スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

帽子屋さん、メインビジュアル

 2011-04-28
IMG.jpg
こんなんできましたけど!



こんなハガキが間もなく、シアターのこれまでのお客様のお手元に・・・



スポンサーサイト

お茶の会の歌の稽古の回

 2011-04-17


嘘っぱち記事を最後に半月放置してしまったシアター生駒ニュースです。
(いや、団員紹介とか、微妙に追加してるんですけどね。岡さんとか)

「帽子屋さん」の稽古はというと・・・

私事ですが、最近、仕事がお忙しくて、稽古の出席率が悪い悪い・・・
出番が物語後半で、ダンスも歌もする事がない市長にキャスティングされたのは本当に正解といえます。
(この点に関しては、タマタマだけどね)

そう、今回はダンスあり歌ありで非常に賑やか
それ用の稽古時間を設けないと、やってらんないよ~てな感じ

歌なんか、専門の先生に来ていただいたりしちゃったりして・・・

でも、こっちの稽古の様子はオイラ行ってないから、誰か書いてくれ~~~~!!!w



劇中で歌う曲数が、オリジナルの台本よりも数曲増えちゃってんですよね。
何でかってのは、おいおい説明しますが・・・



さてさて、今日のお昼からは芝居本編の稽古

とりあえず、先週は三月兎の衣装合わせに市長が一人悶絶してました
(いやいや、ファミリー劇場ですから、露出がどうとかそういうのじゃありませんが)

アリスやシチャ猫の写真とも合わせて、写真撮ってあるんですが、
アップするのはもうしばらく先にしますか。

今日も観れることを期待しつつ・・・って、参加動機が不純だぞ、市長さん!


暴走気味の記事ですが、徹夜明けのテンションはいつもこんな感じ。


さて、稽古前に何時間寝れるかな・・・?w





4月1日になりました!

 2011-04-01
4月突入です!!!

さて、この春、シアター生駒は、おかげさまで創立15周年を迎えます。


本当に、長きにわたり応援していただきありがとうございます。
これからも、20年、30年、50年と頑張って参りたいと思う所存です。


思えば、劇団が立ち上がったのが、1998年


それから、20回に渡り公演を続けてきたわけですが、
取り巻く状況も刻々と変化し、
今は大きな転換期を迎えて・・・



・・・ん?




えぇ・・・、




はい。




算数の苦手な方でもお気づきかと思いますが・・・


そう、2011-1998=13


15周年はまだ2年先です。



はい、軽いエイプリルフールです。






いやね、だって今年はすごいんですよ。


完全に、私や某団員さんの息子さんの趣味の話になりますけどねぇ、
仮面ライダーもスーパー戦隊も、みんな○周年や○作品記念で大集合してるんですよ。
(まあ、東映60周年ってタイミング重なってるのが大きいと思うんですが・・・)

今日なんか丁度、仮面ライダーの全員集合映画の封切り日でしてね。
私も早速、見に行きますが・・・(どうでもいいです)


で、劇団大阪も40周年でいろいろやってるじゃないですか。

竹尾さんが一郎って男の役(またかいw)で出る、シニア演劇大学
あれも、40周年企画の一環でしょ・・・?


そんな流れに乗っかってみたかった訳ですよ。
盛り上がりたいなぁ~ってw

シアター生駒も何か、ビシッと祝わなきゃ!





でね、大々的にやるなら、考えとかないといけないと思うんですよ、・・・そう、今から。


10周年の時、記念公演を準備してはいましたが、実は諸事情で形になっておりません。
「次こそは!」と思いましてね。



で、やるならば、どんなのがいいか。



以下は完全に私、小柳の個人的意見・・・いや、妄想であります。
(シアター生駒の総意ではありませんw)



①今、主軸で動いている団員は勿論、らくらく演劇塾のメンバーや、過去シアターに関わった人もなるべく多く集めてきて、賑やかなものにする

②公式ファンクラブ(?)「シアター生駒 友の会」を、本格的に立ち上げ、15周年記念公演の制作に、いろいろな形で参加していただく

③シアター生駒オリジナルの戯曲で上演する(生駒ゆかりの実話、民話を元に・・・? 過去の公演のネタも散りばめる・・・?)


・・・と、まぁ、大まかには、こんな感じかな?


ね?
内容検討して、台本書いて、アニバーサリーイヤーになったら稽古開始ってなると、
2年ぐらい、準備期間、いるでしょ?


まぁ、お祭りとかで浮かれないで、堅実に実力付けていこうよってご指摘もあるかもしれませんが、
何か一歩ステップアップするための冒険として、いい機会ではなかろうかとも思ったりするわけで・・・


ま、何にせよ、今は「帽子屋さん」に集中ですね。

小ホールから大ホールに会場が変わったという事もあり、
どんなセットの構成にするか、頭をこねくり回しているところであります。


15周年の話は、何か現実逃避がしたくなった時の妄想として・・・w(オイ)





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。