小道具揃え、倉庫の整理(皆様へのお願いも・・・)

 2009-12-25
さて、久々に日記を書きますが・・・
もう、本番一ヶ月前なんですねぇ

そろそろ、衣装や小道具を揃えて、稽古をしなければならないのですが・・・


とりあえず、シアターの倉庫に行って、使えそうな道具を探してきました。

うわ~、グッチャグチャ・・・
091210_1357~01

とりあえず、一本目の「西瓜と風鈴」には仏壇とその周辺の道具がいるってことで、

早速、奥から引っ張り出しました
091210_1349~01


なんで、こんなものが倉庫にあるのか、入団3年目の若造には分かりかねますが、
色んな芝居で重宝するそうです(頭痛肩こりとか・・・)


この仏壇を、稽古で使ってみようという事で、代表のS本さんの車の後部座席(!)に押し込み、持ってった訳ですが、結局、仏壇そのものは、セット配置の関係で使わない事になりました。

まぁ、こういう事もありますよ、はい


でも、「そのもの」が出てこないだけで、劇中設定では、仏壇は「ある」っていう事になってますから、そこはうまく見せます。



さて、「西瓜と風鈴」

タイトル聞いて、お分かりと思いますが、夏真っ盛りの話

年明け早々、上演するのは8月のお話です。
盆と正月が一度にというのは、正にこの事!
(まぁ、前回も初夏にクリスマスをやっちゃいましたし・・・)


で、ここで困るのが・・・






西瓜も風鈴も季節もんだぁぁぁぁぁ!!!






どこ探しても、店頭に置いてない訳ですよ・・・

風鈴、皆で持ち寄らないと・・・
でも、今時、風鈴吊るしてるとこって、多くないもんね・・・


「あたし、風鈴持ってるよ」って方!
あなたの風鈴を、舞台デビューさせてみませんか・・・!?


あと、スイカ農家の方!
もし、1月に収穫をするという方がいらっしゃいましたら、ご一報ください!!

(まぁ、西瓜も風鈴も、某アマゾンで探せば、見つかったは見つかったんですが、予算を少しは抑えないと・・・。うわぁ、夢の無い話)




それから、大変なのが、なんと劇中に「オーボエ」が出てくるんです

多分、初回上演時にオーボエとそれを吹ける人がいたから、出てくる事になったと(私個人は勝手に)考えてるんですが、やはり、ホン通りに演じたいですし・・・

でも、こればかりは、買う訳にいかないですもんね・・・(十ウン万はしますから・・・)



高価なものですし、軽々しくお願いはできませんが、劇中の要所要所で登場する、大事な小道具です。


もし、お持ちの方で、貸すのを考えてもよいという方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけると助かります。
(連絡先は、お問い合わせのページに)


みなさま、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

生駒市シニア劇団「らくらく演劇塾」とは

 2009-12-06
CIMG2892.jpg
2005年、シアター生駒の指導のもと、北コミュニティセンターISTAはばたきにて「らくらく演劇講座」が開講されました(以来毎年募集)。
その卒業生13名で、シニア・主婦層を対象に立ち上げた劇団が「らくらく演劇塾」です。
(現在は20名の団員で活動しています)
昼の時間の稽古、年一回の「劇場公演」、老人ホームへの「でまえ公演」を行っています。

全国的にシニア劇団が盛んな今日、その先駆けとなった「らくらく演劇塾」。
「第1回箕面国際シニア演劇フェスティバル」「全国シニア演劇大会2011」、「全国シニア演劇大会in南アルプス」にも参加しました。
無題

<お問い合わせ先>
劇団代表 杉本 進(携帯) 090-6558-4010  

★らくらく演劇塾のブログはコチラ!!


◎らくらく演劇熟 上演記録

2005年
らくらく演劇講座、開講

2006年
第1回公演「海と日傘」

2007年
第2回公演「楽園終着駅」

2008年
第3回公演「二十二夜待ち」「かぶと虫」

2009年
第4回公演「家族百景 恋、おばあちゃんの」「海と日傘」

2010年
第5回公演「広島第二県女二年西組」
第1回箕面国際シニア演劇フェスティバル参加 らくらく演劇塾「家族百景 恋、おばあちゃんの」「あの人は帰って来なかった」 

2011年
第6回公演「昏れてなお銀杏黄葉の・・・ -フク婆さんの娘探し話」
全国シニア演劇大会2011参加 らくらく演劇塾「家族百景 恋、おばあちゃんの」「あの人は帰って来なかった」

2012年
第7回公演「水の手紙 ~群読のために~」

2013年
第8回公演「冬のアフリカ」
全国シニア演劇大会in南アルプス参加 らくらく演劇塾「水の手紙 ~群読のために~」
mizunotegami.jpg

2014年
第9回公演「やっかいな楽園」

2015年
10周年記念公演「父帰る/母帰らず」
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック