FC2ブログ

作品のじゅんばんばん

 2019-05-13
今度のワークショップでやります、
チェーホフの3作品。

告知のチラシでは、
「かもめ」→「結婚申し込み」→「三人姉妹」
となっていましたが、

最終的に、
「結婚申し込み」→「かもめ」→「三人姉妹」
の順に変更になりました。

まぁ、当初は、演者の数がだんだん増えていく構成だった訳ですが、
作品の書かれた順番へと変更され、
チェーホフの作品の変遷がより分かり易いようにという形に変わったわけです。


あぁ、トップバッターかぁ・・・と、
憂鬱にならんこともないですが、
まぁ、がんばります。

衣装の問題が残ってまして、
当日の朝に調整となってるんですが、
熊本弁で訳されたホンですので、
開き直って、胸に日の丸の描かれたシャツでも着てやろうかと思っています。

スポンサーサイト

あばよ平成 よろしく令和

 2019-05-02
うちゅうけいぃじ~♪

・・・なんか令和に「よろしく」を付けてつぶやいてる人が結構いるみたいで、
その3分の2ぐらいは、明らかにギャバンを狙ってたんじゃないかと思うんですけど、
どうなんでしょうねぇ・・・

さて、平成の3分の2を駆け抜けたシアター生駒が、
新たな時代「令和」へと突入いたしました。
とりあえず、ブログ冒頭のメニューはちょっといじってみましたが

IMG_9215.jpg
令和になってからの稽古はまだやっておりませんので、
ここに載せているのは、平成最後の様子ということで・・・
(こちら「三人姉妹」の稽古)

IMG_9122.jpg
シアター生駒ワークショップに向けての稽古
菊川先生は、大学教授時代の資料なども活用して、
進めてくださっています。

IMG_9121.jpg
令和初の取り組みとなる
「きく・みる・かたる チェーホフの世界」
どうぞ、ご参加ください!

チェーホフのチーラシをつくってみたの

 2019-04-26
ws2019a.png
先日告知いたしました、シアター生駒のワークショップ
たくさんの人に遊びに来ていただきたいので、
チラシつくりましたの。
今日から、ばらまく予定ですの。

とはいえ、ここの情報を再構成しただけですので、
目新しい情報はないのだけど。

ワークショップ、
対外的には、5月18日が本番ということなのですけど、
我々劇団員にとっては、すでに始まっているようなもので、
抜粋上演する作品の稽古を、
この1ヶ月ほど頑張っております。

菊川先生の解説、演出を交えながら、楽しく勉強。
まぁ、横で見てる3歳の娘からは、
「そんな、むずかしいこと、かんがえるなよう」と言われておりますが。

今回は、ワークショップの中で、
参加者のみなさんと一緒にというのがコンセプトなので、
上演も、舞台はあるけど舞台には上らず、
皆様のすぐそばで、やって見せる形になります。
(まぁ、この距離感が却って緊張するのでしょうけど)


作品は、
最初は1人語り
次は2人
最後は3人と
どんどん増えてくる仕様です。

シンプルなつくりながら、
見やすく楽しいのではないかなと思います。

ぜひ、ご参加くださいね。


さて、平成最後の更新はいつになるのかな・・・・???



【ご参加ください!】演劇ワークショップ「きく・みる・かたるチェーホフの世界」

 2019-04-09
チェーホフ
アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ
(1860年生~1904年没)
ロシアを代表する劇作家にして、多くの優れた短編を遺した小説家。

令和初のシアター生駒演劇ワークショップは、
このチェーホフを取り上げます。
20年の歴史のあるシアター生駒でも、
チェーホフ作品への挑戦は初。

きいて、見て、語り合う
一緒に、劇作家チェーホフの世界を楽しみましょう!!
是非是非ご参加ください!!


<日時>
 5月18日(土) 15時~17時

<会場>
 たけまるホール 3階小ホール

   (近鉄生駒駅 下車、北西へ徒歩約3分)


 <スケジュール(予定)>
 15時~
  チェーホフについての講話
   菊川徳之助
      (元近畿大学教授、演出家、演劇評論家)

 16時~
  作品抜粋上演
   「結婚申し込み(熊本弁訳)小柳 亮・竹尾万菜
   「かもめ」三枝治世恵
   「三人姉妹」松原政代・木村恭子・中西康子

 16時40分~
  参加者みんなでトーク

<参加費>
 無料
(事前予約も必要ございません)

<お問い合わせ先>
  theaterikoma@yahoo.co.jp


シアター生駒は生きている

 2019-03-20
あけましておめでとうございます。
本年で、元号も変わるということで、
昨年の20周年を経たシアター生駒が、新たな一歩を踏み出すには良いタイミングかなと。

本年もどうぞよろしくお願い・・・

・・・ってえぇぇぇ、おい!!

今、いつだよ!
4月目前だよ!!

もうねぇ、ブログに関しては完全に新たな一歩を踏み外しました。

冬の間、春の訪れをジッと耐えて待っていた「シアター生駒ニュース」

こんな事になったのは、誰のせいだ?
俺のせいか?
いや、冬のせいだ!!


・・・と、いうわけで

春の精、夏の精、秋の精、冬の精が登場する
新作でまえ公演「森は生きている」を各地で上演しております。
IMG_8954.jpg

只今、卒業シーズンですので、小学6年生のみなさんのお別れ会に出前!というパターンが多いのですが、是非楽しんでいただければと思います。

IMG_8952.jpg

この作品、本年度の本公演で上演予定でございまして、
今回のでまえ公演バージョンは、それをギュギュッと凝縮した仕様になっております。
(分かりやすいところでは、本公演では季節の精が1~12月まで計12人いるんだけど、でまえバージョンでは春夏秋冬の4人に変更)

より、すごいバージョンを見たいなら、本公演来てね!!っていう・・・まぁ、そんな戦略的な部分はさておき

IMG_8955.jpg
今回は北の北のそのまた北のお話
かごにあるのは、お話のキーアイテム、マツユキソウ
これは春にならないと咲かない花なのだけど・・・
IMG_8956.jpg
めまぐるしく式が移り変わる今回のお話を、
タペストリーを持ち込んで表現いたします。
IMG_8957.jpg
裏側では、そのタペストリーからはみ出さないよう、
役者がキュウキュウになってスタンバイ。
お客様との距離感ゆえに、本公演とは違う緊張感があります。

IMG_8960.jpg
今回は、歌の要素も多分に入ってきます。
こちらの歌、最後はフリを付けてみんなで歌います。
ウチの娘たちもすっかり覚えてしまったキャッチ―な歌です。

各会場で、みんなと一緒に歌えると嬉しいなぁ

と、いう訳で、シアター生駒のでまえ公演「森は生きている」
30分ほどの演目です。
子ども会や町内会、学童などの行事で、是非お呼びください!!
(お問い合わせ先:theaterikoma@yahoo.co.jp)


何をしていた?シアター生駒【告知付き】

 2018-12-20
実は、シアター生駒、今年はもう稽古納めをしておりまして、次は新年会の予定でございます。

でまえ公演 チラシ
ですが、次に向けての話は既に進んでおりまして、
「でまえ公演」の演目準備に入っております。
夏にやりました「じごくのそうべえ」は、朗読会でも一度やっておりましたが、今回は新作でございます。
台本もできておりまして、半立ち稽古にも入りました。
年末年始も、でまえ公演仕様の各種装置づくりにも取り掛かかりますし、決してお休みしている訳ではないのです。

この作品、今後、来年の本公演ともリンクする内容になってくる予定です。
また、詳しく決まりましたら、情報発信してまいりたいと思いますが、
またファミリーで楽しんでいただける演目になると思いますよ~~~


さて、シアター生駒、これ以外にもちょこちょこと動いておりまして、

ある者は「いこママまるしぇ」ってイベントで、子どもたちに向けて絵本の読み聞かせをしたり、

ある者は、倉庫から発掘してもらった衣装使って、子どもたちと「シンデレラ」の劇つくったり、

そしてまたある者は、シアターとは別のこんな作品の稽古に取り組んでおります。

maria_n.jpg
朗読劇「MARIA」でございます。

こちら、以前「夏の夜の夢」で客演してくださった、きのしたひろのりさんプロデュースの公演でございます。

うちのタケオにお声がかかりまして、出演させていただく運びとなったのですが、カクカクシカジカございまして、付き人の私も出ることになりました。
「奇跡の人」以来、親子の役でございます。
(例によって、私がオヤジ。今回、タケオは性別逆転しておりません。)

以前から知ってはいたけれども、一緒に芝居させてもらうのは初めてって方もおり、楽しくやらせていただいております。
「朗読」と「朗読劇」では、またイロイロと勝手が違うなと思いつつ、面白がっております。

お話といたしましては、これはいろんな方に見ていただきたいテーマですね。
また、あらすじ等は載せたいと思いますが、ちょっと(?)変わった「出産」をめぐるお話でございます。
私自身も、経験上、身につまされる部分がございました。

年明けすぐの、1月14日(月)上演です。
是非、ご覧ください!



ところで、シアターでも朗読の企画はありましたが、来年はどうするんですっけ・・・???



【参加者募集】演劇ワークショップ「頭痛肩こり樋口一葉」を読む

 2018-06-19
20th1yo.png
8月上演の20周年記念公演「頭痛肩こり樋口一葉」
本公演の台本をテキストに、体験型の演劇講座を2回にわたって開きます。

講師は演出の熊本 一です。

本作の主人公・樋口一葉とその時代背景
そして、作者・井上ひさしについて・・・
様々なお話を交えながら、作品世界を深く読み解きます。
お芝居をより楽しめる事、間違いなし!!

座学に加え、
希望者には、実際に台本を使って演じてもらうこともあるかもしれません。
比較的、動きやすい恰好でお越しください。


◎日時
7月14日(土) 17時30分~19時30分
7月21日(土) 17時30分~19時30分

(1日のみの参加でも可能です)

◎会場
たけまるホール 研修室6
(近鉄生駒駅下車 徒歩約3分)

◎参加費 無料


参加お申し込みは
電話(090-7107-3973 高升) or
メール(theaterikoma@yahoo.co.jp)にて
こちらのメールフォームもご利用ください。


【生駒市民の皆様】
マイサポいこまへのご協力もよろしくお願いいたします!
詳細はこちら!!



【参加者募集】夏休み演劇ワークショップ【7/22】

 2017-06-21
IMG_9733.jpg
さぁ、毎年恒例のワークショップ、開講です!!

今回は10月のファミリー劇場「スーホの白い馬」を基にした、劇遊びをします。
身体を動かしたり、セリフを言ってみたりと、違う自分を発見できる演劇体験講座です。
参加者でご希望の方には「スーホの白い馬」の舞台公演に出演していただくこともできます!
勿論ワークショップだけの参加でもOKです。

<とき・ところ>
7月22日(土)13時~14時30分
小明町自治会館

(バス停「小明寺垣内」降りてすぐ)

<必要品>
動きやすい服装、水筒

<費用>
無料(申込不要)

<問合せ>
メール theaterikoma@yahoo.co.jp
電話 090-7107-3973(代表 高升)


初心者大歓迎!年齢制限無し!
小さなお子様からシニアの方まで、
どなたでもお気軽にご参加ください!!


マイサポいこま届出のお願い
ファミリー劇場「スーホの白い馬」は生駒市の支援制度「マイサポいこま」の助成を受けて制作されています。
団体番号4「生駒市民劇団シアター生駒」を選択・届出していただきますと、本公演の制作費に対して、支援金が配当されます。今後もシアター生駒公演を継続していくにあたり、生駒市民の皆様のご協力を宜しくお願い致します。
届出は、生駒市のホームページから可能ですし、ワークショップの会場でも届出書をご用意しています。
よろしくお願いします。

【届出期間】平成29年6月15日(木)~8月7日(月)


【参加者大募集!】シアター生駒 夏の演劇ワークショップ【7月2日】

 2016-06-14
7月上演の「夏の夜の夢」をテーマにした劇遊び!
大人から子どもまで幅広く募集いたします!!


生駒市民劇団シアター生駒は、7月24日(日)に、第28回本公演「夏の夜の夢」を上演いたします。
それに先駆けて、多くの方に演劇の世界をよりよく知っていただくため、
演劇ワークショップを企画いたしました。

ワークショップとは、体験型講座のことで、全くの演劇未経験の方にも、楽しくお芝居を体感していただけます。
お芝居とあなたの距離が近づくことで、お芝居の見方、楽しみ方も変わってくるかも・・・!
是非一度参加してみてください。
たくさんのご応募、お待ちしております!!

開催日:7月2日(土)
時間:午後2時~午後3時30分
場所:小明町自治会館

        (バス停「小明寺垣内」降りてすぐ)

定員:30名(定員になり次第、締め切ります)
参加費:無料(※要予約です)

持ち物:飲み物・動きやすい服装で

<ご予約・お問い合わせ先>
メール theaterikoma@yahoo.co.jp

        (参加される方のお名前と年齢をお伝えください)
電話 090-7107-3973(代表 高升)

初心者大歓迎!年齢制限無し!
小さなお子様からシニアの方まで、
どなたでもお気軽にご参加ください!!



過去のワークショップの様子は、こちらをご覧ください♪

春の演劇ワークショップ レポート〔4月19日〕

 2015-04-22
あと1週間で、ブログ1ヶ月放置になるところでした。
(1ヶ月、新しい記事がないと、無関係な広告がトップに表示されてしまう)
ブログ管理人の小柳でございますが、4月から新たな職場になりまして、どうもシアターにガッツリ絡んでいくのが難しそうです

まぁ、裏の事務局長としてヒッソリ援護射撃はするつもりなんですが、19日の演劇ワークショップみたいに、全く参加してないものに関しては、記事の書きようがない!
・・・ってなわけで、レポートの作成ををユズにふりました。
ほら、大学生の課題にはつきものだしw

それでは、以下、私と共に、行った気になってご覧ください♪


1、まずはストレッチ!
まずはストレッチ!
みんな緊張しているので、なんとも言えない距離感(笑) 
怪我をしないためにも、きっちり体を動かしました

2、発声のために体をほぐします。
体をほぐします
みんな一斉にだら~りと項垂れる面白い光景もありました(笑)

3、輪になって自己紹介。
輪になって自己紹介
○○です!
「○○です!」と元気に自己紹介してから、エアキャッチボール!
最初は一緒に来たお友達とばかりキャッチボールしていた子供たちですが、慣れてくると色んな方向にボールが転がります。

4、歩いて歩いて…リーダーの合図でピタッと止まる!
歩いて歩いて…ピタッ
ストップモーションのようで、みんな楽しんでいました。

5、四隅に立った4グループの各ひとり(振り分けた番号順に4人並んで、順番にひとりずつ)が、
四隅から…
声やジェスチャーなしで全力ダッシュ!
全力ダッシュ!!
一か所に集まり…そしてポージング!
そのあとは全力で元いたグループとは違う場所に走り去ります。これが難しい!
からのポージング!
瞬時の判断力が必要なこのゲーム、子供たちはタイミングの掴み方に苦労していました。
団員のポーズに爆笑の渦(笑)

6、お次はジェスチャークイズ!
(一番人気のゲームでした。体を張って演じるのが楽しかったみたいです)
ジェスチャークイズ!
4グループにわかれ、くじ引きで決まったお題を元にして1つの動きだけでお題を再現。
ジェスチャークイズ2!
これは何をしているところでしょうかっ!? 分かった人は挙手!!

7、ちょっと難易度が上がりまして、ミニ劇場。
ミニ劇場~
3グループに分かれて「重そうですね」「手伝ってください」「いいですよ」というセリフから、状況や人物の設定をグループごとに作ります。短い時間でアイデアを出し合って、全グループみごとな即興お芝居を作り上げました。

8、最後はエア大縄跳び!
ひとりずつジャンプして通り過ぎた後、最後はみんなで一斉にジャンプ!!
縄跳び!
ちょっと距離感があったみんなも、すっかり打ち解けて楽しい雰囲気になりました。



総勢16~8名ほどが集まってくださったワークショップ。実に4歳~高校生までが集まってくれま した!

みんな緊張していたけど、だんだん声も大きくなってきて、「狼とふくろうの鳴きまね」をやったときは、みんな大きな声で楽しげにやってくれていました!

最後に子役出演のご案内。今回のワークショップで、演技をする楽しみを体感してもらえたのではないでしょうか。

楽しかった?と聞いた子供たちはみんな「うん!」と言ってくれて、とても嬉しかったです。



・・・え~~~~、なんか、楽しそうじゃ~~~んwww

あと、いっぱい若い子来てんじゃん
(高校生とかを指して、若い子っていうのもどうかと思いますがw)

いいなぁ~~~


ところで、このワークショップ、次回ファミリー劇場の出演者募集も兼ねてた企画だったんですけど、その辺はどうなったの・・・??
まぁ、今回のワークショップが楽しければ、食いついてくれると思うんですが。
既に、出演を決めた参加者さんもいらっしゃるようですよ。

子役募集は今月いっぱいまでです。
詳しくは、コチラをご覧ください!

君たち!シアター生駒で僕と握手!!

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック