2006.10.29 また別の話

 2006-10-29
25日、フェンシングの練習に行ったら、本番で使うサーブルが届いていた。
芝居用に買ったとはいえ、試合に使用するモノホンである。
(1万○千円するらしい)
しかも、新品だからガードのとこなんかもうピカピカなのである。

本来ならピカピカの状態のまま本番を迎えたいとこなのだが、サーブルを持ったときのバランス感覚を覚えておかないといけないので、不本意ながらその日の練習から使用している。

この日の練習は前回から1週間開いていたのだが、カンを取り戻すのに大分時間がかかった。
やはり、そう簡単に習得できるものではないらしい。
このサーブルには本番を迎える前にかなり傷を作ってもらわなくてはならないようだ。

255248315_20.jpg
サーベルは今、明日の通し練習のため、我が家に持って帰ってある。
狭い自宅の部屋で、練習などできるはずもなく、アクマイザー3の気分で上のような写真を撮るのが関の山である。



さて、28日の「ハムレット」本編の練習、私は何にもできずに終わってしまった。
まぁ、私が出ているシーンなんか全体の半分以下だし、こんな日もあるだろう。

しかし、事前に出欠は確認してるんだし、その日にどのシーンがやれるかは見当が付く訳で、あらかじめ「次はこのシーンとこのシーン」って言ってくれれば、こっちも演技プランを練って行けるし、変に待たされる事もないわけで。まぁ、他のシーンも見ておかなきゃいけないってのは分かるけど、制作にはそういうとこしっかりしてもらわないと・・・


って、○○レット役の人が言ってました!!


でも、その気持ち、理解できるんです。
今日は「ウルトラマンメビウス」を家で観てから来れば良かったなと少し後悔しましたし。(すぐにyoutubeで観ましたけど)

んでもって、制作の人が予定組みに苦労してるのも傍目に見ててすごく感じます。
大学時代と同じなのか、来ない人ってホントに来ないし、ドタキャンはあるし。強制力のない市民劇団って、プロとは違う運営の難しさがあるのだなと・・・

ま、明日の通しではサーブル振るって暴れてやるたい。




・・・しかし、何もしなかった今回の練習。
何も無いでは問屋が卸さないのである。

来ましたよ、代表から新しい出演オファーが。
今度は3月か・・・
しかも今の市民劇団とは別団体?
何かしら慌しくなる予感だが、詳細はおいらも聞かされてないので、またの機会である。



【追記】
この時点で、稽古運営上の突っ込んだ話してますね。
毎回、ハムレット兄さんと、呑みに行ってたからだねw
でも、これは、今、演出助手をやってる時も気にかけてる事ではあります。

・・・そうなのよ
「ウルトラマンメビウス」は、メチャメチャ観たいシリーズだったのに、当時のシアターの土曜稽古は、夕方6時から。
メビウスの放送は、5時半からだったから、絶対観れなくて(でも、レオや80の客演回は理由でっち上げて、観てから稽古行ったなw)
後年、メビウスのDVDBOX買ったの、きっと、このせいだ。

ちなみに、最後の出演オファーとは、らくらく演劇塾の第2回公演「楽園終着駅」のこと。
あそことも、大概長いお付き合いです。

スポンサーサイト

2006.10.18 サーブルの注文

 2006-10-18
今週から1週間に2日の割合でフェンシングの稽古があります。
勿論、「ハムレット」全体の稽古とは別にです。
もう、時間作るのが大変。

とは言え、これ位の頻度で練習できる事に安心もしています。
プラスチックのオモチャの剣じゃ要領が全然違いますもの。

さて、フェンシングの剣には3つほど種類があるのですが、
今回はサーブルというタイプのものを使う事になりました。
20091106-剣三種
大きなガードの部分がそれっぽいでしょ?

サーブルの特徴は、突くよりも斬る攻撃の方が主流だという事。
他のものより動きが大振りになるわけで、冗談抜きにギャバンのレーザーブレードばりに立ち回る箇所も部分的に出てくるのです。

攻撃が有効になる面が上半身全てなので、攻撃を受け止めるには大きなフットワークが必要。否が応でも、これが一番舞台栄えする。

サーブルが選ばれた理由、何となく分かるでしょ?


17日の練習では、フェンシング部の顧問の先生からサーブルの基本動作を一通り教えていただきまして、あとは、身体が慣れるしかないかな?というところです。
とにかく右手が非常に疲れます。疲れてくると自分が攻めてるのか受けてるのかも分からなくなるぐらいでして。
練習中に二度ほどガードをしそこなったのですが、後で見たら軽く切り傷ができてました。

で、やっぱり防御の時に腰が引けてしまいます。
これだけはなんとかしないと、フェンシングの名手に見えません。
(引け腰のファイティングポーズが成功したのって、初代ウルトラマンだけだもんなぁ・・・)


本番で使う剣を注文したんですが、早ければ今日の練習には届くらしいです。
これでいつでもどこでも自主練できます。


夜勤の間、ロビーでやろうかな。


【追記】
他の日記を見てみると、お盆明けまではひたすら読み稽古だったらしい。
で、立ち稽古に入るや、姿勢のだらしなさを指摘され、「もう少し貴族らしく立ってくれ」と注文が。
あと、父の長話をオフィーリアと聞いているシーンでは、細かく動きすぎて「商人に見える」と言われてしまう始末だった。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック