L00540001.jpg
こちらは本番の10日前、松原さんが作った顔、高升さんが作った両手に、炎をイメージした赤い布を取り付けているところです。人と比較したら、そのサイズの大きさが分かるでしょ? この後、安田さんの工房に運ばれ、操作用の棒が取り付けられます。

そして、本番当日・・・

「大魔女様、入りま~す!!」
0037_large_large.jpg
0033_large_large.jpg
0035_large_large.jpg
布で連結された両手と顔を、3人がかりで操作する大魔女は、かさばるんだけど、狭いところを出ハケせねばならず、移動だけでも大変でした。これまた、操作は狭い裏側から行っていたので、ハッキリ言って、舞台上はどうなっていたのか分からないままやってたっていう・・・w

で、実際の舞台上の様子がコチラ!
シアター_0571
白煙と共に姿を現した、ラスボスっぽさ全開の大魔女様!!

かまどに突き飛ばされた魔女が炎の怪物となって逆襲してくるのは、別に戦隊の怪人巨大化から発想してる訳ではなくw(魔女を大きな人形で表現するというアイデアは高升さんから出たものですし)、作劇上、お父さん・お母さんが助けに来るのを描く必要があったためです。
かといって、魔女を突き飛ばす前に、お父さん達が来ちゃうと、グレーテルの見せ場が一個無くなってしまうのでw、魔女様は「一旦倒されてまた出てくる」という形に相成った訳です。

SN3L0086.jpg
ちなみに、コチラは終演後の大魔女様・・・

実は、大魔女の顔のベースは、松原さん所有の特大の「梅干しざる」だったのです。
あそこまで、加工しちゃったら元に戻せないんじゃないかと思っていたのですが、ちゃんと復元できたそうです。
上の写真は、ザルを抜き取られた抜け殻というわけ。

既存の物でない小道具の大多数は、松原さんがほとんど一人で製作したもの。
いやぁ、松原さんこそ、ホントの魔法使いかもしれない。


以上、公演からちょうど1ヶ月後にお送りしたメイキング集でありました。

本日から動き出す、次回公演をお楽しみに!!






≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。