スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ヘンゼルとグレーテル」特典ペーパークラフトのつくりかた

 2013-05-20
くろいせんにそって、すべてのぶひんをキレイにきりとります
(「きりぬき」のところは、おうちのひとにカッターでやってもらいましょう)


SN3L1000.jpg
「いえのほんたい」を、⑩にのりづけをして、くみたてます
(①②⑧⑨は、「やまおり」しましょう)
(⑪⑫⑬⑭は、かるく「たにおり」しましょう)


SN3L1001.jpg
「えんとつ」を、③にのりづけをして、くみたてます
(④⑤⑥⑦は、「たにおり」しましょう)


SN3L1002.jpg
「やね」をやまおりし、きりぬいたばしょに「えんとつ」をとりつけます。
(のりは、えんとつの④⑤⑥⑦にぬってください)
(えんとつが差し込みにくいので、「きりぬき」の穴は少し大きめに切り抜いてください)


SN3L0003.jpg
「いえのほんたい」を、「どだい(おもて)」のきりぬいたばしょに、とりつけます。
(のりは、ほんたいの⑪⑫⑬⑭にぬってください)


SN3L00040001.jpg
「いえのほんたい」に、「やね」をとりつけます。
(のりは、ほんたいの①②⑧⑨にぬってください)


SN3L00050001.jpg
「どだい(おもて)」に「どだい(うら)」をはりあわせれば、かんせいです。


SN3L00060002.jpg
ヘンゼルとグレーテルの「かみにんぎょう」や「おかし」とくみあわせてあそんでね♪



スポンサーサイト

来週の今頃はしまうま模様

 2013-05-17
「ヘンゼルとグレーテル」のキャスティングも決まり、稽古も本格化しようという今日この頃

前回の稽古に関しても、色々書きたいのは山々なのだが、ちょっと待ってほしい

小柳さんは、現在それどころではない!

客演する芝居が、もう来週に迫っているのだ!!


第五回奈良演劇祭
CrossRopeLife「しまうま模様」

5月23日(木)19:30 25日(土)15:30 26日(日)15:30
王寺やわらぎ会館(JR・近鉄王寺駅から徒歩5分程度)
前売・当日共に1000円 (中高生500円 小学生以下・60歳以上無料)

【作・演出】
新居達也

【出演】
大倉久実(劇団キラキラ座)
小柳 亮(シアター生駒)
潮崎由紀
西河里菜
西野夏穂


いつぞやの日記で書いた、意外な共演者というのは、「ひゅ~どろろ」でさめざめお化けや三角お化けを演じた大倉ちゃんなのですが、先日のファミリーまつりで再会した矢先、意外に早く来た、再共演となりました。

稽古場の様子が、奈良演劇祭のブログにも写真付きで載ってますが、こちらのレポートにもあるように、何を書いてもネタバレに繋がり、下手に何も書けないのが現状。


ただ、とりあえず言える事は、もっと段取り良くして、テンポ良くしないと与えられた時間枠に収まらない・・・

演劇祭って、同じ舞台で複数の劇団が入れ替わり立ち替わり上演するもんだから、絶対持ち時間をオーバーしちゃいけない

でも、16日にやった通し稽古では、90分で最後までたどり着かなかったんですよね。セットの仕込みとバラシも含めて持ち時間90分なのにw


まぁ、通し稽古やったのは1週間前にして初めてだったので、次以降に何とか出来れば・・・

いや、なんとかしないとね

今回の芝居は、意外に私向きの要素がありまして、シアターの芝居じゃまず言わない台詞も多いので、楽しんでやっております

あと、1週間で追い込み、追い込み!




【ヘンゼルとグレーテル】出演子役大募集!

 2013-05-13
 次回公演「ヘンゼルとグレーテル」に出演してくれる元気な子どもたちを募集しています!
 いっしょに楽しい舞台をつくりましょう!!



・今回の公演は

10月19日(土) ①11時開演 ②14時半開演
10月20日(日) ③11時開演 ④14時半開演

 の全4ステージです。
 これら全ての回に出演していただく予定です。

・出演にあたりましては、夏休み以降に始まる稽古(日曜日の午後、西松ヶ丘集会所にて実施予定)と10月18日(金)夕方のリハーサルに参加していただくことが条件です。

・セリフを言う以外に、ダンスや歌のシーンもあります。

・募集人数は10人前後を予定しています。

・応募締め切りは、6月29日(土)とさせていただきます。
 090-7107-3973(劇団代表高升)、
 もしくは劇団メールアドレスtheaterikoma@yahoo.co.jpまで御連絡下さい。

・6月22日(土)に「子ども演劇ワークショップ」を実施します。イメージが掴めない方もいらっしゃると思いますので、この機会に、お芝居の世界を是非一度、体験してみて下さい。
 また、この際に、出演の有無も一度お聞きしますので、参加される方はその前にご検討のほど、よろしくお願い致します。



<注意点>
・ヘンゼル役とグレーテル役の募集ではありません。(役の詳細は出演決定後にお知らせします)
・出演にあたっての参加費(チケットノルマ、衣装代、レッスン料など)は無料です。
・稽古の際には、保護者の方の送迎を宜しくお願いします。

暗転・明転

 2013-05-12
「ヘンゼルとグレーテル」の台本を製本してしばらく経ちますが、ここに来て見つかる誤表記というのも少なからずあり・・・



例えば、14ページの1行目のグレーテルのセリフ

「こんなに沢山」の後の「に」は、いりません

消しといて下さい


あと、38ページのセリフの中にも、設定上おかしな台詞があるので、次回の稽古で訂正させてもらいます


以上、業務連絡でした



でも、この手のミスはまだ良いんですよ。

恥ずかしいのは、舞台用語の使い間違い。



4ページ・5ページなどで「暗転」と「明転」という言葉を並べて書いてるところがあります。



「暗転」ってのは、舞台を一時的に暗くして場面を転換すること
(「夫婦レコード」では王選手の記録ムービーを流して、暗転の時間を繋いでましたね)

で、この暗転の使い方は、別に間違ってないんだ。

問題は「明転」の方



暗転して暗くなった舞台を、再び明るくするって意味で、「明転」って表記をしてたんですが・・・

これがまた、とんでもない勘違い!



「明転」ってのは、暗転と同じく、転換作業を指す言葉で、お客様に見える明るい中で転換を行うこと

暗転のあとで明るくすることを表記する場合、どういう言葉が該当するかというと「全照」なんですよね。

この誤表記を、先日、北尾さんに指摘されるまで、私、全く気付かなかったんですねぇ。

転換した後、電気つけてまた転換って、なんなんだよ・・・

あ~、スタッフさんが混乱するような記述をしてしまいました。



でも、この「明転」の間違った使用って、大学の頃からやってた気がするから、10年近く間違い続けてた事になるんだよなぁ・・・

全照って言葉も、ちゃんと知ってたんだけど、どこでこう覚えちゃったのかしら・・・?

あ~、いかん!いかん!

こんな勘違いをしている若者を一人でも減らすため、私は恥さらしを承知でここに記します。



「明転」は暗い状態から電気がつく事じゃない!!


以上、舞台用語の基礎知識でしたw



歌って踊れる、ファミリー劇場の新曲!

 2013-05-11
ファミリー劇場は、「赤ずきんちゃん」「帽子屋さん」「ひゅ~どろろ」も、劇中のどこかに、キャストが歌に乗せて派手に舞う(?)シーンが必ず存在します。

華やかな場面をつくって、観に来て下さるお子さんたちに、より楽しんでもらおうという理由が大きいのですが、今回の「ヘンゼルとグレーテル」でも、それは求められると思って、台本執筆時にイロイロと考えました。

如何にも取って付けたかのように、ヘンゼルやグレーテルが「あはは~、とっても楽しいわ~♪」と歌い出すとかはイヤですからねぇw
何かしら、話の上で理にかなった出し方をしたかった訳です。

で、なんとか歌って踊れるシーンを思いつきまして、とりあえず歌詞だけは台本上に書いておきました。


そう、歌詞だけは・・・


今度の「ヘンゼルとグレーテル」は、原作ありとはいえ、シアター生駒独自の創作劇ですから、それ用に考えた曲は、当然自分たちで新しく作らなければなりません。
で、歌詞はともかく、曲はどうするの・・・?って話になるんですが、私だって、何の算段もなくオリジナル曲を作ろうなんて考えちゃおりません。


ちゃんと作曲を依頼する「アテ」がいたのであります。


・・・そのアテとは、劇団からっぽの代表、かおり~ぬ先生


奈良教育大の劇団キラキラ座における私の後輩で、ピアノ&ボーカルデュオYukKaorissimOのピアノ兼作詞作曲、いろんな劇団への楽曲提供など、関西を中心に活動してるコ。
大学卒業後も舞台に関わり続けている数少ない仲間の一人です。


台本が決定稿になる前から、オファーすることになるかもしれないと根回ししておいたのですが、今回、快く引き受けてくれまして、本当に感謝しています。


歌詞を預けて後はお任せでは決してなく、シアター生駒のイメージ・雰囲気に合った曲をつくろうと、稽古や打ち合わせにも度々足を運んでくれています。
シアター生駒のオリジナル曲をつくる甲斐があるというものですよ。
前回の稽古では、現時点での構想を曲の形で早速持って来てくれました。
(彼女のブログに、その時のことが載ってますので、覗いてみてください)

演出・脚本が好き勝手に注文を出して、意見を擦り合わす度に困らせることになるかもしれませんが、舞台を盛り上げてくれる良い歌が出来上がると信じております!



創作劇としての印象をより強くしてくれるであろう、オリジナル劇中歌。

果たして、どんな曲なのか?
劇中でどのような使い方をするのか?


皆さんも楽しみにしていてください!


シアター生駒の休日

 2013-05-04
レパ入りから、すぐ連休突入!

例年、ゴールデンウィーク中というのは、ファミリー劇場の約1ヶ月前にあたるので、そのうちの半分ぐらいは稽古で潰れるのですが、今年に関しては、次回公演「ヘンゼルとグレーテル」が10月上演。

というわけで、今回の連休はしっかりと休んでるシアター生駒であります。

しかし、なんだかんだで4月が終わるのは「あっ」と言う間でしたし、そうこうしてる間に本番が来てしまうのかな?と・・・

という訳で、次回稽古までに、台本ぐらいは繰り返し読んでおきなさいよ!

君たちが休んでいる間にも、キャスティング作業は極秘裏に進んでいるんだからねぇ・・・

ハッハッハ!

まだ発表はしないけどw



……というか、今回は誰が何役で出るのかは、チラシやブログにも書かないかも知れないなぁ。
出オチみたいな役名もありますしねぇw

元々の「ヘンゼルとグレーテル」に登場する人物は全員出してる筈ですが、+αの部分がどんな風になるかは、当日のお楽しみとして頂ければ……



で、くどいようですが、只今「子ども演劇ワークショップ」の参加者募集中です。

参加される方には、あらかじめ、ワークショップの詳細を郵送いたします。

これを機会に、「ヘンゼルとグレーテル」に子役としてキャスティング……という事も有り得ます。

たくさんのお子さんの参加、お待ちしています!


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。