スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「奇跡の人」名場面集

 2010-07-25
奇跡の人__005
奇跡の人__007
奇跡の人__012
奇跡の人__015
奇跡の人__019
奇跡の人__020
奇跡の人__022
奇跡の人__033
奇跡の人__037
奇跡の人__040
奇跡の人__047
奇跡の人__048
奇跡の人__053
奇跡の人__067
奇跡の人__075
奇跡の人__078
奇跡の人__081
奇跡の人__089
奇跡の人__094
奇跡の人__096
奇跡の人__101


奇跡の人__106



スポンサーサイト

今後の稽古スケジュール

 2010-07-22
youtubeで「シアター生駒」と検索をかければ、
「奇跡の人」の映像が部分部分引っかかる今日この頃、如何お過ごしでしょうか?
(その映像をご覧になったという、河原さんのお母さん!あの○型は役作りです。はい)

KCNの放送まで、日が多少ありますので、劇中の写真、名場面集的にアップしようかなぁ・・・



そんな「奇跡の人」の取り組みも、先週で一段落いたしまして、
一応のまとめ・反省会を終えました。

近いうちにメールアドレスをアンケートに記入してくださった方々に、
遅ればせながら報告メールを送ろうと考えております。


今回の取り組み、いつもより、稽古がたくさんできなかったんです。
いや、稽古の回数自体はそこまで変わらなかったと思うんですが、
役者の揃いの問題です。

今回、客演をお願いした皆さんは、
かなりキツいスケジュールのところを、ものすごく無理して来ていただいてまして・・・
それでも、来れる回数に限度があったんです。

いや、それを承知で、出演をお願いしてるシアターは良いんですけど、
少ない稽古で何とか形にしないといけない、当の役者さんは大変です。

中には、前日のゲネが別の芝居とバッティングして、本番ぶっつけになった方もいたんですから・・・


しかし、その時間に余裕が無いと最初から分かっていたことが、
逆に良い集中力を生み出した・・・のかもしれないですね。

何にせよ、無事に幕をあげ、下ろすことはできたわけですから。



さて、今後の取り組みですが、
先日報告したシニア演劇フェスティバルと出前公演の本格的開始に備えて、
1月にやった「あの人は帰って来なかった」と「西瓜と風鈴」のレパ入りです。

実は、1月の時点と比べると、シアターの構成メンバーも多少変動しておりまして、
(休団状態になる方もいれば、新たに入ったメンバーもいる・・・)
キャスティングはかなり変更になります。

一部はダブルキャストになるらしいとも聞いておりますが、どうなりますやら・・・
(郵便配達夫をクビになり、「西瓜~」に回されるであろう私。何やら、不吉な予感がいたしますw)



働きながら芝居を続けるシアター団員
その職種も様々ゆえ、都合の良い時間も様々。


どのような稽古形態が、団員にとって適当であり、新たな団員を増やすことにつながるのか・・・


色々模索の時期であります。










第1回箕面国際シニア演劇フェスティバル

 2010-07-17
シアター生駒が、大阪府箕面市で開かれる、
シニア演劇フェスティバルに参加することが決定いたしました!
(ただし、あくまで「シニア演劇」ですので、「らくらく演劇塾」の一員としての参加ですw)


mi00px.jpg

第1回箕面国際シニア演劇フェスティバル

日程:2010年10月29日(金)~31日(日)
会場:箕面市立メイプルホール

出場団体
高齢者演劇集団「チャレンジャー」(静岡県・富士市)
アトリエ劇研「シニア劇団」(京都府・京都市)
劇団「すずしろ」(大阪府・箕面市)
らくらく演劇塾(奈良県・生駒市)
エルダーキャッツ(香川県・高松市)
のべおか笑銀座(宮崎県・延岡市)
これにどうやら、海外のシニア劇団が1団体加わるようです!


そして、シアターの団員が参加する演目は・・・、
今年1月の童話劇場でも上演した「あの人は帰って来なかった」

演出は、もちろん熊本先生

そして、キャスト3人のうち・・・

老婆・・・・岡 昌美
巫女・・・・高升君枝

このお2人は、前回から続投

郵便配達夫は、「奇跡の人」のトムおじさん役・中村賢治郎さんが演じます。
(前回の小柳は、年齢制限に引っかかりましたw)


これに関する最新情報も、逐一こちらで紹介していきます!





何か伝わったかな・・・?

 2010-07-05


まとめの記事を書かねばならないと思いつつ、
1週間が過ぎてしまいました。

そういえば、公演翌日の6月27日は、
ヘレンケラーの130回目の誕生日だったんですよね。
もっと、こじつけて宣伝すりゃよかったw

しかし、狙ってない事が逆に運命的なものを感じます。



シアター生駒公演「奇跡の人」

あのような悪天候の中、382名のお客様にご来場いただきました。

改めまして、御礼申し上げます。


今回はアンケートの回収率がとても高く、
劇団員一同、喜んでおります。

貴重なご意見をありがとうございました。

「感動しました」「涙が止まらなかった」など・・・
アンケートや直接伺ったご意見をまとめると、
概ね好評だったと、手応えを得ているのですが、
如何だったでしょうか・・・?


今回の公演、
毎年この時期恒例となった「ファミリー劇場」の名目で上演しましたが、
実は、子どもさんには少々難解なのではなかろうか?と危惧していたところもあるのです。
(小学校へのビラ配布の際、配る学年を絞る話が出たぐらいです)

過去のファミリー劇場でやった、「夏の夜の夢」や「赤ずきんちゃん」のように、
絵的に賑やかで、単純に楽しめる要素が多いというわけでもないですし・・・
(もちろん、2作とも、突き詰めればとても難しく、非常に深い話ですよ)


でも、ある方から伺った話では、

「子どもが身を乗り出して食い入るように見ていた」

と、聞きますし、

親子連れで来られたお客様からは、

「子どもも何かを感じ取っていたようだった」

とメッセージをいただきました。


特別子ども向けとしなくても、こちらから一生懸命発信していけば、
子ども達も何か感じ取ってくれるんだなと、改めて感じました。


親子室が2組ほどで一杯になってしまったなど、いろいろ対応を考えねばならぬこともありますが、
これからも、ご家族で楽しんでいただける良質な芝居を作り続けていきたいと思います。



さて、シアター生駒の次回作ですが・・・


実はまだ、決まっておりません。


その穴埋めといっては何ですが・・・、


8月に「奇跡の人」が全編ノーカットでテレビ放送されることになりました!!
(パチパチパチ~!)

2010年8月9日(月)、10日(火)、11日(水)の
夕方4時と深夜12時にKCNで放送されます。


午後3時の回(2回目)が流れると聞いていますが、
1回目と2回目では、細かいところで微妙な出来の違いもございまして、
どうせならいいとこ取りで編集していただけないかな・・・?と(笑)


まぁ、冗談ですが

生の舞台と同じ感動をという訳にはいかないかもしれませんが、

もう一度見たいという方、
当日見ることが出来なかったという方、
皆様、このチャンスをぜひお見逃しなく!!



・・・と、いうわけで、しばらく「奇跡の人」ネタで引っ張れそうですかね?





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。