今日のはばたきホールは「らくらく」です♪

 2016-03-05
IMG_1721.jpg
こちら、先週28日(日)のはばたきホールの様子。
にお知らせしました、「0才から楽しめるファミリーコンサート」の一幕です。
(芝居用の舞台ばかり見ていると、同じホールなのに、全然印象が違いますね)

音楽影絵劇「ブレーメンの音楽隊」では、
高升さんが語りを、岡さんと松原さんが様々な登場人物の声を担当しました。

当日の様子は、こちらのいこままブラス♪さんのブログに詳しいですが、本当に0歳から楽しめる企画で、たくさんの方が集まり、満席でした。
いただいたマラカスは、うちの子も愛用しておりますw

シアターの皆さんは、「ブレーメン~」上演後に司会の方のインタビューを受けまして、そこで、次回公演のアピールもされていました。
流石ですw



さて、このはばたきホールが、本日3月5日(土)は、生駒市シニア劇団「らくらく演劇塾」の舞台へと変わります。

演目は、これまた先日お伝えしました通り「広島第二県女 二年西組」

今回の朗読劇、演出の熊本先生が、これまでに無い程こだわってらしゃるそうで、
過去になかったような駄目出しも、どんどん出ているようです。

P3041509.jpg
1945年8月6日午前8時15分。
原子爆弾は、建物疎開作業で懸命に働く少女たちのいるヒロシマに投下された。
奇跡の生き残りである作者だからこそ、とてもリアルで生々しく、悲しい真実が語られています。

本日、11時からと14時半からの2回公演。
入場料は500円(全席自由、小学生以下無料)
北コミュニティセンターISTAはばたき はばたきホールでお待ちしています!

スポンサーサイト

はばたき演劇鑑賞会 第11回公演!

 2016-01-15
・・・ほんと、更新しないよね~。とお考えの皆様。
ただいま戻りました。

ブログ書いてる人間が、稽古場に行かないもので。想像で書くのもどうかとおもいますし。

そんな私ですが、3月の公演では、またまた「宣伝美術」で関わっております。
先日、たけまるホールに行ったら、早速チラシを置いてくださっていました。ちょっと嬉しい。

280114 019


さて、そんならくらく演劇塾 3月の公演はこれ!!

「はばたき演劇鑑賞会 第11回公演 朗読劇 広島第二県女二年西組」

そうです、朗読劇です。

第二県女は以前見たことがあるという方。
今回、台本が違います。前とは全然違った形でご覧いただくことになります!

平和のあり方について考えることが(残念ながら)多い昨今。
是非ご覧いただきたい作品です。

私は実は前回のこの作品で、舞台デビューしました。なつかしいなあ。

48)らくらく初舞台2

その時に抱いていた疑問に、今回の台本ではちゃんと答えが描かれていました。
いろんな視野で描かれた中に、作者のゆるぎない強い思いが込められた、そんな作品です。

小中学生に見てほしいなあ。
そして、戦争について「自分なりの」考えを持つきっかけになって欲しいと思います。

「広島第二県女 二年西組」
1945年8月6日午前8時15分。
原子爆弾は、建物疎開作業で懸命に働く少女たちのいるヒロシマに投下された。
奇跡の生き残りである作者だからこそ、とてもリアルで生々しく、悲しい真実が語られています。
作:関千枝子 演出:熊本一
上演日:平成28年 3月5日(土) 11:00~、14:30~
場所:北コミュニティセンターISTAはばたき はばたきホール(生駒市)
入場料:500円(全席自由、小学生以下無料)

ちっとも「らくらく」じゃねえ!w

 2014-12-19
以前、3月のスケジュールが大変という話をしましたが、ひとつはこの前触れました「劇団からっぽ&シアター生駒feat.キラキラ座」(仮称)
こやつが、3月下旬に上演予定です。

そして、もうひとつ・・・
3月14日(土)に生駒シニア劇団 らくらく演劇塾の公演がございます。

らくらくの本公演もこれで10回目!
記念すべき10周年公演ということで、熊本先生も杉本さんも気合いが入ってるんですねぇ

で、今回は2本立て!
そのうちの一本は、4年前に上演され、私も出演した「昏れてなお銀杏黄葉の・・・・・・ ~フク婆さんの娘探し話~」の再演です!!

ところがですねぇ、これをまともにやってしまうと、もう一本と合わせて3時間を越えてしまうんです。

それは、さすがに長すぎるというわけで、10月の初旬、台本の短縮が依頼されました。

誰にって・・・?

あたしにだよw

シアター15周年といい、やはりアニバーサリーなタイミングは、私にお鉢が回ってくるんですね。

まぁ、熊本先生、直々のご指名とあっちゃ断れません。
「銀杏黄葉」は、出てたこともあって、話の全容は把握していましたし、いざ取り掛かると、結構サクサク進みまして、10月の半ばには、「短縮版」が完成しました。
元々が100ページだったところを、63ページまで減らしています。

ですが、この短縮版は「第1稿」に過ぎないのでありますw

短縮するために、脇の人物達の描写を大分カットしたのですが、熊本演出的に重要視というか、本筋に絡ませたいキャラもいたようで、そこを立たせるために、「こういう展開はどうだ?」と、新たな提案がなされました。

しかし、そこまでやってしまいますと、もうこれは、短縮ではなく改変になってしまいます。
「原作者的にそれはOKなのか?」という疑問が沸きましたが、熊本氏曰く「作者には許可とった」とw
一応、上演用台本が完成したら、作者には送るそうです。
ひゃあ~~~~wwww

で、とりあえず第2稿を仕上げて、熊本先生にお渡ししたのが、高山右近の仕込みの日、
それを踏まえて、再度の打ち合わせをしたのが、シアターの演劇ワークショップの日

この時に、参考になる本を先生から何冊かお借りしまして、それを元に更にイジった第3稿を送ったのが先週。

どうやら、この第3稿で稽古は本格スタートするようですが、大方の予想通り、直しはまだまだ入ります。

更に、原作からかけ離れていくのか・・・w
内容減らしてるのに、新要素入れてるんだから当然なんですけどね。

早く、完成させないと、台詞を覚える方が大変なんですが・・・なんとか、良いものにしたいですしねえ

「長いなぁ」と言われると、「あなたがやらせたんでしょうが」と言い返したいのを我慢しつつw、近いうちに台本打ち合わせやってきます!!


らくらくアレンジ版「銀杏黄葉」、完成をお楽しみに~~~!!



【告知】らくらく演劇塾 でまえ公演発表会

 2014-09-28
生駒シニア劇団らくらく演劇塾の皆さん
先日の「まほろば」も、大勢で観に来てくれました。

okokorakusikomi.jpg

IMG_0733.jpg
これは、毎回の事なんですが、中村さんと丸山さんは搬入・搬出や舞台の仕込みも手伝って下さいまして、本当にお世話になりました。

さて、らくらく演劇塾は本公演が毎年一回というペースで、もうすぐ10年目を向かえようとしていますが、本公演のレパ入りをしていない現時点では、「でまえ公演」用の演目を稽古しています。

demae tirasiplpl
「でまえ公演」とは、さまざまな場所に出張しての依頼公演。
今、用意しているのは、3作品。
そして、これを一挙に上演する「発表会」が10月3日(金)に開かれます!!

IMG_0888.jpg
「西瓜と風鈴」は、大下勇がダブルキャストになっていますので、11時~と13時~の2回上演です

IMG_0346.jpg
「あの人は帰って来なかった」では、「まほろば」のユリア役だった竹尾ちゃんが、巫女役に初挑戦

IMG_0881.jpg
「恋、おばあちゃんの」も、大幅にキャストを変えて、新たなアンサンブルを作ろうと、熊本先生が大奮戦!

既に、決まっている「でまえ公演」もあるようですが、これからでも、予約は可能だそうです。
何か地域の企画などを考えていらっしゃる方は、今回の発表会で下見をなされてはいかがでしょう??
何にせよ、無料で3本も芝居を観れるってのもそうないですからねぇw

「らくらく演劇塾 でまえ公演発表会」は10月3日(金)11時~ 北コミュニティセンターはばたきにて!!
是非、御来場下さい!!

気付けば、やっかいなON AIR!

 2014-04-04
研究公演から更に遡ること1ヶ月前・・・

2月22日に上演された、らくらく演劇塾公演「やっかいな楽園」

3月31日~4月2日まで、KCNのエリアワイドで放送されていたのですが、チェックされた方はいらっしゃるでしょうか??


実は、らくらくブログ管理者の竹尾が、すっかり告知するのを忘れておりまして、3日に慌てて記事を載せておりますw

幸い、まだ6日(日)午後1時~の放送が残っておりますので、公演および放送をお見逃しになった方は、是非ご覧ください。

SN3L01540001.jpg
本作は4本の短編のオムニバスで、らくらく劇団員が様々な役に扮していますが、写真は2本目の様子を舞台袖から撮ったもの。

手前においてある段ボール箱は、いったい何に使われるのか、例によって様々なサプライズが組まれてますので、どうぞご期待ください!


ところで、そのサプライズの仕掛け人、演出の熊本 一先生ですが、今年、久々に・・・!


さぁ、この続きは、日曜日の更新で!!



明日はやっかいな本番

 2014-02-21
記事を書きたいのに、パソコンがご機嫌ななめ
おかげで、慣れないiPhoneで投稿であります

あ~、なんとやっかいな…

そう、らくらく演劇塾の「やっかいな楽園」が、明日本番なのです!


シアター生駒的見所としては、四本全て出演のタケオちゃん
(ある意味、美魔女超えの衝撃も…いや、笑撃か?)

久々に役者で登場の杉本さん
(「いつものあんたでやってくれたらええ」と演出に言われたとかw )


そして、今回らくらく初参加の中島さんという方なのですが…、実は最初は、シアターで芝居しようと考えていらっしゃったんです。

中島さんがシアターの稽古場に見学に来られたのが、まだ、ヘングレの稽古をしていた9月頃(早紀ちゃんが入る前の筈)

二回ほど来られた後、すんなり入団を決めてしまわれてんです(普通はかなり口説いたあととかが多いんだけどw)

ただ、その時期はキャストも決まっていて、演出も固まりかけた頃

中島さんのお仕事とのバッティングもあって、ヘングレの時は関わってもらう事が叶いませんでした。(仕込みは手伝って下さったんですけどね)


でも、せっかく入ってくれたんだからと、中島さんが手持ち無沙汰にならぬように、声を掛けた方がいましてね…


そう、らくらく代表杉本さんw


かくして、中島さん、シアターの前にらくらくで生駒演劇デビューというわけ

らくらくにキャスティングされてなかったら、今度の研究公演に…という可能性もあったんでしょうが、こういうのは、タイミングですからねぇ

とにかく、新たな俳優さんの登場です
是非、明日の芝居を楽しみにしていただきたいと思います。


そして、我々シアター生駒は、様々なところで、らくらくの後方支援に回っていますが、ドサクサに紛れて、研究公演「演劇と朗読を楽しむ宴」の予約受付も行う予定です。

シアター生駒劇団員が、会場受付におりますので、お気軽に声をおかけ下さい!


さぁ、漸く書き終わったw
日付が変わらぬウチに、スヤスヤ寝ます

寝ぼけて転換ミスったら、シャレにならん


がんばれ!らくらく演劇塾
シニアの力をみせてやれ!!




やっかいならくらく、ON AIR!

 2014-02-04
らくらく演劇塾公演「やっかいな楽園」が今月22日に迫っております。

今回は、純粋に一観客として鑑賞しようと、事前情報を遮断して楽しみにしていたんですが、杉本さんから舞台転換要員として呼ばれてしまい・・・w


まぁ、こればっかりは仕方ありません。
シアター生駒とらくらく演劇塾は姉妹劇団。
お互い困ったときは、持ちつ持たれつですから。

ゲネより前の通し稽古で楽しませてもらおうと思ってます。


今回のらくらくには、劇団いかるがの三宅副団長さんが、ある事の指導で関わってらっしゃいます。


誰か教えられる人を探してると聞いたときに、昨年11月に観たいかるが公演「三室の山に君ありて」で、三宅さんがソレをやってらしたのがパッと過ぎりましてね。
やっぱり舞台の勝手が解ってる方が良いんじゃないかって事で、「打診してみたら?」とオイラが無責任に口走ったのですが、快く乗っかってくださったそうで、一安心していますw


ソレがどのタイミングで入るのかは、当日のお楽しみですが、・・・とりあえず杉本さん、○○ダンスとは根本的に違うし、ましてや○○ミンゴでもないですからね?



さて、ブログの更新もマメになってきた「らくらく演劇塾」ですが、明日5日オンエアーされる「えす☆らじ」で、とうとう紹介されます!


出演でなく、紹介と書いてるのがミソですがw、結構凝ったものも用意されてるようなので、皆様、明日夜10時は是非こちらのチャンネルをチェック!!


・・・てか、うちの研究公演も告知させてもらえないかなぁ

いかがでしょう、ESさん


まだまだ忘れる!!

 2013-12-27
シアター生駒の忘年会の翌日、なんと風邪でぶっ倒れてしまいまして、喉の調子がどうにもしようがなかったのですが、そんな状態の25日、別の忘年会にお呼ばれしました。

次回作、「やっかいな楽園」の稽古真っ只中の、シニア劇団「らくらく演劇塾」の忘年会です。
IMG2.jpg
(タケオ作のこのチラシは、クリックすると拡大します!)


今年も色々あったので、印象が薄れてしまってるでしょうが、私が客演したらくらくの公演「冬のアフリカ」は、今年の3月。
だから、かろうじて一応声かけて頂けたのかしら??

SN3L0125.jpg
せっかく呼んで頂いたので、上演時の田中 順の扮装をし、募金箱も作って持っていきました。
宴の席上で失言したヤツ(特に杉本くん)から、「おい払え!」と、ジャンジャンふんだくってやりましたよw
(詳しくは「らくらく演劇塾ニュース」の記事をご覧ください)


らくらくのブログにも書いてありましたが、会話の節々に、セリフの引用が出てくるんですよね。

こんな遊びが出てくるのは、芝居の稽古にだいぶ慣れたころ・・・、要するに本番直前か、下手すりゃ打ち上げの席だったりするんですけど、この時期でもうそんな状態とは、もう円熟の頃合いですか?らくらくさん

まぁ、おかげでだいぶ、本編のネタバレを聞いてしまったんですが、良く言えば、豪華な生の予告編を観たという感じですかねw



ところで、らくらくの中村賢治郎さんが、「ヘンゼルとグレーテル」の黒子さんとして入って下さった時、テーマ曲の「ボクのおうち」を甚く気に入って下さいましてね。
後日、中村さんから「教会のクリスマス会で、子どもたちに『ボクのおうち』を歌わせたいんやけど」と打診をいただきまして、こちらも快くOKしたんです。
せっかくできた、素敵な曲ですから、公演の外でも歌ってもらえるのが幸せだろうと思いまして。

忘年会の席上で、その取り組みがうまくいったという報告が聞けまして、いやぁ・・・嬉しい限り!

シアター生駒「ヘンゼルとグレーテル」エンディング主題歌「ボクのおうち」


youtubeにアップしたこの動画も、実は公演終了後もずっと再生数を伸ばし続けているんです。
今後もいろんな所に広まって、末永く愛される曲になりますよう・・・


さぁて、開始が遅くなってしまった「冬休みこども劇場」
明日からスタートですが、年内に完結するか??w



【告知】そこまでやるか?!らくらく塾【やっかいな楽園】

 2013-11-15
こんにちは。
美魔女役ではお世話になりました竹尾です。

ヘングレも終わり・・・いやー、楽しかったなあ。好き勝手とはああいうことを言うんだな。
「いきいきしてたな」と、いろんな人に言われました。
バッチリ見せ場を作って頂きましたし、出番も少ないから安心というオイシイ作品でしたナ。

私と致しましては次回出演作に取り掛かっております。
これが、「シアター」ではなく、私が演劇を始めてからずっと所属しているシニア劇団「らくらく演劇塾」の公演です。

タイトルは「やっかいな楽園」

4つの短編から成る喜劇です。
整骨院では老人が集まり、会社ではスペインとの初海外取引が始まり、料理教室では隣の教会で行われている結婚式の料理を料理教室の先生の代わりに作る事になり、乳児園では赤ん坊が戯れる・・・。

始めから最後まで、笑どころ満載!16人で48役。しかも、個性的なキャラクターばっかり。

演出 熊本 一先生は、この作品の演出を始めるにあたって「そこまでやるか!?という作品にしたい」と仰っていました。

面白いんですが、レパ入りすると文字通り「やっかいな」ホンです。
さて、どこまでやれるのか。
笑いの神は降りてくるのか!

個人的には「老若男女、全部演る」がテーマです。
・・・イケメンなタケオのファンの方、ちゃんと用意してますよ~、期待通りのヤツを。
(なんのためらいもなく真っ先に配役が決まったっぽい)

こうご期待。



生駒市シニア劇団 らくらく演劇塾 第9回公演
「やっかいな楽園」
作:小川未玲 演出:熊本 一

<日時>
2014年2月22日(土)
<場所>
北コミュニティセンターISTAはばたき はばたきホール



日本よ、これが生駒のシニアだ!

 2013-06-08
私が奈良演劇祭に出て2週間近く経ちますが、生駒を、そして奈良を飛び出して祭に参加する劇団が・・・

そう、らくらく演劇塾!!

もう5日から始まっている、「全国シニア演劇大会in南アルプス」に奈良の代表として出場します!


詳しくは「らくらく演劇塾ニュース」を見て頂ければと思いますが、このての全国大会への参加は都合3度目。

ホントに精力的なんだから、もう。



ちなみに、演目は朗読劇「水の手紙」

初演とは、演出の変わっている個所もあるようです。

演出の熊本先生は劇団大阪の公演で行けないようなのですが(それで良いの?w)、照明や映像のスタッフさんは初演の時の方々がついて行ってるという・・・

北ナントカさんとか中ナントカさんとか・・・w

本当にお疲れ様です。
南アルプス土産、期待してますw



らくらく演劇塾の皆さん、南アルプスの山肌に爪痕しっかり残してきて下さい!!




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック