第21回本公演「<不思議の国のアリスの>帽子屋さんのお茶の会」

 2011-01-18
img099.jpg
2011年6月18日(土)上演
①午前11時開演 ②午後3時開演(開場は開演の30分前)

会場 北コミュニティセンターISTAはばたき はばたきホール

入場料 大人 200円  小学生 100円
(当日、劇団側受付で直接お支払いください)


【Staff】
作・・・別役 実
演出・・・菊川徳之助

音楽・・・小森昭宏

演出助手・・・岡 昌美
舞台監督・・・杉本 進
音響・・・照島佳宏(フリー)
照明・・・植田悠子(フリー)
美術・製作・・・安田幸二(夢工房)
美術・・・中村ノブヒロ
小道具・・・松原政代
衣装・・・高升君枝

歌唱指導・・・高田優子
制作・・・杉本 進

【Cast】
帽子屋・・・高升君枝
三月兎・・・中西康子
チシャ猫・・・岡 昌美
使者・・・中村ノブヒロ
アリス・・・前谷治世恵
通訳・・・竹尾万菜
公爵夫人・・・松原政代
市長・・・小柳 亮
魔法使い・・・木村恭子

サド公爵婦人・忘れ女・偽の魔法使い・・・平 眞知子
覚え男・・・杉本 進

帽子屋・・・照島悠介



【あらすじ】
 今日は、何が何だか分からない森で、帽子屋さん主催のお茶の会が開かれる日です。帽子屋さんは「皆がお茶の会に出席してくれるか」「出席したらしたで、ちゃんと盛り上がって、お茶の会が成功するか」気が気ではありません。
 そして、お茶の会に集まってきたのは・・・
 東の国から来た使者、公爵夫人じゃない夫人じゃない夫人、眠りねずみ、アリスとその通訳、市長じゃないと思ってもらいたいが、市長だと知っておいてもらいたい市長、魔法使いのおばあさん・・・
 さてさて、どんなお茶の会になるのやら、どこかおかしいお茶の会の始まりです。

【解説】
シアター生駒 第6回ファミリー劇場
以前から劇団内でも再演の要望が強く、上演決定。
菊川徳之助による、前2回とは異なる演出が付けられ、シアター生駒では初となる「過去の公演からのゲスト出演」も行われた。(「赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス」より、赤ずきんちゃん、忘れ女、覚え男、魔法使いが登場。同公演の挿入歌も流用された。)
ラストシーンには、以前から稽古場に出入りしていた照島悠介くんが出演し、中西康子との初の親子共演となった。また、前谷治世恵の本公演初参加作品でもある。
なお、同時期に「劇団さざんか」が森田千秋演出で上演しているが、具体的なタイアップは行われなかった。

※本公演の制作日誌はコチラ!!

公演_409
スポンサーサイト

あけましておめでとうございます!

 2011-01-10
やってまいりました、2011年!

皆様、地デジ対策は万全ですか?


シアター生駒の2011年は演劇ワークショップから始まります。

講師は6月11日(土)上演予定の第21回公演「<不思議の国のアリスの>帽子屋さんのお茶の会」の演出も勤める菊川徳之助先生!!

1月12日(水)18時~21時
1月19日(水)18時~21時
1月26日(水)18時~21時

の計3回、実施いたしますので、皆様奮ってご参加ください!!



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック