大つごもりな舞台セット図案

 2011-09-21

この日記の前にコチラの「らくらく演劇塾」の記事からご確認ください。
なんと、今度は東京遠征ですよ。
本当に精力的ですねぇ~

しかし、お客さんも東京遠征・・・する訳にもいかないと思いますんでw、
お近くにお住まいのお知り合いがいらっしゃいましたら、是非ご案内頂ければと思います。

さぁ、関西のシニア芝居は全国に通じるか・・・!?



さて、初夏にクリスマスをやり、冬にお盆の話をする、季節感の無さには定評があったシアター生駒ですがw、
今回は珍しく、ちゃんと年末に大つごもり(大晦日)の話をします。

公演日は12月10日(土)
公演時間はいつもの時間と少し違いますので、改めてご案内いたします。
公演場所は北コミュニティセンターはばたきの小ホールを使用します。

で、その小ホールをどう使うかというのが問題なのですが・・・

securedownload.jpg

中村さんの中では、こんなイメージが浮かんでいるようです。

ホールの寸法資料などが手元に無い為、ココからいろいろ変わるようですが、
とりあえず、立ち稽古の際の参考になればと・・・

ネックは、やっぱり井戸なのかな・・・?


「大つごもり」、現在、読み稽古を1回終えたところです。

年末までに、セット共々しっかり、つくりこみたいと思います。






スポンサーサイト

今回はらくらく演劇塾からの投稿です

 2011-09-21
お世話になります。らくらく演劇塾です。

全国シニア演劇大会まで、あと10日あまりとなりました。

東京参加メンバーの練習も、毎回熱を帯びてきています。

DSCF0074.jpg
特に今回「あの人は帰ってこなかった」の方は、らくらく初挑戦になりますので、
汗だくになりながらの稽古です。

DSCF0080.jpg
「恋、おばあちゃんの」の方も、回は重ねていますが、毎回かわる演出のダメに
出演者一同、試行錯誤を繰り返し、あたらしいお芝居に挑戦しています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


全国シニア演劇大会2011
9月27日(火)~10月2日(日)
場所:池袋・シアターグリーン Big Tree
全16公演 1公演:1200円

らくらく演劇塾の公演は
最終日の10月2日(日)14時半から



どうぞ、宜しくお願い致します。

ちょっとだけ「帽子屋さん」名場面集

 2011-09-17
前回公演「帽子屋さんのお茶の会」

登場するのは、<不思議の国のアリス>の劇中人物だった筈ですが・・・

公演_030
何故か出てきた「赤ずきんちゃん」w

アリス役者の世代交代劇
シアターには珍しく過去公演(#13#19)からネタを拝借した訳ですが、如何でした?
・・・というか、覚えてらっしゃいました?w

公演を長く続けてるからこそ、やれるネタなんですが、コレだけで終わらなかったんですよねぇ


公演_065
サド侯爵夫人・・・?

待て待て、シアターじゃやってないぞ、ソレはw
あの客席にいたうち、何割分かったんでしょ?
三島由紀夫の戯曲からいきなりの殴り込み

公演_184
数を重ねるごとにテンポアップした「お茶の会だ♪」ダンス
皆、コレでもか!って笑顔をしてますが、正直しんどかった筈w

公演_484
ラストシーン、帽子屋さんに子守唄を歌って聞かせる・・・誰なんでしょう?
後ろから皆が見守ってはおりますが・・・



毎年同様、生涯学習サークルの活動報告発表があり、
杉本さんから写真の用意を頼まれました。

とりあえず、先にここで使ってた2枚と、この4枚の写真を渡しますが、
多分全部は使わないと思うので、チョイスは杉本代表次第。


さてと、どれが選ばれるかしら??







大つごもりって知ってるかい?

 2011-09-15
大つごもりって、そもそも何か知ってるかい?

・・・知らないかい?

じゃあ、知らない君たちに教えてあげよう。


「大つごもり」っていうのはねぇ、12月31日、・・・つまり大晦日のことなんだ。


樋口一葉の短編小説「大つごもり」は明治の中ごろの大晦日、東京を舞台に展開されるお話なのさ。


どうだい? すごいだろ?


さて、変なテンションで書くのはこの辺にして、
今回の公演「大つごもり」は、いつもの制作体制とはちょっと違う感じで臨みます。

チケット販売の事など、おいおい、お知らせしていきますが、
今回も、シアター生駒公演をどうぞ宜しくお願い致します。

子役募集も開始致しましたので、是非、チェックしてくださいね。

あと、劇団員紹介も、各自の写真をアップしましたので、御覧下さい。
「帽子屋さん」のスチールからチョイスしましたが、なんか、ドヤ顔っぽいのが多い・・・w
特に悪意はありませんw


【お芝居好きな子、集まれ!】「大つごもり」出演子役募集

 2011-09-15
前回の第21回公演「帽子屋さんのお茶の会」では、
小学生の照島悠介くんが、もう一人の帽子屋さんとして出演。
不思議な余韻を残す形で、ラストシーンの一人舞台を演じきってくれました。

公演_501

「ぼくのししょうはしちょうです」とかパンフレットで書いてましたが、最後に全部持って行きましたね、この弟子は・・・w


さて、今回の公演「大つごもり」でも、一つだけ子どもの役「三之助」という登場人物が存在します。

前回の「帽子屋さん」では、子役にセリフはありませんでしたが、今回の三之助には・・・

「姉ちゃん、これ、おっかちゃんが・・・(と、ふところ深く突っ込んだ手紙を引き出し、渡す)

・・・というセリフが一つだけあります。
出演シーンは、台本にして2ページ分ほどの分量があり、その間、他の登場人物としっかりお芝居をしてもらう事になります。


この三之助を演じてくれる子役を、今回は劇団外から募集したいと思います!

出番は少しだけですが、大きな舞台に立てるチャンス!
お芝居に興味のある子は、是非挑戦してみてください!!

以下、募集要項です!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<第22回公演「大つごもり」 三之助役 募集>

◎条件
・毎週土日に生駒市内で行われる稽古に参加できる。
・12月10日(土)の北コミュニティセンターでの本番に出演できる。


 ※全ての稽古に参加する必要はありません。
 ※稽古場にはディアーズコープいこま集会室、生駒市中央公民館山崎別館などを使用します。

◎対象
小学3年生~中学1年生


参加してみたいというお子さまがいらっしゃいましたら、
是非、シアター生駒までお問い合せください。
こちらから、更に詳細(来ていただく日程等)をお知らせいたします。

応募締切は、10月1日(土)までとさせて頂きます。
御連絡、お待ちしております。



<お問い合わせ先>
劇団メールアドレス theaterikoma@yahoo.co.jp
メールフォームもご利用になれます







第22回公演「大つごもり」

 2011-09-15
シアター生駒_表
2011年12月10日(土)上演
1回目:11時00分開演 2回目:14時30分開演(開場は開演の30分前)

会場 北コミュニティセンターISTAはばたき 小ホール

入場料 1000円(前売り・当日清算共に)


【Staff】
作:樋口一葉

演出:高升君枝

演出助手:岡 昌美
舞台監督:中村暢宏
装置制作:安田幸二(夢工房)
照明:北尾利晴
音響効果:照島佳宏
衣 装:木村恭子
小道具:松原政代
制作:杉本 進・中西康子

【Cast】
山村嘉兵衛・・・杉本 進
あや・・・岡 昌美
石之助・・・小柳 亮
せつ・・・竹尾万菜
初代・・・前谷治世恵
みね・・・中西康子
しん・・・木村恭子
うた・・・松原政代
車夫・・・ノブヒロ
みつ子・・・仲 凛々愛



【あらすじ】
山村家の奉公人・みねは、お暇がもらえたため、初音町にある伯父の家へ帰宅する。そこで病気の伯父から、高利貸しから借りた十円の期限が迫っているので、期間延長のための金銭を払うことを頼まれ、みねは山村家からお金を借りる約束をする。
大晦日、山村家の総領である石之助が帰ってくるが、ご新造は石之助と仲が悪いため、機嫌が悪くなり、みねはお金を借りる事ができなくなる。
みねは、仕方なく引き出しから・・・

【解説】
観客動員 258名
演出・高升君枝により台本の脚色が行われた。
観客からの評判も上々で「良かった」「泣いた」などの声をたくさん頂いた。

※本公演の制作日誌はコチラ!!

シアター生駒_裏

CIMG3759.jpg

次回公演決定!!!

 2011-09-14
さて、更新が滞っていましたが、とうとう年末の公演が確定致しました!!


2011年12月10日(土)に2ステージ

演目は・・・

樋口一葉作「大つごもり」!!


今回は、ファミリー劇場と違って、大人の方対象になると思いますが、

はてさて、どのような舞台に仕上がるか・・・



明日、詳細を発表しようと思いますので、乞うご期待!!


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック