稽古は、こんなんです。

 2010-08-23
kimです。
「困難!」ではなくて、今日は日頃の稽古の流れを簡単にご紹介します。

まず、ウォーミングアップ。
腹式呼吸で声を出す為に、腹筋、背筋を鍛えます。
その後各部分のストレッチ。
これらを念入りにした後、発声練習。
これはいろいろなやり方があるので、その時のリーダーによって違いますが、要は腹筋背筋で体に入れた息を使って声を客席に届ける訓練です。
みんなで輪になって、「むあああ~~~」とか「しゅう~~~」とか、大声で言い合っているのは、かなり不思議な図かもしれません。
滑舌(早口ことば)を何種類かやって、身体訓練の基本はおわりです。

公演が迫っている時はこの基本を30分程やります(切羽詰まると、それもできませんが)
余裕があれば、フロアを使って身体で表現する訓練やダンス、歌、エチュード(テーマを絞って寸劇などをする)もします。

今は、9月、10月、11月、と短編の公演の予定がありますから、基本の身体訓練の他、歌の裏声地声をスムーズに出す練習をCDの伴奏でして、公演の練習にかかっています。

何事も大切なのは、基本と楽しさ。
これからはゴスペルも身体訓練に入れていくつもりです。

「お芝居をやってみようかな?」と言う方は、気軽に覗いて見て下さいね!

スポンサーサイト

シアター生駒 でまえ公演

 2010-08-15
1998年の旗揚げ以来、シアター生駒は「演劇を暮らしの中に」をモットーにして、シェイクスピアや井上ひさし、そして「奇跡の人」など、幅広い作品を扱い、公演を続けてきました。
そして、この度、「演劇を暮らしの中に」を更に推し進めるべく、さまざまな場所に出張しての「依頼公演」を本格的に始める運びとなりました。公演をご希望の方は是非ご連絡ください


★公演内容・・・これからも語り継いでいかなければならない「戦争」をテーマにした2作品です



① あれから30年・・・
「あの人は帰って来なかった」
作:かたおかしろう  演出:熊本 一  上演時間:約30分


② あれから60年・・・
「西瓜と風鈴」
作:和田澄子  演出:高升君枝  上演時間:約40分



★会場は、公民館程度の広さがあれば充分です。詳細に関しては、相談の上、決めさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


<問合せ先>
劇団代表 劇団代表 高升(携帯)
 090-7107-3973

劇団メールアドレス
 theaterikoma@yahoo.co.jp

メールフォームもご利用になれます

映像で見るシアター生駒

 2010-08-08


明日からKCNにて、「奇跡の人」の放送が始まります。



KCNエリアワイド
 はばたき演劇鑑賞会「奇跡の人」


8月9日(月)
16:00~   24:00~

8月10日(火)
16:00~   24:00~

8月11日(水)
16:00~   24:00~

8月15日(日)
13:00~


なんと、合計7回も放送していただけるという・・・
まったくありがたいお話であります。


ビバKCN!!





あと、生駒市の広報番組「ラブリータウン生駒」でも「はばたき演劇鑑賞会」が取り上げられています。
こちらはyoutubeでご覧になれますので、下のリンクから飛んでください。


生駒市ラブリータウンいこま22年7月15日号(1/2)


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック