レコーディング♪ シンガー生駒

 2013-09-30
先の日記のオチで触れた通り、26日は「ヘンゼルとグレーテル」の劇中で使う歌をレコーディングしました。

今回作られた歌は全部で3種類。その全てを一気に録りきりました。

当初の台本上にあったのは1曲だけだったんですが、いつの間にやらこんな事に・・・
カオリン、仕事増えてゴメンねw


1曲目は魔女のソロ!
ただ、今回の魔女は岡さんと松原さんのダブルキャストなので、当然ながら歌の方も2パターン録る必要があるわけです

大元の歌のイメージを台本に書き、出来上がってきた曲に最終的な歌詞をハメたのは私ですが、随分と難易度の高い歌になってしまったなぁ~と、作曲家とも話しておりました。
今の歌謡曲のテンポと児童向けの歌の雰囲気の間を取った、良いバランスではあるのですが・・・

お二人とも、歌うのに大分苦労されてましたが、魔女を演じた上で歌ってもらいましたので、キャラソンとしては非常に正しい形になったのではないかと思います

二者二様の個性が立つ歌になりました

当然ながら、岡さん歌唱のバージョンは岡さん出演の回、松原さんのバージョンは松原さん出演の回にしか、それぞれ流れません。

どちらもご覧いただいて、魔女の演技合戦・歌合戦を堪能していただけると嬉しいです。



さて、2曲目は竹尾さんのソロ

元々は1曲目のバージョン違い程度の扱いでしたが、膨れ上がって独立した曲に格上げ

完全なソロではなく、私も所々入る場所があるのですが、歌の馬鹿馬鹿しさに我ながらツボってしまい、一回吹き出してNGを出してしまいました。自分で考えたのにねw

まぁ、それを除けばテスト録りと本番の2回で済みましたけど




そして3曲目は、この間紹介したエンディングテーマ「ぼくのおうち」

「ラストを飾る、元気の良い歌にしなきゃ!」
「でも声を張りすぎると、ぼんちおさむさんみたいになってしまう!」

前日の稽古で清水さんに受けたアドバイスを思い出しながら、何度も歌い、そして確認の繰り返し・・・

「○○の声しか聴こえんなぁ」
「立ち位置変えようか」
「私の声は入らなくて良いです」
「いやいや、ダメでしょ」
「最後の伸ばすとこ、汚いわぁ」
「もうええんちゃうの」
「岡さん、自分のソロの時のこだわりはどこいったんすか」
「私もおうち帰りたい~」


音響の照島さんから「岡さん、どれだけ自由なんですか」とツッコまれながらも、何とかレコーディング作業は終了w
あとは、編集をしていただいて完成となります


考えてみれば、この日に全曲の確認をしたのは、照島さんと私だけなんですよね
早く、皆に聴いていただきたいなぁ・・・

曲があると無いとでは、稽古の時のイメージの掴み方も違ってきます。
27日以降の稽古では、他のBGMやSEも流しつつ進めています。




さて、舞台で使う歌を何故あらかじめレコーディングするのか?
舞台上で歌えば良いじゃないかと思う方もいるでしょう

なんでそうしないのか

役者は歌に専念できないからです
そう、歌以外の何かをやっているということ

以前のファミリー劇場であらかじめレコーディングした例と言えば「帽子屋さん」の時の中盤でのダンスシーン
歌のテンポが徐々に速くなり、ダンスもそれに連れて加速する・・・
激しい動きで息がもたない故に、そこは口パクでとなった訳ですが、今回の場合は如何なる動きが付いているのか?


お~っと、これ以上は書けないぜ!

本番をどうぞお楽しみに!



スポンサーサイト

シアター生駒 次回公演を考える

 2013-09-26
「ヘンゼルとグレーテル」が終わる前から、次の話をするのも何なのですが・・・、
チケットは好評発売中です!!


