メニュー

 2037-01-01
20th 22

higuti cm11
【次回公演】20周年記念公演
「頭痛肩こり樋口一葉」上演決定!

2018年8月11日(土)・12日(日)
南コミュニティセンターせせらぎ せせらぎホール



IMG_5314.jpg
シアター生駒朗読会「朗読とか演ってみました3」
2018年3月4日(日)
南コミュニティセンターせせらぎ 小ホール
無事、上演終了いたしました!
ご来場、ありがとうございました!

IMG_2745.jpg
ファミリー劇場「スーホの白い馬」

2017年10月14日(土)~15日(日)
北コミュニティセンター はばたきホールにて



☆シアター生駒とは
(奈良県生駒市に劇団が旗揚げするにいたるまで。規約・会則も紹介)

☆劇団員紹介
(シアター生駒メンバーの素顔が明らかに・・・?)

☆公演記録
(過去の公演の紹介記事はコチラから)

☆制作日誌
(次回公演制作の舞台裏を紹介)

☆シアター生駒 掲示板
(シアター生駒団員のちょっとしたつぶやきなど。もちろん、ご覧の方も書き込みOK!)

☆シアター生駒 チャンネル
(youtubeに開設した関連動画専門ページ。Webラジオや公演紹介、テーマ曲など多数!)

☆劇団員募集・お問い合わせ
(お問い合わせ用のメールフォームもあります)

☆稽古スケジュール
(次回公演の稽古日程。見学希望の方は参考にしてください)

☆らくらく演劇塾とは
(シアター生駒が指導する生駒市のシニア劇団。専用ブログもヨロシク!)


スポンサーサイト

【参加者募集】演劇ワークショップ「頭痛肩こり樋口一葉」を読む

 2018-06-19
20th1yo.png
8月上演の20周年記念公演「頭痛肩こり樋口一葉」
本公演の台本をテキストに、体験型の演劇講座を2回にわたって開きます。

講師は演出の熊本 一です。

本作の主人公・樋口一葉とその時代背景
そして、作者・井上ひさしについて・・・
様々なお話を交えながら、作品世界を深く読み解きます。
お芝居をより楽しめる事、間違いなし!!

座学に加え、
希望者には、実際に台本を使って演じてもらうこともあるかもしれません。
比較的、動きやすい恰好でお越しください。


◎日時
7月14日(土) 17時30分~19時30分
7月21日(土) 17時30分~19時30分

(1日のみの参加でも可能です)

◎会場
たけまるホール
(近鉄生駒駅下車 徒歩約3分)

◎参加費 無料


参加お申し込みは
電話(090-7107-3973 高升) or
メール(theaterikoma@yahoo.co.jp)にて
こちらのメールフォームもご利用ください。


【生駒市民の皆様】
マイサポいこまへのご協力もよろしくお願いいたします!
詳細はこちら!!



【生駒市民の皆様へ】12番シアター生駒へのご支援お願いします!【マイサポいこま】

 2018-06-15
生駒市の市民劇団、シアター生駒です。
今回の記事は、生駒市民の皆様に向けて発信しております。

先の記事でもご案内しましたが、
本日6月15日から、マイサポいこまの「選択・届出期間」が始まりました。

マイサポいこまについてご存じない方、以下の赤字の部分をご覧ください。
知ってる方は長いので、読み飛ばしてください。


マイサポいこまとは、生駒市民が選択する市民活動団体支援制度。選択できる市民は、選択の届出を行う日の属する年度の6月1日現在、生駒市の住民基本台帳に記録されている18歳以上の人です。
支援したい団体を選択した市民の数に「市民1人当たりの支援金の額」をかけたものが、市民活動団体への支援金の額となります。「市民1人当たりの支援金の額」は、選択の届出を行う日の属する年度の6月1日現在における当該年度分の個人市民税額の合計額の1%相当額を、同日現在の18歳以上の市民の数で割り戻したもので、今年度は832円となります。



で、今年のシアター生駒ですが、
8月11・12日に控えた本公演「頭痛肩こり樋口一葉」に加え、
それに関連する演劇ワークショップ(詳細後日)、
そして、各地への出前公演(すでに、8月末に2カ所の実施が予定されています。)を含めて
「生駒を演劇あふれる文化の町に!」
するためのトータルの取り組みとして、申請しております。

maisapoikoma18.png

で、選択届出ですが、以下のページで行うことができます。

マイサポいこま(マイサポ応援チケット) 届出フォーム 入力画面

氏名などの必要事項をご入力いただき、
どの事業を支援するか選んでいただくわけですが・・・

maisapo18.png

ここで、「12.生駒市民劇団シアター生駒」一択にしていただけると、
我々としては、大変嬉しい
わけなのであります。

・・・おっと、つい本音が漏れてしまいました。
そんなドあつかましいことは申しません。
30の取り組みから、最大3団体まで選択できます。
各取組の内容を吟味していただいて、支援したいものを選んでいただければと思います。
(とはいえ、3団体選ばれた場合は、1団体あたりへの配当額が3分の1になりますので、ここはやはりシアター生駒一択の方が・・・ってしつこい!)

シアター生駒のより具体的な企画詳細をご覧になりたい方は、こちらの企画書をご覧ください。

シアター生駒は、決して利益を得るために公演をしているわけではなく、それゆえ、チケットの料金は前売1000円と設定させていただいています。
しかし、これではさすがに製作費とトントンにはならず、どうしても、マイサポいこまによるご支援が必要不可欠です。

生駒市民の皆様、どうかシアター生駒に力をお貸しください!!

樋口ケット窓口一覧

 2018-06-11
IMG_6732.jpg
先日お見せしましたチラシの配布が始まりまして、
早速、たくさんの方の目に触れております。

今後、
6月16・17日の第10回奈良演劇祭
6月23・24日の劇団いかるがさん
7月6日・7日の朗読劇団あめんぼ座さん
7月8日のA・SO・BO塾大阪さん

という具合に、
挟み込みを予定しておりますので、
観劇の際には、是非チェックしてくださいね。

さて、チラシ配布に続いては「チケット販売」という段取りになるんですが、
今回の公演においては、いつもと違う事が

チケットの購入は、劇団員から直接買う以外は、電話予約かメール予約しか手が無かったわけですが、
今回は、7月1日から8月8日まで、生駒市内の各施設受付での販売が決まりました!!

上演会場である、南コミュニティセンターせせらぎをはじめ、
たけまるホール
生駒市図書会館
北コミュニティセンターISTAはばたき
鹿ノ台ふれあい会館

以上の5カ所で販売されます。

特にせせらぎは、南生駒駅下車すぐ
たけまるホールは、生駒駅下車すぐですので、
車でない方も、行きやすい場所なのではないかと思います。


さて、今回のチケットは、
既にメニューのところでも使っていますが、こんな感じ。
907987348hhfre.png
樋口一葉ってことで、そこはシンプルに五千円札モチーフです。
本当は、出演者募集の時の写真みたいに、モロお札でいきたくもあったんですが、それは流石にまずかろうと・・・w

(ところで、世間の皆様的に樋口一葉の印象ってどんなもんなんでしょうか??
お恥ずかしながら、私的には、「五千円札の人」ぐらいの認識しかないんですよ。
まぁ、「大つごもり」はシアター生駒でやりましたから、知ってますけど)

IMG_6741.jpg
こちら昨日の稽古風景。
見づらいですが、右側の松原さんがはさみで切っているのがチケットです。
相変わらず、裁断は手作業のシアター生駒。
ダブルキャストなのをいいことに、「待ってる人はチケット切ってね」とお願いしました。
おかげで、7月、各施設で販売する分のチケットは余裕で間に合いそうです。

IMG_6747.jpg
こちらは俗にいう「蛍組」の稽古。
なぜ「花組」と「蛍組」なのかと言えば、この写真の白い方に由来しているのですが、

はてさて、本編に絡む所はいつぐらいから小出しにしていこうかしら・・・???




ならコープの北エリアニュースに載りました!

 2018-06-07
シアター生駒が普段稽古場所として活用している、
ディアーズコープいこまの集会室。

これは、シアター生駒がコープのサークルとして登録しているから使えている訳なんですが、この度、コープさんの発行しているいる情報誌「北エリアニュース」にて、シアター生駒を取り上げていただく機会に恵まれました。

記事はこんな感じ↓

coopnews.png

よくまとまった文章ですね。

さすが、俺。

勿論、「頭痛肩こり樋口一葉」の告知もしております。

使わせていただいた写真は、「スーホの白い馬」の舞台写真と、もう一つ何にしようと思ったんですが、

せっかく、コープの冊子だし、集会室で撮った写真が良いなと思って、コレに。
siata-ikoma1.png
「夏の夜の夢」時のマイサポいこまPR動画の素材の一部からキャプチャーしました。
まぁ、客演の方も多数混じってるんですけど、別にいいかって。

愉快で楽しそうな奴らでしょ???w

求む、新入団員!!
コープの集会室で、僕と握手!!!



今年もマイサポいこま

 2018-05-29
シアター生駒の本公演を運営するにあたり、例年お世話になっている支援制度・マイサポいこま。

maisapoikoma18.png
今年は、「頭痛肩こり樋口一葉」を含め、
年間通しての取り組みとして、申請しています。

6月15日より、選択届出期間が始まりますので、よろしくお願いします。

詳しくはこちらへ!

キャスト2組樋口一葉、確定~~~!!

 2018-05-27
IMG_6574.jpg
どうも、シアター生駒の事務局長、小柳です。

昨日、久々に稽古場行きました。
とはいえ、私のすることは大半が子守りでして、まともに稽古は見れてないですけどね。

IMG_6581.jpg
稽古自体は、すでに週3ペースで始めておりまして、半立ち稽古に突入。
早く台本離さなきゃ、って感じな訳ですが。
IMG_6584.jpg
どうですか??
早くも頭痛が止まらない感じですか??出演者の方々


さて、私はここ数日、チラシの作成を続けていたわけですな。
稽古行ってないのに、見どころまとめて書けってのも、酷な話ですよ。

とはいえ、8月に向けてのんびりもしてられないので、とりあえずコレが決定稿です。

(表面)
higuti2.png

(裏面)
higuti3.png

裏面はシアターには珍しく、出演者の顔写真入り。
実は、大まかな部分は大体仕上がっていたのですけど、キャスティングが24日まで確定しなかったんですよ。
それを受けての、裏面完成なんですが、実は、このキャスティング編成、私が仮デザインで組んでたのとあまり大差がないw
なんか、影響与えちゃったのかなぁという気もしますが・・・
「花組」「蛍組」なんて設定したのも、こっちで勝手にやっちゃったんですけど、そのまま通っちゃってw

まぁ、その辺の詳しい意図は、また演出に後日聞きましょうか。


このチラシデザイン、表面の方もどうしようかって、製作の中でも迷ってまして、
思い切って、検討中の2パターンを「どっちがいい?」って、facebookやtwitterにも載せてみたりしたんですが、
そこそこ反響があって、嬉しい限りです。
こんなんだったら、製作工程垂れ流しも悪くないかなとw


先ほど、印刷会社さんに入稿は済ませましたが、うまいこと仕上がるといいなぁ・・・

今回の芝居、シアター生駒初参加の方が5人もいらっしゃるんで、その方のご紹介もしていかないといけないんですが、来月2日に飲み会があるので、そこで仲良くなってからにしようかなとw


チラシでも演出の強い希望でうたってますが、
今回は「抱腹絶倒の喜劇」!!!

面白おかしく紹介していこうと思っております。

20周年記念公演「頭痛肩こり樋口一葉」

 2018-05-02
「演劇を、暮らしの中に」
シアター生駒 遂に20周年
2組の女優陣が描くは【井上ひさし】による【樋口一葉】像

higuti2.png

作:井上ひさし
演出:熊本 一


明治23年。
父を失い没落の一途をたどる樋口家。
外面が良く、他人には気前のいい母・多喜。
19歳で相続戸主となってしまった夏子(のちの一葉)。
器量よしでお針仕事も上手な妹・邦子。
 
夏子は、和歌の才能を認められ「萩の舎」の内弟子に。
お金が稼げる小説家を夢見ているが、
多喜には理解してもらえず、
樋口家の存続を背負った夏子は、肩こり、頭痛の毎日。
 
そんな樋口家を、毎年盆の16日に訪れる女達
 
元旗本のお姫様、今は落ちぶれ士族の奥方 稲葉 鑛。
夏子の父の同僚の娘で、私立小学校の教師 中野八重。
そして・・・、幽霊・・・??

世の中まるごと巻き込んで、あの世まで
物語はどこへ向かうのか・・・?
 
頭痛も肩こりも吹き飛ぶ
抱腹絶倒の名作喜劇!


●日時(開場は開演の30分前です)
2018年
8月11日(土)
①11時00分~ ②15時00分~
8月12日(日)
③11時00分~ ④15時00分~

【全4ステージ】

●会場
南コミュニティセンターせせらぎ せせらぎホール

(近鉄生駒線 南生駒駅下車 徒歩約5分)
※駐車台数に限りがあります。公共交通機関をご利用ください。

●前売券
1,000円

7月1日~8月8日17時、
以下の施設で販売します。
   南コミュニティセンターせせらぎ
   たけまるホール
   生駒市図書会館
   北コミュニティセンターISTAはばたき
   鹿ノ台ふれあい会館
(※当日券は1,500円)


<キャスト>

樋口多喜(たき)・・・松原政代/ 高升君枝

樋口夏子(一葉)・・・竹尾万菜/中西康子

樋口邦子・・・えりん/知花杏樹(劇団キラキラ座)

稲葉 鑛(こう)・・・松田みどり/木村恭子

中野八重・・・江藤豊子(演劇集団デッセ・テンマ)/天野真由美

花蛍・・・岡 昌美/水谷マリ(劇団大阪シニア演劇大学)

higuti3.png

ジ・アーリー・デイズ・オブ・シアター生駒

 2018-04-09
2545769705.png
先日の記事をご覧になった、劇団OGの方が、
過去公演の写真をたくさん持ってきてくださいました。

公演記録のページから、各公演の詳細に飛べるようになっているわけですが、
私が直接タッチしていない初期作品に関しては、ほとんど手が入れられない状態でした。

おかげさまで、一部ではありますが、写真の掲載ができるようになりましたので、
ご覧いただければと思います。


#1「彦市ばなし」
#2「頭痛肩こり樋口一葉」
#3「ブンナよ木からおりてこい」
#4「頭痛肩こり樋口一葉」
研究発表会「楽しき旅路」


この頃は、まだ本番中の写真を抑える体制が整っていなかったようで、
(まぁ、現在も、協力者の杉山さんのご厚意に甘えているだけですが)
残っているのは、ゲネであったり、楽屋でのオフショット的なものが多いようですね。

しかし・・・

8年目から参加の私、この頃の写真を見ても、ピンとこないものが正直多いです。

「え?誰???」

みたいな。

「うわ~、若いな~」と思ったり、「あんまり変わってないか」とかも確かにありますが、
この20年で、本当にたくさんの人が携わってきたんですね・・・

IMG_5942.jpg
さて、20年目のシアター生駒
今回取り組みますのは、#2と#4同様、「頭痛肩こり樋口一葉」です。

最初の本読みの段階から、深い作品の読み込み
そして、熱い樋口一葉論、井上ひさし論が展開されます。

1日に行いましたオーディションには7名の方が応募下さり、
節目の今また、新たな仲間を迎えることができそうです。

女性のみ完全ダブルキャスト12人
配役決定は間もなくです。

決まり次第、公演詳細もお送りしますので、しばらくお待ちください。

シアター生駒 稽古スケジュール

 2018-04-02
シアター生駒第30回本公演「頭痛肩こり樋口一葉」  稽古スケジュール
(2018年4月2日更新)

※追加・変更がある場合は、随時更新いたします。
※稽古見学希望の方は、稽古場所をご案内しますので、劇団までお問い合わせ下さい。

2018年 4月の稽古予定
※いずれも13時~18時頃
7日(土)
14日(土)
28日(土)
30日(月・祝)

2018年 5月の稽古予定
※いずれも13時~18時頃
5日(土)
6日(日)
9日(水)
12日(土)
13日(日)
16日(水)
19日(土)
20日(日)
23日(水)
26日(土)
27日(日)
30日(水)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

シアター生駒

Author:シアター生駒
笑いと涙、そしてペーソス・・・だから演劇はおもしろい! 奈良は生駒を舞台に活躍する、生駒市民劇団「シアター生駒」です!!

最新記事
最新コメント
カウンター

カテゴリ
最新トラックバック