スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「まほろば」名場面集 ~4ば~

 2014-12-23
1ば2ば3ば
公演_314
急浮上したミドリの妊娠疑惑
まずは、新田への確認を試みるミドリですが・・・
公演_315
なかなか、本題に入ることができません。
公演_319
順序がどうであれ、ミドリが閉経でなかったことに喜ぶヒロコさん。
公演_321
いやいや、まだわかっとらんけん!
ヒロコさん、さっきまでとは違い、えらいハシャギ様w
公演_326
そこへやって来た不審者・・・もとい、キョウコ!
買って来たのは「妊娠検査薬」!
公演_327
「キョウコちゃん、強盗んごたる!」
公演_331
検査をする前に、ミドリにはハッキリさせておくことが。
「もし、妊娠しとっても、私産まんとよ」
公演_335
顔はドラム缶のごたる、いっつも泣きそうな顔しとる、ポンジュースばっか飲んどる
・・・そんな新田とは結婚できんという・・・
公演_339
もし、妊娠したら母が喜ぶのが分かっている・・・だから、ミドリはあらかじめハッキリさせたのでした。覚悟を決め確認に向かうミドリ。
公演_341
ミドリが戻るまでの、2分近い時間を思い思いすごす・・・
(稽古中、2分間を計るのは演出助手の僕の仕事でした)
公演_342
DSに熱中するタマエさん。(脳トレのSEが使われてましたが、やたら正解するペースが速いんだw)・・・そこへ帰ってくるミドリ
公演_345
結果を確認するユリア「妊娠してる・・・」キョウコ「ウソ・・・」
二人とも、本当に妊娠してるとは思ってなかった
(ちなみに、マエチヨが稽古時にやったNGが「ホンマや」。それ、関西人のリアクションやw)
公演_346
タマエ「とりあえず、おめでとうって事かね」
公演_348
取り乱すミドリ。「仕事したかと!絶対無理やけん!」
公演_350
ヒロコさん、もはや、藤木の家のことは持ち出しません。
「でもよかと?アナタの子供なのよ、今親なのよアナタ」
公演_353
「あなた、一歩間違えたら閉経やったんだから!」
泣き出してしまうヒロコさんと、一方で妊娠検査薬に興味を示すタマエさんw
公演_356
そのたかだか800円の検査薬に妊娠してると言われても、受け入れられないミドリ
ヒロコ「本能のあるでしょ!産みたかっていう本能よ!」
公演_360
遠くに聴こえる男達の神輿の掛け声。
それに耳を傾け「よかねえ・・・何か気楽で」
公演_362
ヒロコは閉経になったとき、自分が確実に死に向かっている事を意識したという。
「まだまだ早か早か、ね、ミドリ」
公演_364
タマエさんは、ヒロコの母親としての頼もしさを称えます。
「もしこん家の途絶えても、誰もアナタば責めたりしませんよ」
公演_365
ヒロコさん、再び涙です。そして、ミドリにも・・・
「あなたが、どぎゃんしたかとか・・・そいだけ」
公演_370
「ちょっと上着着ようかな・・・」
さっき、キョウコが羽織ろうとした上着を、受け取る気になったユリア
公演_374
ますます近づく神輿の声。外を眺める女たち
公演_376
「祭りの日に妊婦の二人もやってきた」
ホントだと顔を合わすユリアとミドリ

その後、ミドリは庭に出て、昨夜自分が掘った穴に近づきます。
そして、ユリアも・・・

ここから、神輿の掛け声と、ものすごい大音響が!
そして、光(台本上では「見えない何か」)が家全体を包み、二人を射抜く!!

公演_377
公演_379
公演_382

公演_384

公演_388
公演_390
公演_392
公演_403
公演_405
悲鳴に似た声を上げ、お腹を押さえるユリア。
気づかうキョウコに「え?・・・うん、大丈夫」
公演_407
マオの身体も、子どもを産むための準備が始まっていた。
初潮を迎えたマオにミドリがかけた言葉は「・・・おめでとう」

公演_411
シアター生駒、2014年の本公演「まほろば」
最後までご鑑賞ありがとうございました!!



スポンサーサイト

「まほろば」名場面集 ~3ば~

 2014-12-15
公演_658
会社の上司・新田からの電話に出ていたミドリ。ダメダメな新田に「いっちょん使えんねぇ!」
2場までは、ほとんど標準語だった東京住まいのミドリもすっかり故郷モードに。
公演_664
重いビールケースを担ぐマオに、手ぶらのユリア。
キョウコからのツッコミが入りますが、幕間にお腹の写真を見たマオの配慮です。
公演_671
今夜は、祭り後の男達をもてなさねばならない。
ある事無い事、噂を立てられないように、ヒロコさんはユリアを二階に隠そうとします。
公演_674
「ねユリア!仕事何やっとると?」
ブランド物に身を固めて帰ってきたユリア。事務のバイトぐらいで買える筈が無いのです。
しかし、キョウコさん。聞くタイミングがおかしいw
公演_683
男の人に買ってもらったと白状し、その人と別れて帰ってきたというユリアは泣き出してしまいます。ここでも、マオのフォローが・・・
公演_685
公演_689
公演_693
気分を切り替え、皆総出の準備が始まります。
名前の書かれたお箸をリレーしていく女達ですが、そのドサクサに紛れ・・・
公演_698
ユリア「私、妊娠した!!」w
公演_702
「キョウコ、やっぱり血だわ・・・」
若くして妊娠し、しかも相手は妻子持ち・・・ヒロコさんもこうなりますわね。
公演_705
そこへ、通りすがりのタマエさん「よかとじゃなか、ここで産めば」
叫ぶヒロコ「よかわけなかでしょ!!!」
公演_709
相手がどこの誰か追及するキョウコ。
高いものを買ってもらい、お金までもらっているユリアに、援助交際を疑います。
公演_711
「お互い好きなら援助交際って言わないでしょ?」
いやいや、ユリア、聞く相手が違うでしょw
公演_718
初めはおろす気でいたユリアですが、お腹の中の写真を見たら気持ちが揺らいでしまったのです・・・
公演_719
そこへミドリが腰を上げます。「じゃあ、産むか!」
公演_723
閉経になってしまったミドリは、「産めるときに産め」という
若くして産み、父親無しで苦労したキョウコは「おろせ」という
公演_728
ユリアを挟んでの意見のぶつかり合いは、やがて取っ組み合いに・・・
公演_733
ヒロコの一喝で一旦離れる二人。
キョウコは母親として、娘に同じ苦労をさせたくは無いのです。
公演_735
ユリアに「当たり前の家族生活」を望むキョウコに対し、そんな風になるのは五分以下というのが、ミドリの見解。現に、ミドリもキョウコもそうなってはいない・・・
(余談:ココで言う五分とは勿論50%の意なのですけど、キョウコ役の中西さんは5%だと解釈しておりましたw)
公演_742
再び、二人はヒートアップし、こんな状態に・・・そこへ
公演_744
お菓子を持ったタマエさんが、入ってまいります。
ホントに狙ってないのかしら・・・??
公演_750
タマエさんは、1場冒頭で目撃していた、親子の話を聴かせます。
泣いている男の子を、お母さんがヨシヨシしながら歩いている様子を、事細かに・・・
タマエさんが言いたかった事とは・・・
公演_760
タマエ「私って、目のよかねって」
公演_761
・・・え?終わり?「終わりですよ」www
公演_766
おばあちゃん曰く「ただの世間話」
けど、ユリアに子供を産めと暗に言っているのか??
公演_769
「私はひひ孫見たかとですけど」と言い残し去っていくタマエさん。
ユリアも、それを受けて二階へ上がります。
公演_772
そこへミドリの携帯がなる!相手は、ミドリの元彼??
「清水さん、ホラ、出らんね!」
公演_776
渋るミドリに業を煮やし、遂にヒロコさん「はい、もしもし」ww
公演_777
ヒロコから携帯を取り上げ、電話をしにいくミドリ。
ヒロコはキョウコに、ユリアと東京に住む提案をしますが・・・
公演_784
「どげんしたら、よかとやろ・・・」キョウコに、いろんな感情が押し寄せてきます。
公演_794
清水さんはイタリアに行くとかで、くどくど電話口でイロイロ言ったそうで・・・
公演_799
さっきから、ミドリの手帳を見ていたマオ。
ドクロ(生理)の無くなったのは、ハート(デート)のシールのあとである事に気付きます。
再浮上する妊娠疑惑。
公演_809
その日は、清水とデートはしておらず、代わりに新田を連れまわして呑んでいたというミドリ。
新田とは何も無かったのか?と指摘され、「そういう事があったら覚えてる」と返すミドリですが・・・
公演_811
実はミドリは、呑むと記憶が飛んでしまうタイプ。
昨晩も酔っ払って帰ってきて、庭に素手で穴を掘ったのですが、当人全く記憶にあらず!
公演_816
あんげんことやっても覚えとらんなら、セックスの一つや二つ忘れてても不思議じゃなか!
キョウコとマオが満面の笑みで追い詰めますw
公演_817
え~~~~~~~うそでしょ!!?
普段からクソミソに言ってる新田とそんな事になってるなんて、耐え難い事実
公演_822
調べたほうがよかっちゃなか?
マオの意見に従い、キョウコはあるものを買いに出かけますが・・・

つづきは、4場
次でいよいよ完結です!!

「まほろば」名場面集 ~2ば~

 2014-12-07
公演_088
夕方・・・マオのトランプの相手をするミドリ
キョウコは、突然帰って来たユリアに、緊張している様子

公演_092
ユリアは、ヒロコにしばらく家に置いてほしいと頼む
どうやら原因は、男・・・?

公演_095
「よかとじゃなか?おらしてあげれば」
狙っているのか、タマタマなのか、絶妙のタイミングで通りすがりのおばあちゃんw

公演_105
キョウコに後継ぎは任せられない。
「ミドリさん、やっぱりアナタしかおらんとよ!」

公演_106
しつこく迫ってくるヒロコに、とうとうミドリが白状する。
「私、婿を連れて帰ってきても意味無いですから」

公演_113
生理があがってしまったというミドリ。
そこへマオのまさかのセリフw「閉経んこと?」「閉経やろ?」

公演_116
皆はミドリの妊娠を疑うが、当人にその覚えはない。
「セックスしとらんって事やろ?」・・・って、ハッキリ言うな!w

公演_117
ミドリの手帳には、生理の日にドクロのシール、デートの日にはハートのシールが・・・
これが、後の展開のカギを握る??

公演_122
慌てて、家庭の医学を引っ張り出してきたヒロコさん。
(でも、ここだけの話、家庭の医学に「閉経」って載って無かったんだよなぁ・・・)
公演_127
40代のミドリには、閉経は決して異常な事ではない。
「ほら、ほら、終わるって!」
公演_129
「いいえ!終わっとりません!ミドリは終わっとりませーん」

公演_132
「私、別に平気だもん・・・生理が終わったって。生理が無いのってすっごい楽よ!」
公演_133
「・・・いや、黙られても」

公演_139
もしかして、閉経が原因で彼氏と別れたのか?と痛い所を突かれたミドリ。
突然、うつ伏せになってしまう・・・
公演_140
続いてヒロコさんも、うつ伏せに・・・
その隙を突いて、ユリアがヒロコに近づく
公演_144
キョウコはユリアとマオに挟まれタジタジ・・・

公演_149
タマエさん、お菓子の袋を持って、再び登場
公演_152
タマエさん、ハバネロが大好物なのですが、いざ食べると、この辛そうな顔w
マイサポいこまPR動画のハバネロネタは、勿論ここから引用)
公演_158
マオにもハバネロを勧めるタマエを、慌てて止めるキョウコ
公演_160
「どこん子?」
いや、おばあちゃん、ユリア!ユリア!
公演_170
勢いで妊娠してしまう最近の若者に苦言を呈するミドリ
ところが、タマエさんも、実はできちゃった結婚!!?ww
公演_174
「でもね、無事な子供の生まれてくるかは、本当に心配しとったと・・・いっぱい死になすったもんね」
ブログ上ではあまり強調してきませんでしたが、この芝居の舞台は長崎。
70年近く経った今でも、原爆の影がちらつきます・・・

公演_176
ミドリとキョウコはヒロコの手伝いに
ヘンな組み合わせの3人が残される・・・
公演_177
マオの提案でトランプを始める3人
そのさ中、ユリアは・・・
公演_182
自分が妊娠している事を打ち明ける。
このババ抜きをしつつの芝居は、非常に苦労してました。
公演_184
私、あがっちゃいましたよ!
公演_185
ユリアのお腹の中の写真がある事を知り、マオは興味津津。
トランプを放り出して、ユリアと二階へ・・・
公演_187
キョウコには早く言った方が良いと助言するタマエさん
はたして、その胸中は・・・??

3場へつづく・・・


「まほろば」名場面集 ~1ば~

 2014-11-28
公演_007
とある田舎町、大きな日本家屋の一階。舞台はその居間である。

公演_010
縁側のタマエさん。視線の先に何があるかは、3場で明らかになります。

公演_442
居間のマオ。冒頭の数分は彼女の一人芝居のようなもの。

公演_447
祭りの準備で大忙しのヒロコ。マオに対して「あんた、誰(だい)??」

公演_449
マオは次女・キョウコが祭りの間、預かっているコ。「どげん関係??」

公演_456
大きか藤木の家。人のたくさん集まったり、色々理由のあっとさ。

公演_458
二人が二階へ上がろうとしたとき、やってきたのは長女のミドリ。

公演_460
公演_464
公演_465
ひどい二日酔いのミドリ。なぜか、卓上で泳ぎだし・・・

公演_470
また寝たのかと思いきや、起き上がり・・・

公演_476
ミドリの興味はマオへ移る。「その子、アンタの子じゃないよね?」

公演_478
「何かあったと?東京で」「何かねぇ、疲れたねぇぇ」

公演_481
再び、座布団抱えてヒロコ登場。「誰?ミドリ?」

公演_485
男絡みで何かあったと察したヒロコ。「お願いやけん、別れたって言わんで~~~」

公演_491
男手の跡取りがいない藤木家にとって、長女ミドリの結婚は最後の希望。
だが、ミドリにとって、婿を探すことは容易ではない・・・

公演_492
果たして、ヒロコの予感は的中しており、ミドリは彼氏と別れて帰って来たのであった。

公演_502
そこへやってくるキョウコ。
ニヤニヤと「もうなかね。ラストチャンスやったね、間違いなく」

公演_499
ヒロコの矛先は、キョウコにも。
キョウコはキョウコで、父親が誰か分からない子どもを産んだ過去があるのだ。

公演_507
「ラストチャンスってなによ!」不用意なキョウコの一言が、ミドリに火を点けた!

公演_511
公演_513
公演_514
「当たらんでくれます?更年期障害じゃなか!!」とっくみあいにもつれこむ姉妹。

公演_516
そして、二人の目線に、マオが。この気まずい静寂を破るのは・・・?

公演_521
突然帰って来た、キョウコの娘・ユリア。東京にいるはずのユリアが何故…??

2場につづく・・・!


【参加者大募集!】シアター生駒 演劇ワークショップ
11月29日(土) 午後2時~午後4時
小明町自治会館1階 (バス停「小明寺垣内」降りてすぐ)

定員:20名(定員になり次第、締め切ります)
参加費:無料(※要予約です)
持ち物:タオル・飲み物・動きやすい服装で

<ご予約・お問い合わせ先>
メール theaterikoma@yahoo.co.jp
電話 73-0992 (代表 高升)



KCNエリアワイド「まほろば」放送日一覧

 2014-10-01
本日より、10月のスタートです!
劇団の運営委員会が、今日の午前中に開かれるんですが、どんな方針になりますやら・・・w

そして、いつの間にか、第26回公演「まほろば」の上演から半月が経とうとしておりますが、
大変好評をいただいたこの作品が、KCNエリアワイドにて放送されます!!

今回放送されるのは、9月14日(日)の15時~の回

出演してるのは、ご覧の方々です!
hiuweghrif.jpg
前谷キョウコと竹尾ユリアのバージョン。
こちらは楽屋での一枚ですが、あいにく、松原さんのヒロコさんがおりません。
多分、何か取りに行ってるんでしょうw

さて、放送日時は以下のとおり!!

<放送>
10月2日(木) 16:00~

<再放送>
10月2日(木) 24:00~
10月3日(金) 16:00~/24:00~
10月4日(土) 16:00~/24:00~
10月5日(日) 16:00~


夕方4時と深夜12時という放送時間ですが・・・

お子様から「ねぇ○○って何??」とか聞かれたり、昼間から「S○X!」と口走られては家族が微妙な雰囲気になるという方は、深夜にご覧くださいw
(○いせつ絡みのニュースでFC2が揺らいでますんで、あんまりそっち寄りな事を書くわけにもいかんのですが、大丈夫かな、このブログ・・・あ、「まほろば」はきわめて健全ですよw)

観る人の立場・世代によって、感情移入するキャラが変わってくる「まほろば」
中西・岡バージョンをご覧になった方は、ダブルキャストによる違いを比べて観るのも面白いですよ!

どうぞ、お楽しみに!!


掲示板はみんなの為に

 2014-09-21
「まほろば」の上演から1週間が経とうとしていますが、まだ、本番終了後に皆で集まっていません。
まぁ、プライベートでイロイロありましたんで、メールでやり取りはしょっちゅうだったんですけどね。

まだ、各自が聞いた感想・御意見をまとめていないので、断言はできませんが、なかなか好評のようです。
いつも、お世話になってる「かざばな」の常連さんも、楽しんで下さったようですしw

「シアター生駒」で検索をかけると、「まほろば」観劇の感想を書いて下さってるブログも見かけます。
実は、こういうのが、劇団としては非常にありがたいことなんです。

お客様がシアター生駒の事を伝えてくださることで、また新たなお客様を呼ぶことに繋がる・・・
劇団のPR活動が大事なのは、言うまでもないのですが、やっぱりお客様が「良かったよ!」と思わず話したくなる芝居をする事ですよね。

皆さん、面白かった芝居は、是非いろんなところで話題にしてやってくださいね。


で、そんな皆様の声を集めるために設置している「シアター生駒掲示板」にも、観劇のご感想を書いて頂いているんですが・・・
最近、この掲示板が荒れてます

まぁ、いわゆる「スパム」ってヤツですよ。
「お金あげます」「もらってください」っていう類い。

ホントにくれるなら、劇団まで制作費送ってくれって話なんですがw

この書き込みの管理が、携帯からはちょっと面倒でね・・・
削除できないまま放置というのもアレだから、とりあえずネタでレスをしたんですよ

こんな具合に↓
rakugaki.jpg
ところが、そのことで犯人は調子に乗ったのか、少し目を離してる間に、新たなスパムが10発ぐらい投下されてましてね
もう、疾風怒濤の勢いで、削除してやりましたよ
ざまぁ、みやがれ!w

もう、やるんじゃねぇぞ!
絶対、誰もひっかからねぇんだかんな!!


・・・しかし、このスパムってのも、要は宣伝なわけでしょ?

どこぞの宣伝部長さんが「宣伝にやりすぎという限界はない」と仰ってましたが、(「キングコング対ゴジラ」参照)
しつこくメール送ったり、ブログ更新したり、ハガキ送ったり、チラシ投函したり・・・と、いろいろやりつつも、不快に思われないさじ加減はキープしたいなぁとw

掲示板も、皆さんに気持ちよく使って頂けるように管理していきます。


公演当日にご協力いただくアンケートを始め、皆様からの声は、我々の励みです。

どんなタイミングでも結構ですので、シアター生駒に忌憚のないご意見をお聞かせください。



生駒は国の「まほろば」

 2014-09-16
IMG_0798.jpg
9月13日~14日にかけて上演された、シアター生駒第26回公演「まほろば」

無事に上演を終了いたしました。
御来場下さった皆様、本当にありがとうございました!!

ちなみに、上の集合写真は、「メニュー」に載せたものとは、ダブルキャストが反転しております。
本番でも、違いはクッキリ出たのではないかなぁと・・・

そのあたりの分析も踏まえ、しばらく、このブログで振り返ってみたいと思いますが、

まずは、皆様へのお礼をば・・・!

観て下さったお客様
マイサポをはじめ、各所で支えて下さった皆様

本当にありがとうございました!!


【観て観て観てね!!】「まほろば」千秋楽

 2014-09-14
ちがえて
かのセリフ言うとか
くなもんじゃねぇ
~か!


「まほろば」であいうえお作文つくったら、それこそ「ろくでもないモノ」になってしまいましたw


さて、初日が終わりまして「まほろば」遂に千秋楽
これを逃したら、もう、おしまいですよ!
初日ご覧になった皆様も、キャストパターンを替えて、是非もう一度観てみて下さい
芝居は日に日に変わるナマモノですから


では、最後の宣伝に、14日のみどころをば!!


高升さんのミドリは、
初登場時に驚くべき事をして、マオを震え上がらせます
お客さんも騒然!


松原さんのヒロコさんは、
あることをやって、ミドリに「やめて、それ」と言われます
目を背けたくなる、「それ」とは!?


マオのえりんちゃんは、
Berry Style Office official Blogで紹介されました
遊びに割きたい時間を稽古に参加し、今では芝居を楽しんでくれている・・・!
おじさん、嬉しくなっちゃって、終演後、ロビーにてサイン会を検討しております


中西さんのキョウコは、
終盤に、ある扮装をしますが、当人が是非写メに撮ってもらいたいと申しておりますので、終演後ロビーにて撮影会を実施しようとしています。
ただし、間違っても上演中は撮影しちゃいけません。


ユリエちゃんのユリアのポイントは、
最後の場面の「声」です
さぁ、男性諸君!
君も一緒に御輿を担ごう!!


マエチヨのキョウコはバナナを使って何かやります
皮で滑って転ぶなんて、古典的な事はやりません
何かやります


タケオのユリアのポイントは、声もですが、「足」です
昨年「美魔女エクササイズ」で、この一年鍛え続けました
(ちなみに昨年の子役たちが何名か観に来てくれましたが、ちゃんと楽しんでくれたようです。危惧しすぎだったかな?)


そして、岡さんのタマエさんが食べる「とあるお菓子」
魔法の粉の力で、辛さが初日の十倍です!
その後、セリフは喋れるのか!?



以上、非常に雑ではありますが、私なりに期待値をマックスに底上げしてみました
さぁ、みんな、おいで!今回は、ホントに凄いぜ!!

何せ「まほろば」はコメディー!!
面白くない筈がない!!



そして、面白さというのは、お客様が増える分、その声によって倍加するものです。
(これまた雑な例えですが、バラエティ番組で笑い声を上乗せしてたりするでしょ?)


皆様、「まほろば」に沢山のお友達を連れて来てください
そして、いっぱい笑って、一緒にキュンとしてください
舞台の空気とお客様の空気がひとつになって、シアター生駒のまほろばは生まれます


一人でも多くの方に、この作品を観ていただけますように・・・!

mahoro final
御来場、お待ちしております!!


シアター生駒 第26回公演「まほろば」
9月14日(日) 11時開演(B) 15時開演(A)

作:蓬莱竜太(第53回岸田國士戯曲賞受賞)
演出:熊本 一

【Cast】
ミドリ(藤木家の長女)・・・高升君枝
キョウコ(ミドリの妹)・・・前谷治世恵(A出演)・中西康子(B出演)
ユリア(キョウコの娘)・・・竹尾万菜(A出演)・岡 友里恵(B出演)
ヒロコ(ミドリの母)・・・松原政代
タマエ(ヒロコの姑)・・・岡 昌美
マオ(近所の子ども)・・・江戸えりん(客演)

会 場 南コミュニティセンターせせらぎ せせらぎホール
(近鉄生駒線 南生駒駅下車 徒歩約5分)


まほろばでお待ちしてます!

 2014-09-13
まほろば
それは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味・・・

シアター生駒 第26回公演「まほろば」
いよいよ、本日と明日が本番です!!!

mahoro uhi
・・・って、おいおい、随分さっぱりした舞台だなと思われたあなた。
これは、11日の仕込み終了時の写真。

実は、一度、ちゃんとセットの立て込みはしてるんですが、照明の仕込みが次の日だったため、照明のバトンを下ろす時に、ぶつかってしまう装置は、設置場所を確認した後、外してしまったのです。

もちろん、12日のゲネが始まる前に、仕込みは完了したので、今はもうこの状態ではありませんが。

mahoro butai
昔ながらの日本家屋なセットが組まれているわけですが、ご覧のように、本来の舞台から、更にかさが高くなってます。
そのため、前の3列分ぐらいの席からは、正直、芝居が見づらいです。
観客席のちょうど、中央あたりが、ベストポジションではないかと思いますので、観劇時はそこを狙ってみては・・・?

mahoro anana
ところで、この舞台端から飛び出したコレは何・・・??
実は、これが終盤にかけての・・・

おっと、それは、本番の舞台で確認して頂きましょう!


果たして、舞台セットの全貌は??

物語の行く先は・・・??

4世代6人の女達、全てが主役の物語

誰に感情移入するも、どの目線で観るかも、それは、ご覧になる貴方次第!!


御来場、お待ちしております!!!





読売新聞でシアター生駒が!

 2014-09-12
10日に行われた「まほろば」の最終稽古を、読売新聞さんが取材して下さいました

YOMIURI ONLINE 「女優だけの初コメディー」

実際の紙面でも、かなり大きなスペースが割かれていて、写真もカラー!
11日の朝刊の掲載に間に合うよう、大急ぎで記事を上げて下さいました。
本当にありがとうございます!!

これでまた、奈良県内の皆様に、広くアピールできると良いのですが・・・


ちなみに、この日の稽古
記者の方が帰られた後も、ずっとシャッター音が鳴っておりまして・・・

カメラ小僧の正体は、私です
実は、会場のロビーで、稽古場風景の写真を掲示するのを思いつきまして、急遽、大量に撮影したのであります。
これまでの稽古場写真も織り交ぜて、50枚近く掲示します。

今回、ホール内への入場は開演30分前からですが、
チケットの販売開始は、それよりも早めにスタートする予定です。

ロビーで、そのまま、お待ちになる場合もあると思いますので、その間のお楽しみにして頂ければ・・・
(観劇前でもネタバレには、ならないと思いますので、ご安心を)


そして、今回の公演は、先にご紹介したように、「奈良県大芸術祭」参加作品
gaido sento
受付には、部数限定ですが、こちらのガイドブックも無料配布しております。
是非、お持ち帰りください!

皆様のおこしを、心よりお待ちしております!!

今日は、いよいよゲネプロだ~~!!



「まほろば」前売券予約、受付中です!!

前売券は、劇団員から直接ご購入いただけるほか、
電話(090-7107-3973 代表:高升)または
劇団メールアドレス(theaterikoma@yahoo.co.jp)でも
ご予約いただくことができます。

ご予約名と必要枚数をお伝えください。
(お問い合わせも、上記の連絡先までどうぞ)

前売り予約をして頂くと、当日券1500円のところを、1000円で御鑑賞いただけます。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。