そろそろ、ヘングレのパンフレットの入稿の時期


パンフレットってのは、次回公演告知の絶好の場所ですからね。

せっかくだから情報掲載したいということで、本番が近づくと、「次はいつ頃にするのか」「何をするのか」検討に入り出すものなのです。


誰が演出をするのか、誰を出すのか、色んなアイデアが出ていますが、個人的には充実してきた若手班で何かしたいかな?
小さな規模の短編とかで構わないので。


・・・そう、シアター生駒のメンバー、また一人増えそうなのです。



15年目の節目に、次へと繋がる流れが生まれているのは嬉しいことです。

「ヘンゼルとグレーテル」の取り組みが、その良い起爆剤になりますように・・・

さぁ、今日はこれから、挿入歌のレコーディングだ!!






お問い合わせ、ありがとうございます!

 2013-09-23
「ヘンゼルとグレーテル」に関する、お問い合わせが増えてきております。


生駒市の広報やこちらのページに掲載されるなど、露出が増えているためでしょうか。

前売券のご予約ですが、「4ステージある内のどの回を観るのか」という日時指定は、必要ありません。

ですので、予約後、どの回を観に来ていただいても結構です。

まだどの回に行くか決めかねている方も、まずはご予約いただいて、チケットを確保していただければと思います。
もれなく、特典のペーパークラフトも付いてきます!
(実際にお渡しするのは、当日の会場受付です。詳しくはコチラ!


さて、こちらのブログをご覧になってる方にお願いです。

ご予約およびお問い合わせは、なるべく、メールかお問い合わせフォームを使っていただけると助かります。
電話の方は、団員個人の携帯ですので、どうしても対応できない時間帯が出てまいります。
メールならば、即返信とはいきませんが、当日中にはご連絡いたしますので、どうぞご利用ください。


お問い合わせを下さる方の中には、シアター生駒の稽古見学を希望される方もいらっしゃって、この2ヶ月近い間に数名の方が来られました。

そして、そのうちの1人は、なんと入団という流れに・・・!
(パチパチパチパチ!!!)

まだまだ、新しい出会いがあるんですね。




さて、この新人さんはどういう形でお披露目となりますか・・・

戸田ちゃんのデビュー作と合わせて試行錯誤中であります。


「ヘングレ」上演時には告知できるかな・・・??






記念作でスペシャルな事といえば・・・

 2013-09-22
ここのとこ、毎週日曜は必ず雨模様。

今回の取り組み、強烈な雨男もしくは雨女がいるのか?

本番2日目が日曜日なので、それまでに犯人探しをしなければと思っていましたが、今日は何とか晴れになるそうで。
まったく、濡れずに稽古場へ移動できるというのは嬉しいものです。


さて、毎週日曜日の朝と言えば、スーパーヒーロータイム

今日と来週の仮面ライダーは、えらいことになってるそうで、最近は視聴が御無沙汰の私もちょっとウキウキしてるのですが・・・

え、何かって?

kamenrider.jpg
まぁ、簡単に言っちゃうと歴代ライダー大集合ってやつで・・・w
新旧合わせて15人のライダーが揃います。

この手の企画は長期シリーズを為し得た番組だけに与えられた特権ですが、実は、今回の「ヘンゼルとグレーテル」でも似たような事をやっちゃってる場面がありまして・・・w



いや、だって、うちも15年やってますからねぇ
平成のライダーシリーズより年数は長いです


記念作品でスペシャルな事をやるとなると、とりあえずコレだろってのは、私の悪い癖ですが、刷り込まれてしまったものは仕方ありません。
こういうのは、そのタイミングじゃないとできない事ですしね。




何のことだかさっぱり分からない方。
当日ご覧いただければ・・・いや、当日見ても分かんないかもしれないw
でも、最悪、分からなくても面白い様にはしてるつもりです。

その場面、稽古したのは昨日が初めてなので、まだ何とも言えませんが・・・w



15年の間に何回も足を運んでくれた方、初めて来られる方
双方に楽しんで頂けるように・・・

あらゆる所に余念のない、15歳のシアター生駒であります。




せせらぎホール、入ったぜ!

 2013-09-20
18日は、今回の取り組みで初めて、会場での稽古を実施しました。

これから、毎週水曜日は基本ホールで稽古が出来ます。

まるで科学特捜隊基地のような外観の南コミュニティセンターせせらぎ
SN3L00310001.jpg

そして、これがその中にある「せせらぎホール」
SN3L00330001.jpg
「ファミリー劇場」をこのホールで上演するのは「夏の夜の夢」以来。
まぁ、本公演としては「夫婦レコード」に引き続きという事になりますが。

今回はこの上にどんな舞台が組み上がるのか・・・?

SN3L00360001.jpg
この日は、照島音響さんにも来て頂き、BGMとSEを流してもらいながら通し稽古をしました。
もちろん、清水さん作曲のテーマソングも一緒に。

初めは私の頭の中、台本の上にしかなかったものが、いよいよ、具体的な形になってきたという感じです。


さぁ、本格的に楽しくなって参りました。


長かったねぇ~、ここまでw

本番まで後1ヶ月

 2013-09-19
「ヘンゼルとグレーテル」初日まで残りあと1ヶ月

SN3L00280001.jpg
舞台セットの寸法もハッキリ決まりだし、それに合わせての稽古も始まりました。
毎度おなじみバミリの養生用テープの登場。

既に稽古で決めていたことを、いろいろな要因から変更せざるを得ないことも沢山出てきますが、そこを臨機応変に対応しないといけないのも役者の仕事。
子役達だって、柔軟にやってるんですから、大人もがんばってくださいw


SN3L00210001.jpg SN3L00270001.jpg



ぼちぼち衣装も揃い始めました

台本上じゃ、いつの時代なのか、どこの国の話なのか、ボヤかしてるんですが、作品世界を構築する上で、衣装の力はとても大きいです。

先のマエチヨの記事でもチラッと載せていますが、10人の子役達の服も含め、用意する衣装の数は膨大!

間に合えば、パンフレットには衣装姿で写真を載せたいところですが、何とかなるかしら??




謎の円形

 2013-09-18
20130910_122816.jpg

稽古の終わった稽古場からパシャリ。
怪しげな円形が連なってます。これは何でしょう…。

ミステリーサークル?
タコの吸盤?
そういえば過去にこんな形のオリンピックメダルがありましたよね…。
そうそう、オリンピックといえば…

あぁ、すみません、脱線しかけました。

これは稽古終わりに衣装を作っている写真です。
今回は子役が多数出演しますので、衣装さんも大忙しです。
写真に写っているのは女の子用のスカートの生地。
円形で作っているので、くるっと回った時のふわっと感はそれはもう素敵だと思います。

子どもたちがどんな衣装で現れるのか、それは本番までのお楽しみでーす!

<前谷治世恵>

うたおう!ぼくのうち

 2013-09-17
SN3L00250001.jpg
今回の「ヘンゼルとグレーテル」のために、素敵なエンディングテーマができあがろうとしています。



タイトルずばり「ぼくのおうち」



そう、どれだけおかしの家が華やかでも、結局「ヘンゼルとグレーテル」は自分の家に帰るお話なのです。

この「おうちにかえろう」というテーマは、台本執筆段階で、演出の高升さんから提示されていたお題であり、今回、高升さんが書いたエンディングテーマの詞にも、それは表れております。

SN3L00240001.jpg
曲を付けてくれたのは、こちらも清水香織ちゃん。
できあがるまでには、かなり悪戦苦闘したようなのですが、その様子が彼女のブログに書かれてます。興味深いので、どうぞお読みください。

苦労してもらった甲斐あって、とっても素敵な歌になりました。
いや、ホントに。

芝居の最後を彩るこの歌は、上演前にこのブログで聞けるようにしようかなと思っています。
それこそ、みんなで一緒に歌っていただきたいので。

で、その歌なのですが、役者が舞台上で歌うのではなく、あらかじめレコーディングしたものを使用予定です。

で、レコーディングが今月26日・・・
そう、これが終わらないと、曲はまだ完成を見ないのであります。

本編の芝居同様、皆さんの心に届くものになるよう、がんばります!

さぁ、みんな、歌のレッスンだ!!



DM発送中

 2013-09-14
シアター生駒の前谷です。

もうすぐ本番まで残すところ一か月となります。
(…って、こうやって言葉にすると恐ろしい!)

そろそろダイレクトメールも発送しはじめ、劇団員一同宣伝活動に励んでいます。

さて、このダイレクトメールですが、どういった方に発送しているかといいますとぉ・・・


そうです!過去に公演を見に来ていただいてアンケートに名前と住所を書いてくださった方に送っています。

ただ、シアター生駒は旗揚げから15年!になりますので今まで名前と住所を書いてくださった方全員というのは膨大な量になります。
ですので、新しいデータを優先しながら毎回の公演に合わせてデータを抽出して決められた枚数で発送しています。

もし、今までダイレクトメールが届いていたのに、最近届かない…という方がおられましたら、是非とも今回の公演を見に来てくださったときに感想とともに名前と住所をアンケートへご記入ください。大変励みになります。本当に!・・・辛口コメントも大歓迎です。(と書きながらすでにドキドキ)

あ、逆にもう送らないでほしい、という方がおられましたらお手数ですがご一報くださいませ。

ダイレクトメールのデザインはチラシとほぼ同じになりますが、はがきサイズになり紙質も変わると少し印象が変わります。印刷屋さんから届いたダイレクトメールを見るたび、これが郵便受けに入るのかぁと思うとワクワクしてきます(テンション上がって写真撮っちゃいました)。
20130910_122658.jpg
今回の公演ではダイレクトメールがチラシについているクーポン券と同じ扱いになります。
前売り券をお持ちでない方は、ダイレクトメールかチラシをご持参ください。前売り料金でご鑑賞いただけます。



事前に予約をしていただきますと、当日ダイレクトメール、チラシを忘れても大丈夫!前売り料金になる上に、な、なんと・・・前売り特典を受付にてお渡しします!

前売り特典はかわいいお菓子の家ペーパークラフト!

予約をお勧めいたしまーす!!
(詳しくはコチラ!




今度のヘングレのあらすじは・・・?

 2013-09-09
今回の「ヘンゼルとグレーテル」、こちらの告知にもチラシにも「あらすじ」らしい事は全然書いてないのです。


なんでかって言うと、元が有名なグリム童話ですからねぇ
既に、どんなお話なのか御存じな方は多い訳で、改めて書く必要もなかろうっていう


勿論、原作の筋とは変えてるところもある訳ですが、そこを書いちゃうと、面白くないってもんですよ
・・・っていうのは、脚本家の思い込みかもしれませんがw


自分で書くってなった時に、原作に忠実にっていう選択肢はあんまり無くて、「シアター生駒のヘンゼルとグレーテル」をやろうと思いました。



で、まずは、いろんな「ヘンゼルとグレーテル」を見ることにしました。
なんでかって、既に出ている作品と被らないようにするためですw

絵本は勿論、短編アニメ、Vシネマ、中には志垣太郎と天地真理とがヘンゼルとグレーテルやってるのもあったりして・・・
とりあえず、youtubeで引っかかったのは、一通り見たのかなと。

あと直接は観ていませんがオペラ版のあらすじなんかも。

さすがにコレは被らないだろうと思ってチェックしてませんが・・・w
kohujtyf.jpg



元々の原作は、大変残酷なお話。

親に捨てられた子どもが、食べられそうになるお話なわけですから。

今回は、ファミリー劇場。

題材は何であれ、御家族で観て楽しんで頂けるものを・・・



話をどうイジッたかは、直接ご確認頂ければ幸いです。




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック